ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


27日の米国株式市場

NYダウ: 8174.73 △58.70
NASDAQ: 1504.90 △15.44
為替 NY終値: 88.92-88.98

前日引け後に発表されたアメックスの四半期決算が、大幅減益とはいえ黒字を確保し
悪材料出尽くし感などから10%近く上昇。バンカメ、シティも堅調。

11月S&Pケースシラー住宅価格指数は
前年比18%と過去最大の落ち込みだったが
事前予想通りだったことで、小じっかりとしたスタート。

午前中に発表された1月消費者信頼指数が、予想外(?)に史上最低に落ち込み
ダウは、一時前日終値を下回ったが、安いところでは大手金融機関を中心に
金融株への買戻しが優勢となり、結局ダウは堅調な引けとなった。

前日夕、市場予想を上回る決算発表の通信系半導体大手テキサス・インスツルメンツが
堅調だったことを追い風に、インテルなどハイテク株もしっかり。

全般しっかりの中、気になったところと言えば・・・

1. 出来高が昨日より更に約1割減少。投資家の慎重な姿勢が伺える。

2. 原油先物は、米国景気の急速な悪化からくる在庫増への思惑から9%の急落。

3. 債券市場は、FOMCで長期国債買取方針が出るかも!?
との思惑で、長期金利が急低下!

業種別S&P500種指数は、八業種が上昇。
「金融」や「一般産業」、「ヘルスケア」などの上昇が目立った。
一方、「通信サービス」と「消費循環」が下落。

個別では、朝方に市場予想を上回る決算を発表した鉄鋼大手USスチールがしっかり。
決算は予想を下回ったが、業績見通しが市場予想を上回った化学大手デュポンが小高い。
一方、決算はおおむね市場予想通りだったが、携帯部門の契約件数が伸び悩んだ
通信のベライゾン・コミュニケーションズが軟調。同業のAT&Tも売られた。
前日に厳しい業績見通しを発表し大きく下げた建機のキャタピラーは続落。

 

日本株式市場

26日までNY債券市場は6日続落していた。
今後の大量の債券発行による需給悪化が主因だろう。

しかし、不景気の債券安は、米景気にとって非常にネガティブということで・・・
FRBがFOMCで、金融緩和の手段として、長期金利の低下要因となる
長期国債買い入れを決定する!?との思惑が働いている。

これにより、長期金利急低下。
この流れが、もし続くなら、米株高、ドル高も期待できる。


日経平均のチャートを見てみると・・・

冷ややかな見方も多いが、昨日の上昇でチャートは少し強くなっている。

ただ、雲下限、13週線の8300レベルはそれなりに重そうだし
基準線、週足転換線、25日線、75日線が位置する8500-8600は更に重そう。

因みに、8500レベルには、昨日安値7641円からの半値戻し8483円も位置する。
信用個人の平均買いコストも、おそらく25日線レベルだろう。

下降トレンドは相変わらずも、まずは下降トレンドの中でのリバウンドの目途として・・・
ざっくり8300-8500-8600の価格帯を意識してみるのが無難か。

一方、目先的な下値意識は7960-8000-8040(転換線、心理的8000、-1σ)って処か。


東証寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが5590万株、買いが5490万株、差し引き100万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2060万株、買い1560万株、差し引き500万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。

09:21
日経225先物mini、¥8100にてショート。

 
*** 追記 ***
09:46

日経225先物mini、¥8005にて7945・8000ショート決済・ロスカット。(¥60ヤラレ、¥5ヤラレ)

09:50
日足転換線(7960)、一目5分雲上限(7980処)で止まるかどうか・・・

10:01
7960-8000-8040の価格帯がサポになるのか、レジスタンス化するのか注目したい一日。

10:25
下げてはいるが、昨日上げ過ぎた感もあり、まぁこんなもんかの印象。
悲観すべき下げではなさそう。ただ、大引けで7960を下回り、明日GDでもされると・・・
昨日の足が「化け線」だったとの見方も多くなりそうなので、一応念のため気をつけたい。

10:44
昨日の祭りの後遺症か、疲弊したような値動き。ポジション調整ムキの一日の感も。

11:02
7960-8000-8040が機能しているとまでは言い切れないが
意識はされているみたいですな。後場もこれがコアレンジか。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01457.JPG
  

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

あの仁科剛平氏が推奨!E-BOOK白書投資編!
この1年半の間に人気を博したFX・株・日経225・e-ワラントなど95情報がこの1冊に!
相場の見方・手掛け方の参考資料として秀逸!発刊記念特価で今なら18000円!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2629-792a1357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2