ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


大証タイムの成行き大口買い連発で日中高値更新。

15:04 242枚 289枚、15:07 357枚 462枚、15:09 429枚 342枚

不可解な順ザヤで引けたといった印象。
まるでSQ前日のような已むを得ない(意味不明な)商いに見えた。

因みに、市場観測では、この妙な大証タイムの成り行き買いは「アルゴリズム買い」
「ボラティリティ売買をしているヘッジファンドの買戻し」などの声が出ていた。

本日、日経平均は不思議なほどの下げ渋りを見せたが・・・
TOPIXは、朝方一時744.37pと昨年10月27日に記録した
バブル崩壊後の終値ベースの最安値746pを下回った。

TOPIX底割れが意識されれば、追随してバブル崩壊後の終値ベースの
日経平均最安値7162円も下回るのではないかとの懸念は残ることになる。

日経225先物では、強引に1月26日安値7580にピンポイントで戻した
格好にはなったが、1月安値レベルを本日確実に割り込んだ事実は残った。

11月21日安値7380を試そうともしなかったのも、気に入らない。

明日以降ボリバン-2σは下方に拡大するハズ。
仮に、反転をみせたとしても7700円レベルの-1σが下降する5日線と被る。
仮に、これを上抜いて、下降する25日線に届いても8000円には届かない。
リバウンドが限定的との見方が支配的だ。

更に本日の下げ渋りにケチをつければ・・・

本日、米国ではバーナンキFRB議長がFRBのバランスシート問題について
講演を行う他、1月27-28日に開催されたFOMCの議事録が公表される。

あのFOMCでは、声明文で状況により長期国債を買い入れる用意がある
と述べていたが、2009年~2010年のインフレ見通しが最適レンジとされる
年間1~2%を大きく下回る場合は、一段の信用緩和策の強化や長期国債の
買い入れへの期待も高まる。となれば、マネーサプライの増加から
ドル安になる可能性があるといった懸念も湧く。

更に本日の下げ渋りに難癖をつければ・・・

米国の住宅バブルの崩壊や、信用バブルの崩壊、商品バブルの崩壊で・・・
「金融機関の不良債権の増加→自己資本の毀損→貸し渋り→実態経済の悪化→
公的資金の注入や景気刺激策の拡大→財政赤字の増加→長期金利の上昇」

という悪循環で、グローバル化と証券化により世界中に信用リスクが拡散している。

買い上がれるような懐具合のいい買いの主体はいない。
この状況で、NYダウの予想PERが11.3倍、ナスダックは15.9倍
英FT100が9.6倍、ドイツが9.6倍、香港10倍、中国上海が15.6倍。

そして日本企業の予想PERが約68倍。(昨日時点)
買い上がってくる買いの主体が出るはずがない

というのが、オーソドックスな相場の見方だろう。

これら全てを覆すような、どデカイ買い材料が出れば・・・
調子に乗った売り方の粛清的踏み上げ相場もあるのかもしれんが
これまで、そんなイケイケドンドンの売り方が多かったとも思えず。

本日、下の節目の目途の一つには到達したが・・・
慎重に見て、取り組んでいくしかない状況だろう。
見苦しい、ケチ、難癖、失礼いたしました○| ̄|_
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
予想PER68倍のからくりと正当化
PER68倍はシクリカル銘柄のバッド・ゾーンに近い数字ですね。
来期にPERがどこまで低下するかは別にして、来期の好転ファクターをピック・アップすると:

#主として製造業
1.今期の下方修正幅または赤字転落幅のうち、構造改革費用の占める割合が、企業によっては50%を超えるところもあります、パナソニックが好例です。
構造改革費用は来期の 固定費減、製造原価減、資産圧縮 につながります。
2.在庫圧縮(=生産調整)のスピードは日本企業がダントツです。
来期のどこかで生産正常化(=工場採算性の向上)につがります。
#主として金融機関
1.銀行に関しては、貸倒れ積立金の積み増し(=不良債権処理)が来期は軽減される可能性があります。→貸し出し増の可能性につながる可能性もあります。
#ALL業種
1.時価会計がらみの株式等の評価損が来期は(通年では)今期ほど積み上がる可能性は
低いと思います。
2.望むらくは、株式持合いはいっさい止めて、自社株買いのみにするべきでしょう。

資産圧縮がありますので、PBRが下がり続けることはないでしょう。

いずれどこかのシンクタンクが試算を発表するのではないでしょうか?
2009/02/19(木) 08:36:16 | URL | プー #A1vz8dvw[ 編集]
バッドゾーン
プー 様♪

指標で見ると、確かにバッドゾーン。ヘタすりゃデッドゾーン^^;
V字回復か、破綻以外では説明し難い数字ではありますが・・・

御指摘の、「生産調整のスピードは日本企業がダントツ」・・・
完全に同感です!
工作機械受注(?)、確か前年比98%減でしたっけ・・・
目を疑うような数字が象徴的でしたね。

企業も、過剰とも言える償却して、一説では今後4年分のヘッジ的償却とかなんとか(←真偽のほど不明)。

>資産圧縮がありますので、PBRが下がり続けることはないでしょう。

確かに!
とりあえずはPBR1倍(8700円レベル)目指してほしいですね。
2009/02/20(金) 01:45:10 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2685-f4d29841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2