ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


株式主要指標(日経平均)0908.JPG
(↑日中足: マネックス チャートより拝借)

債券ファンド運用最大手の米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の
投資責任者のビル・グロス氏は住宅価格の下落に伴い、金融機関の評価損が
1兆ドルに達し、銀行融資が抑制され資産売却が相次ぐという見解を発表。

ブルームバーグの集計では、これまでのところ世界の金融機関が発表している
米サブプライム住宅ローン市場の崩壊に絡んだ損失や評価損は4679億ドルなので
まだ問題解決までは遠いという見方も警戒され
東京株式市場では、銀行株も安く、不動産関連株も売られた。

また、後場中頃に・・・
シンガポールの政府系投資会社のテマセクHDが
米メリルリンチの株式を売却した
との「出所不明の噂」が流れると下げ幅を拡大。

これがドル売りに繋がり、株先売りを容易にしたようだ。
一方、ロイターは、テマセクはこの噂を否定したと伝えている。

「テマセク」「デタラメ」「デマカセ」。語感が似てる気が・・・
三つ並ぶと、どれがどれだけ分かりませんな。相場と関係ないか。申し訳ない○| ̄|_

これらにより、25日の米株式相場が続落するのでは!?
との警戒感が高まり、日経平均は大幅下落。

ゴキブリ並に湧いてくる売りネタ
ガセか?とは思いつつも反応してしまう地合いにより、大幅下落ではあったが・・・

前後場合計の日経225先物売買高は8万8760枚と低調。
仕掛けの色が濃かったと見てもいいかもしれない。

そして、出どころ不明のネタに反応してしまう辺り・・・
疑心暗鬼、微妙な地合いと見た方がよさそう。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00907.JPG

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
週間株式・商品指標
日本では、「SEC空売り規制の拡大方針」報道にやれ「中期的には流動性云々」といった論評が盛んなようですが、米国では「全て飲み込んだ上での決定」がコンセンサス。19銘柄の空売り規制が決定された時からこの議論は「既に終わっている」と考えるべき。

                 週末@   前週比騰落率  乖離25
日経225          13334    +4.14%   +0.17%
マザーズ          518.17   +4.08    ▼2.92

SP500          1257.76   ▼0.23    ▼0.89
FT100           5352.6   ▼0.44    ▼1.47
DAX            6436.71   +0.84    +1.07
ハンセン           22740    +3.96    +2.90
上海総合         2865.10   +3.12    +2.41
SENSEX         14274     +4.69    +4.05
オール・オーディナリー  5031     +2.36    

WTI原油          122.37    ▼5.84    ▼10.09
COMEX金        926.8     ▼3.25    ▼0.88
CRB商品指数      412.22    ▼3.49    ▼7.99

米10年債利回り     4.11

1.国内では6月消費者h物価上昇率が長期金利を上回る。これぞ負のインフレ。
2.欧州、ユーロ及び英国の経済指標の悪化が鮮明に。
3.NZでは公定歩合、金利下げ。
2008/07/26(土) 22:01:06 | URL | プー #-[ 編集]
商品先物ポジション
7月15日時点の投機筋のポジションです。7/1から時系列で並べておきます。

WTI原油                       
      買(売)越し枚数 前週比増減 週末価格騰落率
7-01  21968      -2249    +3.5%
7-08   7066     -14902    -0.7%
7-15  22382     +15316   -11.0%

1.投機筋は3週間ぶりに買越しに転換しています。一方実需筋は16612枚の売越しです。
2.投機筋は洞爺湖サミットの前後でポジション調整をしたようです。

COMEX金
      買(売)越し枚数 前週比増減 週末価格騰落率
7-01 187679      +34141   +0.3%
7-08 189602       +1923   +3.0%
7-15 202783      +13181   -0.7%

1.投機筋は4週間連続の買越しです。
2.このデータからは、投機筋のポジションは原油→金へのシフトが進んでいるようにも見えます。

CBOTコーン
      買(売)越し枚数 前週比増減 週末価格騰落率
7-01 328947      -10782   -1.4%
7-08 312046      -16901   -8.4%
7-15 279236      -32810  -10.5%

1.ポジションの縮小傾向と価格下落が連動しているようです。
2008/07/27(日) 10:13:56 | URL | プー #-[ 編集]
米国住宅関連指標
先週発表されたデータを送ります。

#5月OFHEO住宅価格指数

      2007   2008  前年比下落率
1月   223.0  217.1   2.64%
2月   223.7  217.9   2.59
3月   224.6  216.7   3.51
4月   225.3  214.9   4.61
5月   225.0  214.2   4.80

7/22付OFHEOニュースレターからの抜粋です:
1.HPI(Home Price Index)は前月比0.3%、前年比4.8%の下落。
HPIのピークの07年4月からは4.9%の下落。
2.5月統計では調査9地域のうち、太平洋地域、東部地域、西北中央地域の3地域の数字は良い兆しの可能性もある。
3.次回6月分の発表は8月26日。

#6月NAR中古住宅販売

           販売件数(1000)               販売価格($1000)       
     2007   2008   前年比下落率   2007   2008   前年比下落率
1月         4890                      199.7            
2月         5030                      195.6
3月         4940                      200.1
4月         4890                      201.2
5月  5930   4990    15.85%     227.7  207.9   8.69%
6月  5750   4860    15.47%     229.0  215.1   6.06%

(私見) 上記の販売件数×販売価格=販売金額は、前月比で上昇しています、悪くない。

7/24付NARニュースレターからの抜粋です:
1.販売件数は前月比2.6%、前年比15.5%の下落。
2.在庫月数は前月比0.2%上昇し、11.1ヶ月の在庫レベルに。
3.販売価格は前年比で6.1%の下落。
4.未発行の非定点調査データであるが、、ベイカーフィールド(カリフォルニア)、フォート・マイヤース(フロリダ)、ラスベガスでは一年前と比べ、販売数上昇が顕著、また、オーランド(フロリダ)、フェニックス、オークランド(いずれもカリフォルニア)では販売が動意付いてきた。
5.7月データの発表は8月25日、Pending Home Sales Index(成約指数・・・販売の先行指標)は8/7。

#6月商務省新築住宅販売

7/25付ニュースレターからの抜粋です:
1.6月の新築住宅販売件数は530K、前月比で0.6%、前年比で33.2%の減少。
2.6月末の在庫月数は10ヶ月相当。
3.7月の建築データ(着工、完成等)は8月19日、販売データは8月26日発表。

#その他のデータ
1.6月のフォークロージャー(抵当住宅差し押さえ)は前年比で+53%、前月比では-3%。
(データソース 米リアルティトラック)
2.5月24日で終わる週の住宅ローン申請件数は前週比で-4.6%。
(データソース MBA)

(最後に私見)
1.最大の問題点は中古、新築ともに高在庫レベル、中古はフォークロージャーが減少するかがポイントだろう。
2.悪い、悪い、と言われている割には、元データを読むと、良いシグナルも少しだが散見されるように
なっている。


2008/07/27(日) 13:25:10 | URL | プー #-[ 編集]
感謝感謝!
プー 様♪

たくさんのお役立ちデータ、ありがとうございます!

目先は需給とセンチメントで振らされそうですが、やはり今後の方向性という意味で、経済指標はしっかりと頭に置いて取り組みたいですね。

>日本では、「SEC空売り規制の拡大方針」報道にやれ「中期的には流動性云々」といった論評が盛んなようですが、米国では「全て飲み込んだ上での決定」がコンセンサス

確かにw
でも、米国でも全て飲み込んではみたものの、消化不良って面もありそうです(^^ゞ

それにしても、空売り規制・・・
「naked short selling」自体がそもそも、限りなく違法に近いと思うのですが、それを規制しただけで、ファニーメイとフレディマックの空売りは90%減少、その他の17銘柄の金融株の空売りも70%減少とは・・・
如何に、ファンダの裏付けない投機マネーが価格を支配していたかという数字ですな;;

空売り規制に振り回されるのも馬鹿らしいですが、影響がある以上、延長措置の上限、8月末まで気にせざるを得ないかなとも思えます><
2008/07/27(日) 18:03:19 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2145-683b21cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2