ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

あの仁科剛平氏が推奨!E-BOOK白書投資編!
この1年半の間に人気を博したFX・株・日経225・e-ワラントなど95情報がこの1冊に!
相場の見方・手掛け方の参考資料として秀逸!本日2月10日販売終了!


9日の米国株式市場

NYダウ: 8270.87 ▼9.72
NASDAQ: 1591.56 ▼0.15
為替 NY終値: 91.44-91.50

議会で審議されている景気刺激策の規模に対する不透明感が出るなか
前週末に大幅高となった反動もあり利益確定売りが出た。ただ、近日中に
公的資金注入がされるとの思惑の強まった保険中堅のハートフォードなど一部金融株
等への買いや、コングロマリットのゼネラルエレクトリックが値を上げ相場を支えた。

しかし、相場は総じて動意に乏しく
「ガイトナー待ち」として積極的な取引が手控えられ
前日の終値を挟んだ一進一退の動きが続き
出来高は前日よりも2割以上減少する低調な状況だった。

業種別では、GEを含む資本財が2%以上上昇。金融もしっかり。
一方、ディフェンシブ株といわれる生活必需品や公益事業は下落。

個別では、決算で一株利益が市場予想を下回った、NYSEユーロネクストが5%下落。
部品会社デルファイの一部買い戻し検討などが報じられたGMも安い。
ダウ構成銘柄ではコカ・コーラやプロクター・アンド・ギャンブル等の下げが目立った。
一方、GEは14%、バンク・オブ・アメリカは12%急伸。シティグループも高い。
08年12月期通期決算が小幅減益にとどまったバークレイズのADRが11%急伸。
1月の既存店売上高が好調だったと受け止められたマクドナルドは約1%上昇。

他の市場に目を転じると、債券市場はイールドカーブがフラット化。
クレジット市場は金融を中心にスプレッドがタイト化。
原油先物は小幅下落、金も下落。

 

日本株式市場

昨日は重すぎ・下げ過ぎの様相。
本日、修正的な大幅ギャップアップで始まったものの
早くも重さが感じられる展開。

日本企業の収益回復を描きにくいことも、日経平均の上値を抑制しているのか?

日本企業は本業の不振以外に、有価証券評価損
為替差損、年金運用損、繰延税金資産の取り崩しなどで
株主資本が毀損する例が相次いでいる。

アナリストは営業損益を予想することが仕事で、それには長けているが
資本項目を予想することは難しい(特に米国会計基準採用企業)。

仮に、日本企業の収益V字回復を予想したとしても、3月期本決算発表では
更に株主資本が毀損するのではという懸念が根強いようだ。

日経平均8000円↑のレベルでの東証1部の指値総計での
売り指し株数増大は、その証左かもしれない。
現物株の戻り売り意識が異常に強く、重い。

これは昨日に限らず、先週末にも見られた「症状」だが・・・
高値圏での戻り売り圧力が、上値を完全に押さえこんでいる。

空売り規制の影響もあるのかもしれない。
ショートカバーで踏み上げるような相場が出来難いのだろう。

8000↑のレベルでの買いの主体不在、踏み上げの期待感低下では
まだこの重さは続くのかもしれない。


09:09
日本製鋼所、¥938にて信用買い。


東京市場で寄り付き前の大口成り行き注文:
買い4420万株、売り3560万株、差し引き860万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2050万株、買い2640万株、差し引き590万株の買い越し。
金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:52

また、「ど真中の銘柄だけ」買われ、あとは渋く上げているためか
値上がり銘柄数1000超で、指数も高いが、全く上がっている感がない(/_;)

10:20
8000↑は徹底的に戻り売り、8000↓は徹底的に年金買い。
ただこれだけといった感が。これが続くのならいいが・・・
どこかでどちらかにバランスは崩れる時は来る。
現在はなんともダラケタ展開だが、適度な警戒感は持っておきたい。

10:41
よく言えば、底堅い値動き。
悪く言えば、底を這う死にかけのミミズのような値動き。
ポジションと気分次第で見方は変わりますな(=_=)

11:04
米CNBCが、米国財務省はバッドバンク構想を断念したと報じたというのはあるにせよ
(↑金融安定化策にバッドバンクの創設は盛り込まれない模様と報じられたというのはあるにせよ) 重過ぎ。結果論では売ればよかった前場となったが・・・
朝方の高値が8140じゃ、半端すぎて売りでも入れなかった人多いのでは。
(私もだが○| ̄|_)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01500.JPG

 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
英 経済指標2題
#12月RICS住宅価格調査
このRICS指数は他の指標とちがい、バランス指数です。
1.まだ弱いが、12月のRICS指数は前月比で改善。
2.改善は3ヶ月連続。
       バランス指数
08-07  -82
08-08  -82
08-09  -84     バランス指数=価格上昇%-価格下落%
08-10  -81     従ってニュートラルがゼロ
08-11  -76
08-12  -73
3.2/5発表の1月HBOS指数が1.9%の上昇だったが、踊り場か?ためて下落か?
下げ止まりか?上昇か? まだまだ方向は不明。

#1月小売売上
1.BRC英国小売協会発表の1月小売売上は予想外の前年比増加。08年5月以降では
ベストパフォーマンス。
2.クリアランス・セール終了とともに1月以降は成長鈍化予想。
3.1月のネット販売(除く食料品)は12月の30%増(前年比)から19.2%へ鈍化。

              前年比%
    食料品       6.8
    非食料品     0.8
    トータル      3.2

アングロサクソン強し?

2009/02/10(火) 12:32:03 | URL | プー #-[ 編集]
アングロ
プー 様♪

妙に強いというか、息切れて下げ(売り)一服なのか・・・

>まだまだ方向は不明
↑この表現につきますね^^;

住宅価格に関しては「未だ値がつかず」という要因もあり、一服しやすいとしても・・・
英小売増加とは、予想外(゜o゜)
どう解釈していいか難しいですな。
2009/02/10(火) 17:11:55 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2662-3fdddbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
fx 必勝法
2009/02/10(火) 10:59:19 | fx 必勝法
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2