ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


目先的には、ざっくり7400-7600レベル。これの上か下か。
少し幅を持たせれば7840-7268レベル。この辺りが焦点か。

7840: 1月26日7682円→1月29日8251円の上げ幅を、2月24日7268円にリプレス。
7268: 2月24日終値

現在のバリューで大きなリバウンド、上伸びは考え難いが・・・
もし、衝撃的なポジティブサプライズ、アク抜けでもあれば・・・
7840円を上回ると、3月中旬頃までに1530円程度のリバウンド期待は生まれそう。
(あくまでも期待。それ以前にそんなポジティブサプライズが出るのか疑問だが...)
しかし、仮にそれだけのリバウンドを見せたとしても、絵面からして・・・
リバウンド一巡後は再び売られ、底入れは5月以降となりそう。

一方、7268円を割ると、6300~6200円程度まで下落する可能性があるが
その場合、絵面からすると、3月中に大底を打つ可能性がある。計算値はこちら。)

人それぞれのポジション、投資スタンス次第とは思うが・・・
もし、避けられぬ下げであるなら、さっさと下げてくれって気が。

昨年10月の様な(結果としては)露骨なオーバーシュート、全てを織り込むような下げを
早いうちに見せてもらった方が、政策期待による後々の上昇に結びつき易いハズ○| ̄|_

 
というのも、かなり芳しくない数字や観測が再び増えてきているような気がするのだ。

まず目先的期待感のあった、中国・全国人民代表大会。

3月5日からの全国人民代表大会の景気対策期待が、下げ渋りの一助となっていたが
中国の全人代では医療制度改革などを含む社会保障全般や教育改革など中長期的な
課題が広く取り上げられる予定で、短期的な追加景気対策などは議論されない見込み。
との観測が聞かれる。;;

そして、大和総研によれば・・・
日本の対中輸出数量は、中国の実質GDP成長率ではなく
中国の電力生産量と連動しているとの(一風変わった?)見方も。

中国では電力生産量が急減する一方で、中国の実質GDP成長率は底堅く推移しており
乖離が拡大しているそうだ。ということは、仮に中国経済が8%成長を達成したとしても
そのことが直ちに日本経済の回復を保証するものではないということになる。

中国以外に(ほとんど)希望が見えない世界経済で、それを言われちゃ。。。
この見方が正しいのかどうかは分からんが、もっともらしい下げの理屈にはなり得る;;

また連日の買い支え主因となっている年金買いだが・・・

2月27日に公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の
10~12月の運用利回りが、マイナス6.1%(運用損失は5.7兆円)と発表された。

3月末に向けて公的年金による株価買い支えは期待されているが
来年度以降は公的年金の積立金が減少に転じる見通しであり
中長期的に公的年金の株式購入は期待できないとの見方がある。
(みずほ?メリル?出所控え損ねた。申し訳ない○| ̄|_)

日本の公的年金は、現役世代の納めた保険料を
年金受給者に給付する賦課方式の色彩を強めている。

来年度からの、基礎年金の国庫負担を3分の1から、2分の1への引き上げは
恒久的財源ではなく、財政投融資特別会計の埋蔵金が充てられることになっている。

年金給付のために、消費税などの恒久財源が手当てされないと・・・
公的年金の積立金の取り崩しが増えて、株式の売り圧力になるとの懸念も。

 

下げ相場で、懸念だ、危険だ、慎重にと語るのも、芸がない、面白みのない見方だが・・・
馬鹿の一つ覚えということで、ここは一つ慎重に取り組みたいと思う○| ̄|_
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
冷静な対応
heyward様のデータ分析からのテクニカル考査には頭が下がります。
年金運用者にもぜひ読んでほしいものです。
安易な株価対策は歪んだ株価を生みその後新たな歪みを生む。
本日その波が小さい事を祈る。
2009/03/03(火) 08:17:45 | URL | ボルボ #-[ 編集]
米 2月ISM製造業レポート3/2発表分
PMI35.8%・・・前月35.6% ややポジティブですか?

おやっと感じた、ふーんと思ったポイントのみ:
1.回答者コメントの一つに・・・これまでビジネスの50%以上を占めていたアジアが
いまやほぼゼロになった(機械セクター)
2.過去のPMIとGDPの関係を見ると、2月PMI35.8%は年率換算の実質GDPで
▼1.7%に相当する・・・08年4Gは▼6.2%
3.商品価格で上昇したのは苛性ソーダのみ。
4.項目別/業種別(全18業種)の回答内訳は:

 新規受注  18業種すべてで減少
 生産     2業種(石油・石炭製品と印刷関係)のみ増加
 雇用     18業種すべてで減少
 在庫     繊維のみ増加
 顧客在庫  6業種で増加(繊維、家具、機械、その他製造、化学、輸送機器)
 仕入価格  18業種すべてで減少
 受注残       同上
 輸出オーダー 2業種(アパレル・皮革製品、非鉄)のみ増加

個人的なおやっ は上記1と2。

VIX指数もベル・ベア指数も妙に落着いていますね、7000割れにしては。
2009/03/03(火) 08:54:20 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
年金運用者って。。。
ボルボ 様♪

所詮人の金ということもあり、サラリーマン・小役人ということもあり、損失を負った場合のいい逃れのための運用に徹している感が。リスク回避し過ぎてリターンが出ないPFを敢えて組んでいる感もありますね;;
公表されているデータ見ただけでも、(結果以前に、運用そのものが)下手糞の印象を受けます><
時代が時代、国が国なら、年金の問題は、学生運動や、デモ、暴動に繋がってもおかしくないですな。

御指摘の通り、確かに現在の株価は歪んでいるように見えます。
反動には注意したいところですね。
2009/03/03(火) 13:33:06 | URL | to ボルボ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
微かな希望
チャチャ 様♪

経済指標というパンドラの箱を開けたら、魑魅魍魎の指標が。
残された一つの希望はISMだけって感じですな^^;

まぁ、悪霊系の指標はあらかた飛び出していったように見えるのは幸い♪
でも、空っぽになって、誰も興味を示さなくなると、当分回復の目途なしか。

少し、時間軸長めにとって、指標と株価見ていくしかないのかもと思えてきました;;
2009/03/03(火) 13:41:52 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2717-5e31bd5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2