ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


6日の米国株式市場

NYダウ: 6626.94 △32.50
ナスダック: 1293.85 ▼5.74
為替 NY終値: 98.24-98.30

2月雇用統計で非農業部門雇用者数が65万1000人減と、市場予想にほぼ一致したが
失業率は8.1%と前月から0.5ポイント上昇し、雇用者数は過去分が大幅に下方修正。

ダウは週初から約7%下落し、5日は6500ドル台と約12年ぶりの安値を付けており
短期的に売られすぎの水準にあるとして、短期筋を中心に売り方の買い戻しや
値ごろ感を背景とした買いを入れる動きが優勢で、前日比160ドル高のスタート。

ただ、2月米雇用統計で労働市場の悪化が裏付けられ、雇用情勢悪化の長期化に
対する懸念と根強い金融システム不安を受け、午後に入ってからジリジリと値を下げ
ダウは午後遅くには前日比120ドル以上の下落となる場面も。

原油価格が急上昇したことを背景に、エネルギー・素材株が急反発し、引け際に
急速に買い戻されたが、結局ダウは小幅高、ナスダックは2003年3月以来の安値引け。

足元で相次いでいる金融機関の格下げが今後も続き、業績や財務の悪化に
繋がるのでは、との懸念が市場では強まっているとの声が聞かれた。

業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「エネルギー」など五業種が上げた。
半面、「金融」は1.4%下落し、「情報技術(IT)」も下げた。

個別では、原油先物相場の上昇を受けて、エクソンモービルやシェブロンが買われた。
前日夕に発表した決算が市場予想を上回った半導体大手マーベル・テクノロジー
グループが7%高。減配を発表する一方、今年に入って業績が堅調との見方を示した
ウェルズ・ファーゴが6%高。一方、JPモルガンが4%安。バンカメ、シティは売られた。
経営破綻の懸念がくすぶるGMは22%安とダウ平均の構成銘柄で下落率首位。
アナリストが業績見通しを引き下げたアップルが約4%安。

 

日本株式市場

市場間、商品間の相関が薄れており、参考にはならんかもしれないが
ざっくり全体像を掴むという意味で、各市場をテクニカルで見てみると・・・

ドル円相場は、現在98円台前半の取引となっているが・・・

振り返ると、ドルは1月22日の1ドル=87円10銭から強い反発。
新たな上昇に入ったのかどうか、判断が難しいところ。
先ずは、1ドル=99.70円-100.30円の節でピークアウトするかどうか注目か。

普通に考えれば、長期債利回りが株価に先行して上昇することは生じがたいため
金利、ドルの上昇は一時的なもので終わりそうな気はするが(>_<)

金は、980ドルの節目を一旦突破したことで
一段の上昇波動が進行中?

2月20日の1002ドルからの揺り戻しが895ドルまでで一巡するかが当面の焦点。

上海総合指数は既に底を打ち、反騰局面入りに見える。

ただ、短期的には2190pを意識した下値固めのような気はする。
(上海総合のテクニカル分析は、こちらの上から二つ目の記事。)

以下、ご参考までに、日経平均の証券各社下値目途分析。

三菱UFJ証券

89年12月高値(38957円)から98年10月安値(12787円)まで106ヶ月間で67.17%下落。
この日柄と下げ率を00年4月高値(20833円)にリプレイスし、09年2月頃に6838円
(オーバーシュートで6500円)まで下げ、大底を迎える可能性がある。

新光証券

3月中は7000円を若干下回った水準(6800円~6900円程度)が下値となりそうだが
4月以降に7000円を下回った場合では6000円~6500円前後が下値として意識される。


東京市場で寄り付き前の大口成り行き注文:
売り6360万株、買い2180万株、差し引き4180万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3140万株、買い1220万株、差し引き1920万株の大幅売り越し。
売り越しは18営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:17

SQまであと正味三日。
否が応でもヘッジ外さねばならんのだが、外したとたんに下に走りそうで若干怖い。
しかし、6月モノでヘッジ掛け直してから、3月モノ外すほどのこともないような気も。
価格で計り難く、時間で段階的に外していくか、SQに晒して、13日成りで売り直すか・・・
悩ましいところ(-_-;)

10:45
3月5日の前場と比べると本日の値幅も出来高も半分以下。
SQ前だけあって、新規参加者見当たりませんな。
回転も半分以下にした方がよさそうな感じ。

11:08
ロールオーバー中心となりそうだし、クロス連発もありそうだし・・・
よほどの材料で、大きく動かない限り、今日から13日は
基本的には見送り、先物の決済に専念するつもり。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01578.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

パンローリングの「投資のプロが選ぶオススメの一冊」
というコーナーに、Heywardオススメの一冊が掲載されました。
「なんじゃこの値動きは!」と日々絶叫されている方に、特にお勧めの一冊!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2734-f9e13b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2