ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
今朝発表された日銀短観は、大企業製造業の業況判断が
9月調査の-3 → 今回12月調査は-24と悪化。

中身を見てみると・・・
欧米経済後退や円高の悪影響が大きい自動車は+5 → -41。
電気も-9 → -37に悪化。

一方、中国経済が下支え要因となり原材料安恩恵の素材業種では
鉄鋼が+19 → +12、化学が0 → -14。

素材業種では加工業種より業況判断の悪化幅は小さい。

因みに、メリルリンチ証券では、素材産業の仕入れ価格の下落も大きいため
マージンは-21 → -5と、加工産業の-56 → -33に比べて改善が大きいと指摘。

製造業では加工業種より素材業種への投資が望ましく
製造業よりも非製造業への投資が望ましいということか。

業況判断も非製造業では電力ガスが-20 → -18に改善。
建設は-7 → -10。不動産も+5 → -7と悪化幅が製造業よりも小さい。

これらは、個別株投資への参考となりそうだ。

気になるのは、日銀短観の大企業全産業の下期業績予想で
経常利益が0.5%増益→25.1%減益に下方修正されたが
下期の円ドルレートの前提は1ドル・102円48銭→101円04銭と
若干の円高修正にとどまった点。

現状の為替相場が1ドル・91円レベルであることを勘案すると
下期の業績は下方修正圧力が高いと見るしかない。

 

日経平均を見てみると・・・

本日は、大幅反発で先週末の陰線を吸収。再び25日線をサポートに変えた格好。
しかし、明日、25日線は再び下落に転じる見込みであり、本日の反動安も予想される。
日足・雲下限、ボリバン+1σがレジスタンスとして意識されている。

3営業日後には雲下限が8905円に切り上がり
遅行スパンは上方転換シグナル発生の期待感もでるため
一旦は、僅かにリバウンド余地は広がるが・・・

その後、雲下限は下向きとなって年末には8100円レベルに。
遅行スパンは、過去の実線に沿うように下落する可能性も。

ありきたりで面白みのない見方だが・・・
日銀短観をはじめ、パッとしない指標連発の現在
見送り・見極めが最も無難かもしれない。


なんか、悲観的な見方のようになってしまったが・・・

需給的にはヘッジファンドの換金売り圧力低下、海外勢によるXマス休暇入り
信用買い残高、裁定買い残高の低下、翌週には株券電子化に伴う取引規制もあり
インデックスに絡む売買も入りづらいとも考えられる、等々
年末に向けてのポジション縮小から買戻しの動きが続く可能性はある。

仮に、材料を受けて急落したとしても、買いも売りも主体不在。
短期的な商いが中心であり、その後の戻りは速そうな気も。

この状況で、もし、極端に激しい動きが下に出るなら・・・
日計り、割り切りスタンスでの、収益機会と捉えるのも一考か。
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2531-ba6a4aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2