ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


大方がダマシだと思った、13日のNYの爆上げ。
大方が下げると思った、14日のNYの下げ。
大方が空振りだと思ったG20、結果は案の定の具体策なし。
期待されてなかったG20が終わり買い戻しも、大方の予想通りの上値の重さ。

コテコテの展開だ(-_-メ)

無理に逆らう必要性を感じない展開と言ってもよさそう。

先週末から、期待感がなさ過ぎることが買い材料といった、なんとも微妙な展開だ。
逆説的には、期待感が出るまでは、買いもありとも思えるが・・・
それじゃ目先、打診は入れても、買い上がれるはずはありませんな(-_-;)


本日は、妙に日経平均は底堅く、小幅高で終わったが
問題というか、気になるのは新鮮味に欠ける古の物色。

またもリチウムイオン電池関連が関心を集め
古河電池、GSユアサ、新神戸電機などが買われた。

そして再び原子力関連が物色され、日本製鋼所に見直し買い。

オバマ君が農業保護を打ち出しているとのことで
農業関連も関心を集め、日本農薬がまたも物色対象に。

そう言えば、鳥インフルエンザ関連も賑わっていた。

古(いにしえ)の材料株物色に傾斜した一日であった(=_=)
主力株が動き難く、低位株へシフトしていたとも見れる。

今更掘り起こしかと、嫌気することもできるが・・・
相場の端境期に、古の材料株を循環物色することはよくある。
目先筋中心とはいえ、こういった物色は意外と長続きすることも。

この「古の循環物色」「掘り起こし」を、「リハビリ」と捉えれば
本日の「古の循環物色」は好感出来ないこともない。

 
チャートを見てみると・・・

一目・日足では、終値ベースで基準線(8355)を上回った。これは、8月29日以来(゜o゜)
(今まで、どんだけ弱かったんだという証左でもあるが...)

しかも、基準線は明日から横ばい。下値サポートになれば、売り難さには繋がる(^O^)/
割ったら割ったで売ればいいワケで、手掛け易さにも繋がるw
(私としては上昇してほしいのだが・・・)

一方、転換線(8850)は下落となる可能性が高い(T_T)
変に上を期待せず、本日同様、両線に挟まれた動きを想定するのが無難か。
 

煮詰まりも極まってきた今日この頃・・・
明後日19日は、昨年7月9日高値~本年3月17日安値の
169日間の対等日、変化日となっている。

変化しやすい日柄でもあり、材料がない中、これがネタになる可能性もあり
この10月19日の変化日にも注目してみたい。

それにしても、上昇してほしいとは思うものの、上昇してもおかしくはないものの・・・
直近のレンジは「どちらかといえば」下向き。
これは、しっかりと認識しておきたい。
買うのであれば、下を警戒しながら買いの主体の確認をしつつ取り組みたい処。

 
人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在8位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
こんにちは、にしやんです。
十分、下げを警戒する必要がありますね。
いつまでこの不安定な状況が続くのでしょうか。。。
では、応援して帰ります。
2008/11/18(火) 07:58:10 | URL | FX初心者のサラリーマンでも勝てる!脅威のFXシステムトレード講座 #-[ 編集]
要警戒ですな^^;
にしやん 様♪

かと言って、警戒し過ぎると、いざ本番と言う時、冷静さを欠いたり、疲れて動けなかったり、難しい処^^;

適度に警戒しつつ、チャート形状と、節目意識し取り組みますw
2008/11/18(火) 12:09:28 | URL | to にしやん 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2459-136e9228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2