ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


1月以来のボリンジャーバンド+2σ(7920処)到達!
更なる上昇のためには目先一服を入れて欲しいところ○| ̄|_

(ショートヘッジ持ちの私のためにも一服入れて欲しいところ○| ̄|_)

一目均衡表で見ても、本日、2月9日の大陰線(8210-7850)に
遅行スパンがケツから突っ込んでおり、押し易い恰好。

分かり易い恰好で、分かり易く押してくれた方が、不安も軽減され
売りは利食い易く、買いは押し目を拾い易いというメリットがある!

理想通りに動かないのが相場だが、敢えて理想を語れば・・・
明日か明後日に7600-7800レベルへの押し目を作って
その後横ばい、自然体で遅行スパン上方転換シグナルを発生!

これが一番いいような気がする。

これだと、ある程度過熱感も低下し、上方転換シグナルも無理なく発生
その後過去の実線も下降するため、下方転換し難く理想的な気がする♪

まぁ、理想論というか戯言か。そう上手くいくなら苦労しませんな(-_-メ)


商いを見ていて、少々気になるのは・・・
ダウの直近の強烈な上昇の主役である金融株。

S&P500の金融株指数は先週、なんとビックリの34%の大幅高(゜o゜)

このまま、行き過ぎた金融株売りの反発が継続するなら・・・
2月10日のガイトナー・金融安定化策失望売りの時点の水準
【2月9日8270ドル】まで戻ってもおかしくはない。

(やけに遅行スパンが機能すると思ったら、この2月10日までの動きとの関連か...)

しかし、妙に楽観論が先走っているような気がしないでもない。

野村総研のリチャード・クー氏の解説によると・・・

オバマ大統領の7870億ドルの景気対策の中で、政府支出の拡大が実際に出てくるのは
早くて9月以降と言われており、仮に今後も毎月60万人のペースで失業者が増え続けると
2月~9月の8ヵ月間で480万人が失業することになり、今回の景気対策で想定している
350万人の雇用増を大幅に超えることになり、せっかくの景気対策も焼け石に水とのこと。

また、オバマ政権は、「国有化」という言葉が連想させる社会主義的イメージを嫌い
既に実質的に国有化している銀行があるにも拘わらず、それらを活用して貸し渋りの
解消を進められずにいることも気になる問題だ。

ここまでの上昇は、「売られ過ぎの修正」「期待による楽観」によるものと思うが
後者のインパクトが強過ぎるように見えてならない。

私的には、NYダウ7000-7500処、日経平均7600-8000処で
一旦落ち着いて、一度目に見えるもの(政策や経済指標)を
確認してみた方がいいような気がしている・・・

 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
非科学的アプローチ 株価上昇率vs売買代金移動平均
荒唐無稽なデータ分析です。
各上昇率に注目して下さい。

市場             株価                 売買代金(億円)
       3/17終値 昨年来安値 上昇率%   3/17    25MA  上昇率%

225     7949    7054   12.69   
TOPIX   760.64  700.93   8.52   14307   12721  12.47
東1単純  220.39  203.05   8.54

東2単純  153.82  150.82   1.99    24.21  17.92  35.10
JQ      1005    994     1.07    109.55  88.69 23.52
マザーズ  292.96  269.41   8.74    95.82  84.33  13.63

強引な結論めいたものです。
1.東証1部に関しては、売買代金の上昇率(12,47%)が:
 ? 225に対しては、比例的に「買い圧力」として効いている
 ? 一方、TOPIXと単純平均に対しては、いまだ「売り買い交錯」している
2.売買代金の上昇率が強烈な「売り圧力」として機能しているのは東2とJQ市場で、
 売買代金の急上昇(35%&23%)も株価は低迷している

数学としては比較対象データの整合性はゼロですが、結果は何となく納得も。

順貼りなら225銘柄、逆貼りなら2部と新興銘柄、と言えるか?                                
   
2009/03/18(水) 08:35:58 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
いや、科学的かと^^
チャチャ 様♪

株価は(板次第、薄商い攻めで)ごまかせても、出来高はごまかせませんからね^^
対数値で検証はスタンダードではないかもしれませんが、理論的な見方と私は思います。

売買代金私も気にしてみてました。
>順貼りなら225銘柄
同感です!

ただこれまでの需給、積み上がりの薄さを考えると、簡単にバイイングクライマックスになりそうなのがちょっと怖かったりします><
2009/03/18(水) 21:59:14 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2761-38a2e88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2