ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!


6日の米国株式市場

NYダウ: 9955.50 ▼369.88
NASDAQ: 1862.96 ▼84.43
為替 NY終値: 101.78-101.84

特段のニュースもない中、売りが売りを呼ぶ展開。
ダウを構成する30銘柄が全て下落するという、全面安。

金融不安・信用収縮からくる世界的に深刻な景気悪化懸念を背景に、寄付きから急落。
ダウは一時史上最大の下落幅となる800ドル安となる場面があった。
しかし、引けにかけて急速に回復、下落幅の半分を取り戻した。
だが、ダウは2004年10月以来約4年ぶりの終値1万ドル割れ・・・

大きな値動きとなった割りに、出来高は過去の大幅下落時に比べるとさほど多くなく
セリング・クライマックスとなった印象はない。

暴落なのだが、まだ妙に期待が残るような足を引き、生殺しの様相(/_;)
10日にワシントンで開催されるG-7での協調利下げ
流動性供給、ドル買い介入などへの期待があるようだ。

今週9日に、金融株の空売り禁止規制が撤廃される予定であり
そこで市場の実勢を見極めたいとの空気が強い状況でもある。

なお、引け後にバンク・オブ・アメリカが第3四半期の利益が市場予想を
大幅に下回る減益となり、50%の減配と約100億ドル増資を発表。
同社は時間外取引で大きく値を下げている。

セクター別では、全面安。特にヘルスケア、ハイテク、各種金融の下落が目立った。
アナリストにより収益見通しを引き下げられた非鉄大手アルコアが下落。

 

日本株式市場

日経平均は昨日まで7日連続陰線。

9月22日の戻り高値からの下落局面で三空を形成し
本日窓を開けたことで四空となった。

6日時点の25日移動平均線からのマイナス乖離は12.5%。
200日移動平均線からは同21.6%に拡大している。
ボリンジャーバンドの幅は2000円台まで拡大。
バンドの水準も下限近辺に達している。

普通であれば、止まるところだが止まらない(^^ゞ
普通でないのだから、しょうがないといったところか。

一層下落する。センチメントがそうなっている。
しかし、人間は不安心理をそう長く続けることはできない。

信用収縮が経済を急速に悪化させている実態が明らかになってきており
景気の回復には最低でも1年~2年以上かかると思われ
どこを見ても、どう考えても、とても明るい材料は無いのだが・・・

金融株の空売り全面禁止規制が実施されている中では実像が見えにくいが
この規制が解除された段階で、その影響の程度が明らかになっていくと思われる。

淡い期待としては、米国の大手金融機関の再編劇が取り敢えず一段落したぐらいか。

09:21
豊田通商、寄成(1018)にて買い。

09:26
商船三井、寄成(691)にて買い。
09:26
日経225先物mini、¥10000にて買い。日計り予定。
売買代金がスゴイことに・・・セリクラ?


寄り付き前の大口注文:
売りが1億4120万株、買いが4060万株、差し引き1億60万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り4480万株、買い2650万株、差し引き1830万株の大幅売り越し。
金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:56

先物爆走、現物(売買代金)失速。一瞬、おっ!と思うところあったんだがな;;
そう簡単にゃセリクラにはならんか。期待せず見ていきたい。

10:13
この10100↑の水準を14時まで維持できるようであれば
需給的にどうなのか、計れる場面もあると思うのだが・・・ドウナルコトヤラですな。

10:21
せめて短期金融市場だけでも落ち着いてくれれば
株式市場も為替市場も短中期的には落ち着くんだろうけど・・・
日一日と増しマシにはなってきているようだが、まだ大混乱状態ですな(=_=)

10:36
日米とも「一旦」売り達成感、「とりあえず」ショートカバーってところか。
買い材料が皆無に近いことから、売り直してくることも考えておきたい。

10:48
寄り付きからの30分は悲鳴らしきものも聞こえたが・・・まだまだか。

下げて悲鳴なし・上げて喜び無しの相場展開。
無気力・無感情で取り組みたいところだが、それってかなり難しい^^;

11:02
ざっくりみれば、10時43分に10300円処のレジスタンスを確認して前引けした格好。
さて、後場は・・・(10300計算値は、こちら。)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01119.JPG

  
人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在8位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
10000円割れも
ついに10000円割れましたな。しかしもっと驚くのが出来高。セリングクライマックスぽい雰囲気ですな。
どこで買おうか、何を買おうか、いつもならこんなことを考えているところですが、今回ばかりは反発も何日持つことやらと少々疑心暗鬼。とりあえず1,2泊を目処に買ってみますか。
2008/10/07(火) 09:58:34 | URL | 仮面トレーダー #z8Ev11P6[ 編集]
>売り直してくることも考えておきたい
唯一無防備な日本市場ですから、怖い選択肢ですね。
2008/10/07(火) 10:39:50 | URL | プー #mhxbvEiY[ 編集]
セリクラかどうか見極めの1日
時系列レポートを見ておりますと、今日はHeywardさんの「買い」が冴える1日となりそうですね!!

世界の金融情勢はまだ悪化の一途ですが、こんな中で正真正銘のセリクラを迎えることが出来るのかは?ですが。

今日、長陽線が出て出来高も30億株をはるかに超えたらセリクラかなぁと思うことにします。

セリクラならば、個別株中心に買いを入れたいと思います。

セリクラと思えなければ、ショート出動の構えです。
その場合、目指すはとりあえずは9000円あたりです。

さあ、「長」陽線になるか、今日1日じっくりと観察したいと思います。
2008/10/07(火) 10:55:48 | URL | 先物初心者 #4B4a9q5A[ 編集]
9時半頃までは、いい勢いだったんですけどね;;
仮面トレーダー 様♪

セリクラ「っぽい」まま、失速しましたね(/_;)
実需は売りがれているのかとも思えてきましたが、この強烈な下へのトレンドですし、油断せず見ていきます。

それにしても、前引け時点で日経225先物13.3万枚とは・・・激し過ぎ。
2008/10/07(火) 12:07:04 | URL | to 仮面トレーダー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
無防備
プー 様♪

ノーガードは、あしたのジョーだけにして欲しいですな。
市場が、真っ白な灰になっちゃいそうで怖い><
2008/10/07(火) 12:08:32 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
先物初心者 様♪

健闘を祈ります
2008/10/07(火) 12:09:39 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
米雇用関連データ
今さら、とは思いますが、先週で9月の雇用関連データが揃いましたので、まとめ:

#新規失業保険申請件数
1.9月の(月間換算)申請件数は2057Kで前月の1923Kから増加しています。
2.この9月の2057Kは2001年不況期に並びました。
3.また直近~9/27週の申請数497Kは2001年不況期の517K(01年9月第四週)
に次ぐものです。

#雇用統計
1.失業率こそ6.1%の横ばいでしたが、内容はひどい統計になっています。
2.週給が初めて減少しています。また、週労働時間の短縮の兆しが見られ、
残業時間は明確に減少トレンド入りしています。
3.その結果、雇用者に支払われる週給総額が減少に転じています=労働人口を
一つの財布を例えると、財布に入ってくるお金が減ってしまったことになります。
4.まともに考えると、9月を境に個人消費は減少に向かう、ことになります。

#ISMレポート雇用指数(+雇用統計)
1.ISMレポートの雇用指数は製造業、非製造業ともに低下しました。
対前月比では製造業が激減(49.7→41.8)、非製造業も5ヶ月連続の50割れ
(45.4→44.2)となっています。
2.雇用統計とISMレポートの(製造業vs非製造業)を細かく見ると、これまで
雇用減少を下支えしてきた非製造業までもが悪化を加速させているように思われます。

#ADPレポート
1.ADPレポートのみは何故か8月に比べ好転しています。
2.上述の非製造業の雇用増の勢いも維持されています。

以上をまとめると:
1.景気後退期入り(=GDPマイナス成長)が数字として初めて見えてきた。
2.(本稿とは無関係だが)個人消費に加え、輸出・設備投資も期待はできない。

・・・株式市場的に眺めると、(おそらく悪い)7-9月期GDPが発表された時、
市場はどう反応するだろうか?・・・

・・・ここまでは、市場は金融問題にかかりきりとも思われ、実体経済指標の吟味が
十分とはいえない可能性もある・・・

 株価が下がる、と言っているのではありません。
 チェックポイントの一つとしてGDP発表を見る必要があるのではないか?

長くなりますので、データは夜にでも送ります。不要であればどうぞご遠慮なくNoを。

2008/10/07(火) 12:24:09 | URL | プー #mhxbvEiY[ 編集]
重要です!綺麗にまとめて頂きありがとうございます!
プー 様♪

今回の雇用統計・・・
リーマンの件、入ってないんですよね;;
そして仰る通り、個人消費は、新学期需要もはげ落ち、減少に向かいそうですね。

この環境、相次ぐ破たん、指標の悪化・・・
でもリセッション入りを唱える関係者は未だ2/3って、いったい^^;

パニック起こしても、根っこはやはりポジティブヤンキーなのですかね♪
2008/10/07(火) 13:15:44 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2342-8320d4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2