ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


18日の米国株式市場

NYダウ: 7555.63 △3.03
NASDAQ: 1467.97 ▼2.69
為替 NY終値: 93.76-93.82

朝方発表された1月の住宅着工件数は予想以上に減少。

しかし、米政府が最大900万世帯を対象とする住宅ローン返済支援策を発表し
住宅市場の低迷に積極的に取り組む姿勢を示したことが相場を支えたようだ。

ダウは、バンカメやシティへの売り等を背景に前日終値を割り込む場面はあったが
大きく売り込まれることもなく、前日終値を挟んだ狭いレンジで綱引きのような展開。

前日のダウの終値が11月最安値リーチだったことから
その水準を意識した神経質な値動きで、結局ダウはほぼ横ばいに。

気になるのは、フィナンシャル・タイムズ紙で前FRB議長グリーンスパンが
「いくつかの銀行を一時的に国有化することが早急で、かつ秩序だった
リストラクチャリングを実施するには必要かもしれない」との見解を示したこと。

銀行の国有化の議論が表立ってされるようになってきた(゜o゜)

これについては、共和党から賛成の声が上がっているとの報道もある。
今後の具体的な進展に注目する必要がありそうだ。

業種別S&P500種株価指数では全十種のうち、「消費安定」と「IT」の二種が上昇。
一方、「公益」や「通信サービス」の下げが目立った。

個別では、一株利益見通しを据え置いた農業製品大手モンサントは上昇。
新会社設立を発表したモノライン大手MBIAは約30%急伸。
金先物相場の上昇を受けて、ニューモント・マイニングなど金鉱株が堅調。
ダウ平均構成銘柄では、小売り大手のウォルマート・ストアーズが3%超上げた。
一方、前日夕に米政府に経営再建計画を提出したゼネラル・モーターズは5%下落。
トール・ブラザーズやレナーなど住宅株が軟調。

 

日本株式市場

75日移動平均線の応答日が現在の株価水準に下落。
一時的かもしれんが、75日線が上昇に転じている!

75日線の上昇転換は昨年夏以来!本日19日は、75日線の応答日。
昨年10月27日の株価が、現在の株価よりも下の位置に来たための上昇だ。

直近で揉み合った5日線(7660処)、-1σ(7710処)がやや重くなりそうだが・・・
このまま株価が横ばいで推移すれば、5日線の下落もなだらかになる。

25日線(7900処)程度までのリバはあると見れないでもない。
しかし、基準線、転換線共に、この7900円レベルでもあり
日経平均8000円レベル回復のイメージがどうにも湧き難い。

25日線までのリバウンドがあっても・・・
短中長期で切り下げ型には、何の変化も起こらないのだ(/_;)

チラホラと実体経済の底を示唆するものも散見されるが
希望は持ちたいが、期待し過ぎるのもどうかというところ。
面白みのない見方だが、当面慎重姿勢は崩さず取り組みたい。


東証寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが6640万株、買いが5300万株、差し引き1340万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2170万株、買い1430万株、差し引き740万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:48

日経225先物の7550に、またも露骨な1000枚板が・・・
頼もしいような、白々しいような、昨日とおなじような。

10:09
今週、円安進行したからいいようなものの(日本売りでいいとも言い難いが...)
これで円高進行していたら、とっくに7000割っていたような気が・・・

中川くんのお陰で円安進行したと冗談半分に為替市場では言われているようだが
確かに、一因としてはあるかもしれない(^^ゞ
これで太郎ちゃんがバカやってくれれば、更に円安進行か。。。

10:19
円安進行で売り難く、不透明感・割高感漂い買い難く。
然るべくして見送り。然るべくしてというか、手の出しようがない。
入るのであれば、せめて、キッチリ目先の節ぐらいまでは待ちたい。

10:37
昨日の下げ渋り過ぎの反動があるとすれば・・・
NY株式市場の11月安値水準に寄せるような動きがあるとすれば・・・
今日中に7380-7420レベル窺ってもおかしくないところだが。

10:57
日経225先物mini、¥7555にてショート。弱め。

11:02
米系のファンドによる解約売りが大量に出ているとの観測(by フィスコ)は
事実なのか?ガセなのか?どっちか分からんが、大量ってほどには見えないのだが。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01524.JPG
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
米 1月輸出価格指数  眠気用
2/18発表の米国輸出入価格指数、輸入価格指数は下げ幅を大幅に縮小、一方、
輸出価格指数は6ヶ月ぶりにプラス転換。

             輸入               輸出
       全輸入  石油   非石油    全輸出  農産物  非農産物
08-08 ▼3.1  ▼9.8  ▼0.4   ▼1.6  ▼9.6   ▼0.7
08-09 ▼3.6 ▼11.4  ▼1.0   ▼0.8  +0.1   ▼0.9
08-10 ▼6.0 ▼22.2  ▼0.9   ▼2.1  ▼8.4   ▼1.4
08-11 ▼7.3 ▼29.9  ▼1.7   ▼3.2  ▼6.8   ▼2.8
08-12 ▼5.0 ▼27.2  ▼1.1   ▼2.2  ▼6.2   ▼1.9

09-01 ▼1.1  ▼2.4  ▼0.8   +0.5  +6.2     0.0  

1.農産物輸出価格は落差で12ポイント上昇、米国の農家収入は増えるはず。
2.非石油製品の輸入価格はマイナス継続、中国の製造業はまだ苦しい。
3.両指数の改善傾向はデフレ懸念にはプラス。

     資源と食糧はこれからは強含みでは
     農家は強い
2009/02/19(木) 10:44:12 | URL | プー #A1vz8dvw[ 編集]
チラホラと・・・
プー 様♪

米国と中国に、(反転の兆しとはいえないまでも)底を思わせるものが出てきてますねぇ。。。

米国と中国が先行して立ち直り、日本だけ置いていかれそうな・・・

どうにも強気になれない私です○| ̄|_
2009/02/20(金) 01:50:53 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2686-1bf7562e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ローン返済はこれで→ ▼インターネット開業オーナーとして、【インターネット個人起業】を始めて、インターネットで収入を得ませんか。▼もし、あなたが、今、将来に備えてインターネットで収入を得ることを本当に真剣に検討されているのであれば、低額の初期費用のみで...
2009/02/26(木) 23:31:47 | 開業パック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2