ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


昨日に続き本日も、終値ベースで10月27日安値割れ回避。新値足陰転は逃れた。

絵面的には、ボリバン-2σ(7105)をサポートにリバウンド。
転換線(7340)、5日線(7345処)、-1σ(7390処)に頭を押さえられた格好。

リーマンショック以来の外人売り越しは累計6兆円超え観測
ガイ人売りの流れ、下降トレンドに変化なしだが・・・

底割れ必至と見ていた売り方も、なにがなんでも割らせない7000の大台意識により
この底堅さで、ショート戦略に狂いが生じる可能性もあり、踏まされ易さは出てきている。
この状況は、目先的なリバウンド余地を探る流れに向かい易いと見るのが無難かも。

本日、東証1部指値総計は、一貫して大幅な買い越し状態。
差し引きでは、ピークの14時半に2億9700万株買い超と、異例の高水準。(by フィスコ)

「前場で150億円、後場はその倍の300億円の公的年金の買い」といった観測が
具体値まで市場間で流れていたのは、少々作為的胡散臭さを感じるが・・・

公的年金の買い観測が強化されているといった印象は持つべきところか。


そして、本日、公的年金の買い支え安心感に加え
上伸び要因として材料となっていた、中国の景気刺激策。

私としては、東京時間の上海総合に関しては、単なるテクニカルリバウンドにしか見えず
香港に関しては、案の定の鈍さと見ていたのだが・・・
(結果としては、東京の大引け後、香港急伸したが・・・)

テクニカルに傾倒し過ぎて、私自身見方が歪んでいるかもしれないという自覚はある。
これ以上書くと、完全に見苦しい難癖野郎の見方になってしまうので・・・

以下、真っ当な「中国の景気刺激策」の主な市場の見方を。

中国では3月5~14日まで10日間の予定で、全国人民代表大会が開催され
雇用維持のために、GDP8%成長確保の政策も講じられるという期待が。

ロイター通信が中国の経済企画当局者の話として、インフラ整備や
国内製造業のてこ入れで追加資金を投入し、昨年11月に発表した4兆元
(約57兆円)の景気刺激策を拡大する見通しと伝えたことが注目された。

中東欧の経済の悪化が懸念されている現在、民間投資を誘発しようとして政策金利を
引き下げると通貨が急落して、逆に資金が流出してしまい、公共投資などの財政支出を
拡張すると、債券相場が急落して長期金利の上昇が民間投資を抑制してしまうので
赤字国の政策手段は限られるとジレンマに陥っているとの見方がある。

それに対し、中国は、巨額の経常黒字を有するので、大幅な利下げや
大胆な財政出動が可能となり、景気回復も早いと期待されている。

また主要国では金融緩和を行っても、銀行がリスク回避の姿勢を崩さず
企業や個人に資金が行き渡らない貸渋りが深刻化しているが・・・
中国の1月の人民元建て新規融資額は1兆6千億元と、12月に比べて倍以上(゜o゜)
貸し渋りとは無縁の世界ということも期待感を醸成しているようだ。

こう見ると、「買い」ですな(*^_^*)
少なくとも、位置的にも材料的にも、「打診買い」の価値はあるところだろう。

そのワリには本日、業種別指数で古のセクターの買い(リターンリバーサル)
超売り長銘柄への買い戻し主体だったことが気掛かりだが・・・申し訳ない、クドイですな。
7400-7600の価格帯を上抜いてくるなら、潔く指数で踏んで、上昇に貢献します○| ̄|_
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
(私、プロでもないのに載っちゃいました(゜o゜)イノカ!?)

コメント
この記事へのコメント
頼り処
Heywardさんの分析は誰もが認める内容かと思います。
日々閲覧にさせて頂いております。
今の不安定な相場で投資家多くはどう考えているのか?
私は企業業績を重視するためか波に乗り遅れる事が多々有り。短期分析ならテクニカルが必要と考一目とボリ、ペンタゴンを組み合わせ日々のニュースに耳を傾けおります
現時点て言えるのが政策頼りのマーケットと見ており一喜一憂し推移するかとみております。
新な相場は少し後になるのでしょうか、しかし人間は我慢が出来ないものです。少しの利益が欲しい、休む事なく参入してきは結果さまざま。私も同類ですが
政策がより処相場に早めに乗り早めの利確を心掛けしています。
深夜までマーケットを考査お体に気を付けてご活躍ください
2009/03/05(木) 08:58:55 | URL | ボルボ #-[ 編集]
恐縮です○| ̄|_
ボルボ 様♪

ありがとうございます。ありがたい御言葉ですが、恥ずかしいです(>_<)

>今の不安定な相場で投資家多くはどう考えているのか?
>政策頼りのマーケットと見ており一喜一憂し推移するかと

私も、同じこと考えてました。というか悩んでました^^

急変する環境に、(基本的には)4半期ごとに発表の企業業績での分析は難しく・・・
急変する環境に、アナリストは推測・観測・感覚での分析が多く、参考にならず・・・
急変する環境に、チャートは走り易く・・・

センチメントから相場を計るしかないような感じですね;;
政策も、観測・期待・希望で材料かしてますし。

>政策がより処相場に早めに乗り早めの利確を心掛けしています。

最も賢明な取り組みの一つかと。
2009/03/05(木) 15:25:27 | URL | to ボルボ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2725-290b5327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2