ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


小生FXメイン証券【マネーパートナーズ】!安心の信託保全!手数料無料!
ツールの【ハイパースピード】は、株・先物の情報取り用としても秀逸です!


国内の経済統計は、景気後退局面にあった2001年当時まで悪化するのも散見される。

そして海外市場でも景気減速懸念が強まっており、特に欧州圏の失速が目に付く。

欧州委員会は10日、2008年のユーロ圏(15ヵ国)の
GDP成長率予測を従来の1.7%→1.3%に下方修正。

ユーロ圏は、4-6月期が-0.2%成長となり
ユーロ導入後初のマイナス成長に陥り
7-9月期もゼロ成長となる見通し。

景気後退入りの瀬戸際に立たされている。

これを受け、ユーロは対ドルで1.40ドルを割り込み、約1年ぶりの安値を更新。
対円でも150円を割り込み、約2年ぶりの安値を付けた。

今後ユーロ安が続けば、「原油価格・商品市況の更なる下落→
ヘッジファンドの経営破綻等を誘発→株式市場に換金売り」

という負のスパイラルを招く可能性も否定できず、警戒したい。

 

15(月)

【国内】
敬老の日

【海外】
9月NY州製造業業況指数:予想は3.50。
8月の本指数は、その後の注目された地区の景況感指数の方向とはよく一致したが
ISM製造業とのフィットは良かったとはいえない。追い風としてのこれまでの
ドルの下落の持続的恩恵が勝るのか、地区連銀経済報告で一部懸念が表明されていた
足元のドル高、グローバル景気の減速が徐々に響いて来るのかが1つの大きな注目点。
前回8月分は2.77(予想-4.4、7月-4.92)。

8月鉱工業生産・設備稼働率
予想は、鉱工業生産が前月比-0.2%、設備稼働率が79.7%。

8月雇用統計の内訳の総労働時間は、自動車の減産が寄与し製造業が1%近い低下
鉱業が+3%の大幅増、公益が横ばいとなっている。8月のその後が雇用統計程度ならば
鉱工業生産のコンセンサス予想には下振れリスクがある。
前回7月分は、鉱工業生産が前月比+0.2%(予想+0.0%、6月+0.4%)
設備稼働率:79.9%(予想79.8%、6月79.8%)。


16(火)

【国内】
8月消費動向調査(14:00)
8月首都圏新規マンション発売(13:00)
日銀金融政策決定会合(~17日)
8月工作機械受注・確報値
《決算発表》
ナイガイ、スバル興業、正栄食品工業

【海外】
第63回国連総会開会(ニューヨーク)

米8月消費者物価
(21:30/前月比0.0%、前年比+5.6%、コア+2.6%)

8月ガソリン価格は前月比-7%弱の急低下で、これは季節調整の想定する以上の下落。
また、輸出物価指数のうち農業価格(食料品)は-10%弱の急低下。これらからは
全体指数はコンセンサスに下振れリスクがありそう。コアはコンセンサス程度か。
但し、バイアスは12日公表のPPIで変わってしまうリスクがある。
前回7月分は、前年比+5.6%(予想+5.1%、6月+5.0%)
米・7月コア前年比+2.5%(予想+2.4%、6月+2.4%)。17年半ぶりの大幅な伸び。

米FOMC(17日3:15/金利目標2.0%)

米9月住宅市場指数(17日2:00/16)
《決算発表》
アドビ・システムズ、クローガー、ベストバイ


17(水)

【国内】
日銀白川総裁定例記者会見(15:30)
《株主総会》
和井田、キングジム
《決算発表》
トーホー

【海外】
米8月住宅着工(21:30/95.0万)
米8月着工許可(21:30/92.5万)

8月は特殊要因やその剥落から免れた素の姿が分かるので注目される。
NAHB(全米住宅建設業協会)の記録的低水準、水準としては依然高水準の
新築住宅在庫があり、またモーゲージ金利の上昇からは下振れがあり得る。
但し、GSE救済によるモーゲージ金利の低下が今後需要を押し上げる可能性から
市場には景気ポジティブなバイアスがありそう。
前回7月分は、住宅着工件数が96.5万戸(予想96万戸、6月108.4万戸)
住宅着工許可件数が93.7万戸(予想97万戸、6月113.8万戸)。過去17年で最低。

《決算発表》
ゼネラルミルズ、モルガン・スタンレー


18(木)

【国内】
9月日銀金融経済月報(14:00)
8月日本製半導体製造装置BBレシオ(夕方)
7月第3次産業活動指数(8:50)
《新規上場》
FXプライム
《イベント》
アミューズメントマシンショー(幕張メッセ~20日)
《株主総会》
構造計画、CIJ

【海外】
米9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(23:00/-10.0)
歴史もありこれまで先行的に景気減速を告げてきたので注目されてきた。
8月製造業は全国レベルでは弱い傾向が支配的で、それが9月に持ち越されたか注目。
先月一致したNY連銀指数の方向性で、市場の本指数織り込みも変わりうる事に留意。
前回8月分は-12.7(予想-14.0、7月-16.3)。

米8月景気先行指数(23:00/-0.2%)
北米8月半導体製造装置BBレシオ(19日朝)
《決算発表》
オラクル、コナグラ・フーズ、フェデックス
カーニバル・コープ、ゴールドマン・サックス


19(金)

【国内】
7月景気動向指数・確報値(14:00)
《新規上場》
データホライゾン
《株主総会》
ブロバンタワ、Fエスコ
《決算発表》
クロスプラス、稲葉製作所、石井表記、丸善、東京ドーム、HIS

【海外】
-
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります 。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在8位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2284-bd435407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2