ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


財務省が5日に発表した08年10-12月期の法人企業統計は
全規模・全産業の経常利益は、4-6月期は前年比10.5%減
7-9月期は22.5%減、その後、64.6%減にマイナス幅は急拡大(;_;

09年1-3月期では全規模・全産業で赤字に陥る可能性との観測も多い。これでは・・・

株価対策がなく、価格決定を市場に委ねた場合
日経平均は、下方向に動き続けると見るのが妥当だろう。

日経平均は、底割れ回避となっているが・・・
TOPIXは既に底割れ。約25年2ヶ月ぶりの安値を付けている。

大騒ぎして喜々として売るのもどうかと思うが、適度に警戒感は持ちつつ見ていきたい。


9(月)

【国内】
1月の国際収支
企業倒産件数(13:30)
2月景気ウォッチャー指数(14:00)
《決算発表》
バルス、ウイルコ、アスカネット、クミアイ化

【海外】
BIS中央銀行総裁会議(スイス・バーゼル)


10(火)

【国内】
1月景気動向指数(14:00)
2月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
アヲハタ、菱洋エレク、シーシーエス

【海外】
バーナンキFRB議長講演
中国2月消費者物価(11:00)
米1月卸売在庫(23:00/-1.0%)
《決算発表》
ブラウンフォーマン、クローガー


11(水)

【国内】
1月機械受注(8:50)
コンセンサス予想は-4.5%ながら、レンジは+2.0%から-14.5%と広い。
ボラタイルな系列であり、単月では上下のリスクは否定しようもない。
その数字の当たり外れそのものよりも、現局面(売上急減+信用収縮)にあって
設備投資に強気になれる企業は、殆どないことをわきまえるべきか。
前回12月分は前月比-1.7%(前月比予想-8.8%、11月-16.2%)
10-12月期機械受注:前期比-16.7%(過去最大の下落)
1-3月期機械受注見通し:前期比+4.1%。

2月企業物価(8:50)
《決算発表》
TYO、学情、フリービット、楽天地、きんえい、不二電機

【海外】
中国2月貿易収支
米2月財政収支(予想は-2000億ドル)
歳入減+歳出増から、コンセンサス予想は順当には悪化リスクがある。
ただし2月については、財政刺激策はまだ反映されないとみられ、2月単月の数字に
市場が大きく反応する可能性は必ずしも高くない。2008年2月は-1755.6億ドル。
前回2009年1月分は-838.2億ドル(予想-780億ドル、前年同月+178億ドル)
2009会計年度(2008年10月-2009年9月):-5690.1億ドル(過去最大)。

米ABC消費者信頼感指数(6:00)
《決算発表》
ナショナルセミコンダクター


12(木)

【国内】
10-12月GDP改定値(8:50、予想は前期比年率-13.4%)
法人企業統計から、GDPは設備投資の減少を主因に下方修正されるというのが
コンセンサス予想。1次速報公表後は、為替市場においても時間差で「GDPショック」
ともいうべき反応が見られたが、もう3月でもあり、少々下振れても反応は限定的か。
ただ、09年1-3月期への類推が働く可能性もある。
1次速報は、前期比-3.3%、前期比年率-12.7%(前期比年率予想-11.7%、前期-1.8%)
10-12月期GDPデフレーターは前年同期比+0.9%
10-12月期民間設備投資は前期比-5.3%。

2月東京都心オフィス空室率
《新規上場》
大研医器(7775)
《決算発表》
フルスピード、ネクストHD、総合商研、サイボウズ、コーセル

【海外】
中国2月小売売上(11:00)
中国2月鉱工業生産(11:00)
米2月小売売上(21:30/-0.4%)
自動車は(年率で950万台→910万台)と-4.2%減少。一方、ICSC(国際チェーンストア
協会)集計のチェーンストア売上は、全店舗ベースで1月:前年比-0.2%→2月:-0.1%。
自動車でだいたい-0.5%程度の押し下げ。チェーンストアは小幅プラスか。
波乱要因はガソリン売上。平均単価は+7%、季節調整も押し上げに働くので
総合すればコンセンサス予想には、上振れリスクがありそうだ。
1月分は前月比+1.0%(予想-0.8%、12月-3.0%←-2.7%)
「自動車除く」は前月比+0.9%(予想-0.8%、12月-3.2%←-2.7%)。

《決算発表》
ポール・コーポ


13(金)

【国内】
先物・オプションSQ
1月鉱工業生産(13:30)
1設備稼働率(13:30)
2月消費動向調査(14:00)
《新規上場》
ユビキタスエナジー(3150)
《株式分割》
キーエンス(権利付最終売買日)
《決算発表》
CHINTAI、ストリーム、稲葉製作、OSGコーポ、エイチアイエス

【海外】
米1月貿易収支(21:30/382億ドル)
1月のWTI原油価格は、前月比ほぼ横ばい。しかし、ISM製造業指数の内訳の輸入DIが
低下しており、(原油以外の財の)輸入額の減少を主因に、コンセンサス予想よりも
改善する可能性がある。前回12月分は-399.3億ドル
(予想-355億ドル、11月-415.8億ドル←-404億ドル)。

米3月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00/56.3)
2月は速報値→確報値で小幅改善。しかし、3月にかけての株安+ガソリン高の
ダブル・パンチが効いて、コンセンサス予想以上の悪化がありうると考えられる。
前回2月速報値は56.2(予想60.2、1月61.2)、確報値は56.3。
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
「なんじゃこの値動きは!」と日々絶叫されている方に、特にお勧めの一冊!

コメント
この記事へのコメント
雇用・住宅・株価
週末の米メディアはタイトルの題目が乱舞しています。
3/6(金)のVIX指数は下落して陰線(株価ならば陽線)引け。

     陽陰線○×  終値    安値    高値    ダウ終値
3-2    ○    52.65  48.35  53.25    6763
3-3    ×    50.93  48.50  53.25    6726
3-4    ×    47.56  45.02  48.83    6876
3-5    ○    50.17  46.98  51.95    6574
3-6    ×    49.33  47.65  51.95    6626

米国では1981-82の不況(81.7月ー82.12月)とのマクロ指標比較が意識されて
いるようです。

雇用統計も住宅関連指標も既報されていますので、いくつか気付いた点をピックアップ:

#雇用
1.81-82年、73-75年の不況はともに16ヶ月。今回の不況は既に15ヶ月が経過。
         失業率
08年09月  10.1%   大規模デモ発生
08年11月  10.8%   失業率ピーク
08年12月  不況ボトム

2.失業者数で見ると、09年2月の1250万人はすでに82年のピークを超えている。
3.この2月失業者1250万人の他に、パートタイム勤務に甘んじなければならない人が
2月は78万7千人も急増し860万人いる。
この非完全就業者を加えると、2月失業率は14.8%となる ←(私見)ややこじつけ
4.高卒未満の学歴の失業率は12.6%、黒人は13.4%、ヒスパニックが10.9%。
5.長期失業者(27週以上の失業期間)は290万人に達しており、1948年まで遡る
最多記録となる。

    ここまでは、数字以上に雇用実体は悪化しているという情報

6.2007年4Qの不況突入から2月までに440万人の雇用減となった。
今年240万人の雇用減とすると、失業率は9%を超えることになる。

ちなみに現在政府が行っているストレス・テストの前提失業率は10.3%である。

#住宅
1.1月の中古住宅価格は$170.3(NAR)で、この1.5年で26%の下落。
2.FEDの試算では2010年末までにさらに18-29%下がる、と見ている。
3.イエール大学エコノミストのロバート・シラー氏(あのケース・シラーです)の計算によると
1930年代の大不況時の住宅価格の下落は約30%、だそうだ。(←私見)30年代は
住宅市場への投機マネーが今回比では格段に少なかったので、今回は30%以上の価格下落
はあるだろう
4.ペンシルバニア大学教授のスーザン・ウオッチャー教授によると、底打ちの条件は:
4-1.現在住宅在庫は1月の販売ペースだと消化するのに9.5かかりそう、通常ペースで
6ヶ月。
4-2.住宅差し押さえ(新たな在庫の発生)をオバマ750億ドル救済予算で抑制する。

#株価
1.ダウ$6000予想はこれまでもありましたが、$5000がちらほら出ています。
2.過去60年の統計によると、株価SP500ボトムとマクロ指標の(平均的)因果関係は:

             先行期間
対不況(GDP)     4ヶ月
対雇用(失業率?)   9ヶ月  

    
マクロ指標へのマイナス敏感度が米国では急上昇しているように、感じています。
この体感があっているとしたら、株価底打ちのコーナーは見えてくるはずですが・・・??? 

2009/03/09(月) 08:43:19 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
雇用・住宅
チャチャ 様♪

雇用に関しては、予想外?予想以上?の悪化の指標が出ていますが・・・
株価的には、10%失業率までほぼ織り込んだような気も。
(完全な私の妄想ベースです。一応私なりの根拠はあるのですが、かなり怪しい根拠○| ̄|_)

問題というか分からないのは、「住宅」。
月並な見方かもしれませんが、ここが下げ止まらないことには、どうにもならんと思うのですが;;

「止まらないが止まっている二つ」として言われているのが、住宅価格とヘッジファンドの売り。
どちらも「価格が折り合わず、恣意的に売りが止まってる」とか・・・
事の真偽は不明ですが、そんな見方もあります;;

とはいえ、いい加減、下げ相場にも飽きてきました。
株価底打ちのコーナーが、魔のヘアピンコーナーでないことを祈りつつ、ぼちぼち買い場と捉えたいです^^;
2009/03/09(月) 19:35:02 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2733-f1c32048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2