ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


本邦は外債償還・利払い、3月末決算に向けたリパトリに絡む
円買い需要がまだ残り、ドル売り優勢の展開になる可能性が。

13-14日のローマG7財務相・中銀総裁会議では、金融安定化や経済立て直しに向けた
協調体制の再確認、保護主義に反対する姿勢を強く打ち出せるかなどが焦点。

為替問題については、「ポンド安が議題」(G7関係筋)との発言で関心が高まったが
その後「為替も議題になるが、サプライズは予想しない」(アスムセン独財務次官)
「G7会合で通貨も議題にする」(米財務省高官)、「G7で為替の話を私から持ち出す
つもりはない」(中川財務・金融相)などの発言をみる限り、思惑はまちまちの印象。


16(月)

【国内】
10-12月GDP(8:50/前期比年率-11.7%)
既に織り込みが始まりつつあるが、短観や鉱工業生産、貿易統計などからしても
予想程度の落ち込みが見込まれ、下振れリスクもある。内訳、特に1-3月期に
影響がある在庫投資の積み上がりの有無に注目。少々下振れても、市場は
ごく目先では織り込み済みの反応を見せる可能性があるが、1-3月期にもかなりの
縮小がありうることから、政策への意味合いが出て来る。金融政策は、政治との
兼ね合いもあるが、ゼロ金利回帰への圧力、非伝統的政策への一段の傾斜がありうる。
一方、為替政策では、円売り介入の可能性を指摘できるだろう。前回7-9月期
1次速報は前期比-0.1%、年率-0.4%、2次速報は前期比-0.5%、年率-1.8%。

1月首都圏マンション発売(13:00)
12月鉱工業生産指数・確報値(13:30)
《決算発表》
ミヨシ油脂、長府製作所、エアーテック、シークス、パイロット、三菱鉛筆

【海外】
米国務長官来日
米国市場休場(プレジデントデー)


17(火)

【国内】
12月第3次産業活動指数(8:50)
《銘柄異動》
ザッパラス(マザ→東1)
《決算発表》
アマナ、トレンドマイクロ、日本精蝋、理研コランダム
マブチモーター、堀場製、イトーキ、東京都競馬

【海外】
GMとクライスラーが米国政府に再建計画を提出する期限
米政府がGMに40億ドル融資(第3次)

米2月NY連銀製造業景気指数(22:30/-23)
前回よりやや改善の見込み。1月ISM製造業指数では、受注DIが(50割れながらも)
大きく改善。ただ、顧客在庫DIは過剰とみる回答が高水準(先行き受注低下示唆)。
そのどちらが2月の製造業により強く反映されるかを見る上で、皮切りとなる
NY連銀指数は注目される。前回1月分は-22.2(予想-25.0、12月-27.88←-25.8)。

米2月NAHB住宅市場指数(18日3:00/8)
2月ZEW(欧州経済研究センター)独景気予測指数
《決算発表》
アジレント・テクノロジー、ウォルマート・ストアーズ


18(水)

【国内】
日銀金融政策決定会合(~19日)
1月鉄鋼生産(14:00)
12月景気動向指数・改定値(14:00)
《イベント》
nanotech2009(東京ビッグサイト~20日)
《決算発表》
東京グロースリート

【海外】
米1月住宅着工(22:30/53万)
割安な中古差し押さえ物件人気で、新築住宅販売はあおりを受けており、住宅着工も
前月水準より低下と見るのがまず妥当なところ。ただ、市場の織り込みは、直前公表の
2月NAHB(全米住宅建設業協会)指数の結果で変わる可能性がある。前回12月分は
住宅着工件数は55.0万戸、前月比-15.5%(予想60.5万戸、11月65.1万戸←62.5万戸)
住宅着工許可件数が54.9万戸、前月比-10.7%(予想60万、11月61.5万)、修正54.7万。

米1月輸入物価(22:30/前月比-1.5%)

米1月鉱工業生産(23:15/-1.4%)
米1月設備稼働率(23:15/72.5%)

1月雇用統計の総労働時間指数でみると、製造業-2.1%、鉱業が+0.8%、電力が-0.8%。
これからは下振れリスクがあるが、一部ストの終了があったので、コンセンサス程度と
なる可能性が高い。前回12月分は、鉱工業生産が前月比-2.0%(予想-1.0%
11月-1.3%←-0.6%)、設備稼働率が73.6%(予想74.5%、11月75.2%←75.4%)。

FOMC議事要旨
英中銀金融政策委員会議事録
《決算発表》
アナログ・デバイセズ、ヒューレット・パッカード、アメレン、ディアー


19(木)

【国内】
日銀白川総裁定例記者会見(15:30~/目標金利0.1%)
1月全国百貨店売上高
2月月例経済報告
《株主総会》
オリバー
《決算発表》
アップル、片倉工業、クリヤマ、ダイナパック、ブリヂストン
岡部、関西汽船、建設技術研究所、セシール

【海外】
米1月生産者物価(22:30/前月比0.2%)
1月は、ガソリン価格の上昇を主因に前月比でプラスが見込まれている。しかし
その他の項目では、需要の減退によるデフレ圧力が強いものと見込まれ、総合・コア
ともに下振れリスクがある。前回12月分は前月比-1.9%(予想-2.0%、11月-2.2%)
前年比-0.9%(予想-1.1%、11月+0.4%)、コアが前月比+0.2%(予想+0.1%、11月+0.1%)
前年比+4.3%(予想+4.1%、11月+4.2%)。

米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(24:00/-25.1)
前月から僅かに改善が見込まれている(但し、NY連銀指数の結果で市場のバイアスが
変わりうる)。景気の縮小ペースの鈍化が続くか、1月のその鈍化が一時的なものかは
当面の株式・為替市場に大きなインパクトがあるので、注目される。
前回1月分は-24.3(予想-35.0、12月-36.1)

米1月景気先行指標総合指数(24:00/0.0%)
ECB理事会
1月北米半導体製造装置BBレシオ
《決算発表》
スプリント・ネクステル、ニューモント・マイニング


20(金)

【国内】
1月全国コンビニ売上高(16:00)
12月全産業活動指数(8:50)
2月日銀金融経済月報
《イベント》
AOU2009アミューズメント・エキスポ
(幕張メッセ、会員招待20日、一般公開21日)
《決算発表》
トーア紡、ダントー、大和冷機、抵抗器

【海外】
米1月消費者物価(22:30/前月比0.3%)
コンセンサスでは、1月に全体指数は「デフレ」に転じる見込みとなっている。
1月は、ガソリン価格の上昇がある一方で、自動車価格(新車・中古)が
下振れした可能性があることから、下振れリスクがある。市場の反応としては
「コアの1.5%未満」には敏感に反応する可能性がある。
前回12月分は、前月比-0.7%(予想-0.9%、11月-1.7%)
前年比+0.1%(予想-0.2%、11月+1.1%)。
コアが:前月比0.0%(予想+0.1%、11月+0.0%)
前年比+1.8%(予想+1.8%、11月+2.0%)。

《決算発表》
JCペニー、キャンベルスープ
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2672-ed5e2fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
結果を以下に掲載。
2009/02/17(火) 23:04:04 | マイニングde競馬予想
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2