ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


11日の米国株式市場

NYダウ: 6930.40 △3.91
ナスダック: 1371.64 △13.36
為替 NY終値: 97.22-97.28

ガイトナー米財務長官が前日夜のテレビインタビューで
銀行システムを支援する姿勢を示したとダウ・ジョーンズ通信が伝えたほか
JPモルガンのダイモンCEOが1-2月に利益をあげたと語ったと米CNBCが伝え
ダウは小じっかりと取引を開始し、午前中半ばには前日比90ドル近く上昇した。

ただ、昨日ダウが今年最大の上げ幅を記録した後とあって
利益確定売りに押される銘柄も目立ち、その後はじりじりと値を下げる展開。

前日2ケタの上昇率だった非鉄大手アルコアやGEが軟調で、ダウ平均を押し下げた。
原油先物相場の下落で石油株が売られたほか
格付け会社が格下げを発表したファイザーが下落したことも足かせに。

午後半ばにダウ平均は60ドル近い下落となり、その後一旦反発したが
引けにかけては再び売り直されて、結局小幅高で引けた。

とはいえ、2月上旬以来約1カ月ぶりのダウ続伸。
前日に急伸した金融株は11日も買われ
シティグループが6%高、JPモルガン・チェースも4%超上昇。

業種別S&P500種指数(全十業種)は「金融」や「素材」など六業種が上昇。
「ヘルスケア」や「エネルギー」など四業種が下落。

個別では、シティやJPモルガンのほか、バンカメが上昇。
アナリストが投資判断を引き上げた証券大手のモルガン・スタンレーは8%高と堅調。
アナリストが投資判断を引き上げたヒューレット・パッカードがしっかり。
一方、アナリストが投資判断を引き下げたアメリカン・エキスプレスが下落。
朝方に決算とあわせて発表した売上高見通しが予想以下だった
半導体大手ナショナル・セミコンダクターが軟調。

 

日本株式市場

昨日の大幅上昇で、やや下値不安は後退。

内閣府発表の2008年10―12月期GDP改定値が、速報値からやや上方修正。
「先行きに対する悲観がやや後退している」との声も聞かれる。

しかし、転換線は本日より下降、MACDは陽転を見せているがこれまた下降。
昨日大幅高とはいえ、下降トレンドの中での自律反発にしか見えず、底打ち感はない。

先ずは、5日線(7200処)、-1σ(7220処)、転換線(7275)
これらがサポートとして機能するのか確認してみたい。

また、ここまでの現物指数の月中平均は【7240】となっており
これを下回った場合に、年金買いが入るのかも要確認か。
(逆に言えば、7240↑での年金買い期待は薄いということ;;)

気掛かりな点、上値の重さとなりそうなのは、やや円高傾向か。

3月期末決算に向けて、本邦機関投資家によるリパトリ観測と
FRBによる米国債買い入れ観測から、米国債利回りが低下したことで
ドル売り・円高が、やや進行しているようだ。

09:15
日経225先物mini(6月モノ)、¥7245にてロング。弱め。
上昇する材料も見当たらんが、売り込まれることもなさそうな気がして・・・


東証寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが1億2900万株、買いが1億2490万株、差し引き410万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2030万株、買い1620万株、差し引き410万株の売り越し。
売り越しは21営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:50

新日石、¥450にて買い。

10:22
先ずは転換線の7275チャレンジか。。。まぁ、-1σ割らなければ、よしとしたいところ。
妄想ベースでは、ドル円の96.00円と日経7220-7240円が気になる。

10:36
TOPIX、コア、大型とかなり弱いにもかかわらず、225だけ下げ渋り。
メジャーSQ前日らしい商いというかなんというか...ずいぶん大人の商いらしきものが。

10:45
SQ前日のワリは、3月モノの板が厚い。作為的な買い支えなんでしょうな。。。

11:02
それにしても225だけ妙に強いな。。。
個別では昨日の大幅高帳消し以上の下げっての結構見受けられるのだが。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01591.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
MBA住宅ローン指数・・・マイナー指標だが
3/11発表の週間データ(~3/6週)は少しおやっ、という印象です:

         単週増減%    4週MA増減%
総合指数    +11.3      +4.3
購入指数    + 7.1      +1.8
借換指数    +13.3      +5.4

30年ローン金利は5.14%→4.96%へ低下

総合指数はこれまでも↑トレンドだったのですが、これは借換指数に支えられてのもの。
今回分は購入指数、特に4週MAが上昇している。

あとはオバマ政策の「住宅差押さえ抑制」が効果を出すと、ひょっとするかもしれない。

シクリカルでいうと底打ち一歩半手前にはあるのではないか?という淡い希望です。
2009/03/12(木) 10:33:05 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
好悪入り乱れ^^
チャチャ 様♪

各種指標で、好悪入り乱れ、解釈分かれるものが増えてきているような・・・

底に近いのかどうか分かりませんが・・・
少なくともある種の踊り場なのかなと思えてきました。

>あとはオバマ政策の「住宅差押さえ抑制」が効果を出すと

私もそれ気になっていた処に、丁度三菱のリポートが。

当初の借入額が72万9,750ドル以下のものについて金利を最大2%軽減する策を打ち出しましたが、ローン残高が住宅価値を5%以上超過していないという制限がある反面、所得制限はないため、住宅価格が大きく下落し、住宅をてばなければならない危機的状況にある人は救われずに、裕福な人が救済される策だという不満や批判があるそうです。

これでは住宅価格の下げ抑制効果や消費刺激効果も限定的なので、米国経済の環境改善は見込みにくいことも警戒されています。とのこと(;_;

難癖がつくのは地合いの悪さの象徴ですが・・・
ここまで疑いなく各社から難癖付き捲りを見て、逆らって買いたくなってきてます^^;
2009/03/13(金) 00:15:59 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2746-0c2c1821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2