ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


小生FXメイン証券【マネーパートナーズ】!安心の信託保全!
ツールの【ハイパースピード】は、株・先物の情報取り用としても秀逸です!


株式主要指標(日経平均)01002.JPG
(↑日中足: マネックス チャートより拝借)

底堅いようにも見える・・・
上値切り下げの典型的な下降トレンドにも見える・・・

しかし、商いは記録的な低水準。
判断を避けるという選択肢もある。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01003.JPG

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在8位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
長期的な値動き予想
・あくまでテクニカルで!
・世界的なファンダの停滞で、今後1年半年から2年ぐらいペナント相場が続くかも知れない。上げ幅1,000円から1,500程度で10サイクルぐらいで。突発的な下げはあっても、急回復は無いのでは。
・徐々に下値を切り下げ、ボラ・出来高も低下してくる。そのサイクルが終了した時が本来の底。
・世界的には金余りでも、運用難は如何しようもなくなる。CTAなどのファンドも収縮して、サイクルでの運用が基本になる。
・例・・2000年3月~2001年9月まで下落期間(値幅11,500円)、2001年9月~2003年4月まで徐々下げペナントサイクル期、2003年4月~2005年5月まで徐々上げペナントサイクル期。以降ファンダ回復上昇期間2007年6月まで。左記の上昇・下降ファンダがどうだったのかは知らないが。
・最近の出来高減少を見ると、歴史は繰り返すかも。まだ数日だが!そうなってもおかしくない。
・デイは難しくなり、サイクルでの運用を迫られる!チャート理論やサイクル理論が一層必要になるかもしれない。

あくまでつのちゃんの独り言です。書いてみると「かも・かも」だらけです。

2008/08/26(火) 23:15:02 | URL | つのちゃん #-[ 編集]
私も、「かもかも」、「タラレバ」ばかりですが・・・
つのちゃん 様♪

サイクル論、時間論、オカルト、その他もろもろ、感も含めて・・・

今後1年半程度は「停滞」がキーワードかと。
つのちゃんさんと同感です。

サイクル論とオカルトごちゃ混ぜになりますが、一応念のため、(一年前から度々書いていますが...)、ゼロ・イヤー暴落アノマリーも頭の片隅に置いていたりします(>_<)
2008/08/26(火) 23:21:43 | URL | to つのちゃん 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
かもかも・サイクル論Part2・・・先行指標の潮目の変化
興味深い投稿と返稿でした。

<今後1年半から2年は停滞がキーワード、ペナント相場継続>
<デイは難しくなり、サイクル運用へ>

・・・かも、・・・かも第二弾です。

株価(とういうより正確には国際金融商品)の先行指標と潮目のトリガーに注目しています。
今回は肝の指標とトリガーは次の2点に絞られる、かもしれません:

 A.住宅関連指標
 B.政策金利

A.は金融(不安、破綻)問題の引き金かつ元凶ですから、先行指標として極め付き、かもしれない。
B.は投資・投機の増幅・収縮をもたらした陰の犯人であり、潮目を計るにはこれしかない、
かもしれない。

この2つ熱弁を奮うと長くなり、嫌われますので、手短かに:
1.(米)住宅市況は1Qで底を打った、というのが小生の持論で、これまでの投稿で検証済かつ
検証継続中です。
2.この持論が正しいかどうかの検証のバックアップは「雇用」と考えています。雇用底打ちが
明確になれば、My持論OKサインです。

3.ここ1年の各国政策金利は、経済セオリーをやや歪めて決定されてきました。
世の中が贅沢になりすぎて、好況→不況→好況のサイクルを拒否したためです。
4.しかしながら、今、潮目は変わろうとしている、かもしれません。
「金利上げ」から「金利下げ」への期待と実行可能性が出てきました。
ユーロはすでにリーチ、中国はイーシャンテン、米国は利下げまたは追加減税が視野に入って
きました。
5.そして日本、やるかもしれませんよ、0.1%程度は。

相場に関しては、小生は発射準備完了です:
1.先物は日計り→ポジション・テークへ
2.個別株はマザーズ形銘柄で
3.ヘッジ(というか待機場所というか)は海外債券で

・・・かも が 確信に変わる のはいつに

2008/08/27(水) 07:17:38 | URL | プー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2231-9f232051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2