ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


3日の米国株式市場

NYダウ: 9319.83 ▼5.18
NASDAQ: 1726.33 △5.38
為替 NY終値: 99.07-99.13

4日の米大統領選挙を前に様子見ムードが強く、方向感に欠ける展開。

10月ISM製造業景況指数が38.9と市場予想を下回り、26年ぶりの低水準に落ち込んだが
直近の短期金融市場の落ち着きなどを好感する動きから、金融株中心に買い優勢。
各国の金融安定化策により株式相場が安定するとの期待などから堅調な引けザマ。

景気の悪化はある程度相場に織り込まれているようで
経済指標の相次ぐ悪化にも下値を売り叩くような展開とはならず
とはいえ、米大統領選の投票など重要日程を控え、買い進む動きにもならず。

終始、方向感に乏しく、結局、NYダウは
9200-9310のレジスタンスに連日頭を押さえられた格好。

個別は、昨日ベライゾン・コミュニケーションズやAT&Tがアナリストの好意的な評価を
受けて買われ、投資判断や目標株価を引き上げからウォルマートストアーズが小幅高。
ボーイングはアナリストが売り推奨リストに加えたと伝わったものの上昇。
一方、10月の自動車販売が大きく落ち込んだことでGMやフォード・モーターズが下落。

 

日本株式市場

先週末の引け際の急落のように、未だ瞬間的な荒い値動きは見られるが・・・
DMIでは、ADX(トレンド性)、ATR(ボラティリティ)共に低下傾向。
ボリンジャーバンドの幅も縮小傾向で、相場はレンジを形成しやすい状況。

米GMの問題やヘッジファンドの換金売りの流れは依然として不安要因だが
年金資金等の買い需要の発生により、需給の劇的改善は好感してみたい。

100年に一度と言われる相場展開のなか、通常の見方をするのもどうかともうが
100年に一度と言われる相場展開のなか、異常な見方をするのもこれまたどうか。

ということで、機能していると思われるサポート、レジスタンスを見てみると
(少々イレギュラーではあるが・・・)
今年6月以降の調整局面では、5週線(8825円処)が強力な上値抵抗線になっている。
あまり意識されていない様だが、一先ずこれも日々の終値では意識してみたい。

目先は、直近レンジを確認に行く展開を想定し
先ずは、10月30日高値9130を意識か。

先週末から再度基準線(9560処)が下落しており
25日移動平均線(9300処)は綺麗な右肩下がり。
一方、5日移動平均線(8500円処)は急角度で上昇中。

10月21日戻り高値(9380円)も、この上値抵抗線処にあり
目先は、この8500-9300(9500)でレンジ形成しそうな雰囲気。

 
寄り付き前の大口成り行き注文:

買いが1億1670万株、売りが4390万株、差し引き7280万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3900万株、買い2890万株、差し引き1010万株の大幅売り越し。
金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:56

良くも悪くも一巡感。
ここからは為替睨みながら、NYのように方向感のない展開か。

10:25
買い手不在は相変わらずの雰囲気も・・・
これまでの下への警戒感のみの相場展開とは、ちょっと違った雰囲気も。
とはいえ、今週は大統領選もあり、雇用統計もあり、積極的な動きなさそうだけど。

10:44
バリュー上限(8950)を挟んだ保ち合い。
停滞を嫌気する必要はなさそうだが、上値追いの雰囲気もない。
上がらば売り、下がらば買いの逆張り日計りでよさそうだが・・・

10:45
日経225先物mini、¥8905にてロング。

11:02
株式・為替とも、方向感なし。一巡感。やや達成感。んな感じですな。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01196.JPG

 
人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在8位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
先週の経済指標 欧州他
10/27-10/31発表分です。

                  結果    予想    前回
ドイツ
10月Ifo景況感指数     90.2   91.0   92.9
10月消費者物価指数    2.4%   2.4    2.9  前年比
     同上         ▼0.2%  ▼0.2  ▼0.1 前月比
 9月失業率          7.5%   7.6    7.6
 9月小売売上高      ▼2.3%  ▼1.0   3.1  前月比

ユーロ
10月消費者信頼感     ▼24    ▼20   ▼19
10月消費者物価指数    3.2%   3.2%   3.2%
 9月失業率          7.5%   7.5    7.5

英国
10月ネーションワイド住宅価格 ▼1.4%  ▼1.5% ▼1.7%
10月GFK消費者信頼感  ▼36     ▼36   ▼32

ニュージーランド
10月企業信頼感      ▼42.3   ---  1.6

シンガポール
3Q失業率            2.2%   2.6   2.3

カナダ
8月GDP            ▼0.3%  ▼0.4  0.7
   
2008/11/04(火) 10:55:12 | URL | プー #mhxbvEiY[ 編集]
経済指標を見ると・・・
プー 様♪

いつも必要データのまとめと詳細ありがとうございます!

それにしても、経済指標見ると、(ほぼ想定通り、止まっているようには見えるとはいえ)絶対値は見事にボロボロですな。
そしてチャートもつい先日まではボロボロ。

相対的ボロボロ合戦って様相ですな^^;
目先チャートの修正までって感じでしょうか。
2008/11/04(火) 15:36:26 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2417-5927e921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2