ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルも!


24日の米国株式市場

NYダウ: 8443.39 △396.97
NASDAQ: 1472.02 △87.67
為替 NY終値: 97.37-97.43

週末の米国市場は、「ニューヨーク連銀総裁のガイトナー氏を財務長官に指名へ」
との報道をきっかけに、溜まっていた空売りの買い戻しも巻き込み急上昇。

23日に米政府が、シティが抱える不良資産に損失が発生した場合
大半を政府が埋め合わせることを保証し、200億ドルの追加の資本注入も発表。
これを好感し、金融株を中心に買いが膨らみ、相場を押し上げた。

10月の中古住宅販売件数は2カ月ぶりに減少したが、シティ救済策を手掛かりとした
買いの勢いが強く、住宅市場の低迷を背景とした売りは目立たなかった。

若干上げ幅を縮小する場面もあったが
原油価格の上昇を背景にエネルギー株も強く、ダウは大幅続伸。

シティグループは「大き過ぎて潰せない(too big to fail)」を絵に描いたような
米国政府の対応となったが、更なる実態経済の深刻化となれば・・・
大き過ぎて救えない(Too big to bail)」の可能性もある。

政府による救済の代償として希薄化が進行している点も気掛かりだ。
好感し過ぎず、悲観し過ぎず、淡々と見て、取り組みたいところ。

業種別S&P500種株価指数では全十種が上昇。「金融」が19%高。
ダウ構成全30銘柄のうち、小売り大手ウォルマートを除く29銘柄が上げた。

シティは58%急騰。バンカメやJPモルガン・チェースもともに20%超急伸。
モルガン・スタンレーなど証券株も買われた。
ゼネラル・モーターズにも買い戻しが入り、17%高で終えた。
住宅株のDRホートンやトール・ブラザーズも急伸。

 

日本株式市場

連休中の米株急騰で大きくギャップアップ。
基準線・転換線共に上回ったのは、6月以来!?

(7月末、8月末も上回ったが、チャート面からはダマシだったし。)

そして、25日線(8500処)を窺う展開に!

(11月5日も25日線を上回ったが、これもダマシだったし。)

しかし、一気に基準線(8280)、転換線(8080)回復とはいえ
25日線は窺う段階で、商いの増加は見られず・・・

テクニカル的には、11月5日9570円までの上昇に対し
20日に61.8%押しである7975円レベルを割り込み
21日には7360円まで下落しており、下値不安は残っている。

裁定残高の減少傾向が続いているが・・・
株券電子化の影響によって12月下旬の取引に制限が出る銘柄もあり
機関投資家の売買に問題はないとはいえ
それまでにポジションをクローズさせる動きも出そうとの観測も。

ヘッジファンドの多くは、年末の償還期限が11月15日で
換金売りのピークは通過しているハズだが(先週も書いたが)・・・
次の償還請求のヤマ場として35日前の11月26日と
11月30日にも解約玉が出るとの警戒感が燻っている(/_;)

11月21日の日足は底入れ(二番底)を思わせるが
不透明な環境と不安定な相場展開は相変わらず。
適度な警戒感を持ちつつ、取り組みたい。


09:10
日経225先物mini、¥8395にて打診ショートヘッジ。
昨日のNYダウは25日線に届かず上髭。225もそれを踏襲かもと・・・


寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが1億1450万株、売りが5320万株、差し引き6130万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3990万株、買い3080万株、差し引き910万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:38

クボタ、¥548にて利益確定売り。

09:49
日経225先物mini、¥8285にてショート決済・利確。(¥110抜き)
ヘッジのつもりで掛けたが、基準線意識で一旦外し。

09:59
7&I、¥2785にて追撃買い。

10:10
日経225先物mini、¥8185にて買い。

10:30
楽天、¥54100にて打診買い。

10:43
基本的には19日の足を意識するように、基準線挟んでプラマイ¥100って感じだが・・・
相変わらずの薄商いで、また動き荒くなる可能性も高そう;;

11:03
買い方、売り方共に手掛かり不足・決め手欠く。
連休ボケとも思える地合いですな(-_-)zzz

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01256.JPG
  
人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
NAR中古住宅販売10月
需給の経済原則が機能し始めた兆し の見られる統計でした。

            全体   北東部   中西部   南部    西部
数量
2007年10月   5060   920   1210   2050    880      
2008年09月   5140   840   1170   1900   1230
2008年10月   4980   830   1100   1840   1210
 前月比      -3.1% -1.2  -6.0   -3.2  -1.6
 前年比      -1.6% -9.8  -9.1  -10.2 +37.5

価格
2007年10月  206.7  257.5  160.2  171.0  316.9
2008年09月  191.4  250.8  149.7  165.7  255.1
2008年10月  183.3  241.7  149.4  161.1  231.4
 前年比     -11.3% -6.1  -6.7   -5.8 ー27.0

1.西部(含むカリフォルニア)の10月前年比に注目です。
価格はべらボーに下げた(27%)が、数量はそれ以上(37%)に増加している。
2.西部地域の2006年(高値です)の年間平均販売価格が$342.7ですから、
10月の231.1で下げ率は32.5%に達しています。
3.同様の現象がフロリダとメイン東部に広がると、住宅市況の底打ちが見えてきます。
2008/11/25(火) 10:36:53 | URL | プー #mhxbvEiY[ 編集]
なるほど
プー 様♪

そういった見方も出来ますね。
勉強になります。ありがとうございます!

でも、まずは、底打たなくてもいので、せめて下げ止まってほしいです^^;
「下げ止まり→底練り→おっ?反発?→おぉぉ!反転?」
の段階だと分かり易くて手掛け易いのですが、そう都合よくはなりならいか><
2008/11/25(火) 15:24:54 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2475-0370fc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2