ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


サブプライム暴落、モノライン暴落、大手証券会社の破綻暴落
政府系住宅金融公社危機暴落、金融危機パニック・・・

これらの一連の流れを1年半以上見せつけられてきた結果
株価上昇を素直に好感できず、常に懐疑的に
しかも、好材料には難癖をつける習性が身についてしまった。

私だけかと思いきや、個人も機関も大方がそんな心理・状態にあるらしく
買いは膨らまず、売りが膨らみ、需給は良化の一途。

今回も、実体経済の悪化に伴う「損失拡大が商業用不動産ローンや
消費者金融ローンに急速に波及しつつある」ことを市場は再認識しつつも
売りが膨らまず、買い残も少なく売りが出ず・・・
終わってみれば、またも踏まされて引けるという日中の状況。

本日前場は、大口で売った一部の主体が存在したと見られていたが
外資が1社で大量に売ってくるようなパターンとの市場の見方通り
その先物売りが一巡すると、現物の切り返しに追随するように値を戻して引けた。

またかの展開が続いており、買い方は安心・売り方は疲労困憊といった感じだ。

一旦調整すると思っているムキ(私みたいな輩(>_<))は
少し上がり始めると、「ふーん、やっぱり強いのね」
少し下がり始めると、「そりゃそうだわな」と思ってしまう癖がついている。

株価の短期的な変動に一喜一憂するほど子供ではないが・・・
1年半見せつけられた(目の当たりにした)危機と暴落の印象は根強い。

こういう時に、こういう心理状態で、ロング・ショートを頻繁に入れ替えると
大抵の場合(私の場合)往復ビンタを喰らう。

こういう時は、上げで取るのか、下げで取るのか、どちらか一方で対処した方が
金銭的にも、精神的にも、負けたとしてもダメージが限定され易い。

4月に入って、毎日売り馬鹿と化しているが
ポジションを頻繁に入れ替えるよりは、レンジを分割して
このレンジは買い、このレンジは売りと、自身のシナリオに従い、売買していきたいと思う。

この方が、少なくとも(私の場合、過去の経験からは)致命傷は喰らい難い。
ただ(過去の経験則から)パフォーマンスは上がり難いという難点もあるのだが(^^ゞ

 

今度こそ調整か!と思いきや、またダマシ!?

ニューロマンティック(←死語)の雄スパンダーバレー!
演歌にも聞えるそのメロディー、魂の叫びかとも思えるそのボーカル

時代、ジャンル共にDURAN2と比べられるが、終始地味に活動を続け
ソロになってドサ回りもし、その後の消息不明のトニーハドリー・・・

うーん、演歌だ。いや懐メロか。。。

なんじゃこりゃの値動きに心疲れた人に・・・
HOW MANY LIES by SPANDAU BALLET を贈ります。

How many lies must we tell?
How many lies must we see?

How many times must we say, "it's for the best?
And leave truth as the casualty?

How many times must we say, "it's for the best?
And leave nothing, yeah...

 
懐かし(いにしえ)の洋楽に興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
ダウー225雑感
ここ数日で気付いたことをいくつか:
?超短期の市場温度
?ダウと225のさやの変化
?ダウ$200超下落日のその後の推移

#超短期の市場温度(4/15-21の統計比較)

      騰落レシオ5日  新値レシオ5日   乖離25   5MA~25MA乖離(差)
NYSE   151.79     0.79      +2.06%    +203
東証     83.56     3.26      +1.55%    +214

    新値レシオ=新高値数÷新安値数  NYSEは52週、東証は年初来

1.5日騰落レシオに注目
2.(多分)NYSEは全体の底上げによる高値圏、東証は業種循環による高値圏
3.新値レシオはNYSEの52週基準が不利に働いている

#ダウと225のさやの変化(日付はNY基点にしてある)

         さや    ドル円
4-08    1079   100.05
4-09     881   100.43
4-13     785    99.71
4-14     823    98.41
4-15     726    98.62
4-16     782    99.37
4-17     794    98.89
4-20     869    98.17

1.円安に動くとさやは拡大、円高に動くとさやは縮小する
2、昨日4/21(上表では4-20)は円高に動いたが、さやは前日比+75、Why?
 ?ポジティブに考えると、225の先高感
 ?ネガティブに捉えると、225のオーバーシュート

#ダウ$200超下落日のその後
1.2009年に入って$200超の下落は直近4/20を含め、11回ある
2.4/20を除いた過去10回の内訳は:
     
      パターン       回数
    A.翌日のみ上昇      5
    B.2日以上の続落     3
    C.2日以上の連騰     1
    D.上げー下げ        1

3.昨晩4/21のダウは上昇しましたので、上表のAとCの推移を見ます(+-表示のみ):

      下落当日N  N+1   N+2   N+3   N+4   N+5    コメント
1-20  ▼332   +279 ▼106 ▼ 45 + 39  + 58  短期上昇へ
2-10  ▼382   + 50 ▼  7 ▼ 82 ▼298  +  3  下落トレンドへ
2-17  ▼298   +  3 ▼ 90 ▼100 ▼251(次の2/23へ)
2-23  ▼251   +236 ▼ 80 ▼ 88 ▼120  ▼299  下落トレンド継続
3-05  ▼282   + 32 ▼ 79 +379 +  4  +240  底打ち反転
3-30  ▼254   + 86 +153 +217 + 40  ▼ 42  高値もみあいへ

4-20  ▼289   +127  ??????????????

1.アノマリーは見つからなかったが
2.条件は無視して機械的に見ると、N;+2日は反落確率が高いが・・・  
  


2009/04/22(水) 08:36:18 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
ロングorショート
オオフクビンタに共感です。
見計らった様に、方向が逆に向きロスカットするんだけど、また風向きが変わる(・◇・)?
結局、抜けず終い
(・_・;)
誰でも一度や二度経験有るんでしょうね。
100年に1度の不況が表面に浮き彫りされるには1~2年必要かもしれませんね(^_^;)
2009/04/22(水) 16:04:06 | URL | 劇団ひとみ #-[ 編集]
詳細データ、検証ありがとうございます
チャチャ 様♪

一昨日のNYダウの下落。
290ドルという下げ幅も印象的でしたが、それが出た材料と、それが出た位置も結構インパクト大きいと思っていましたが・・・
翌日のNYも本日の東京も崩れるでもなく、センチメントも悪化せず。

頂いたデータを見ても、一日だけ下に値幅が出てもその後も下げるという感じでもないようで^^

妙な鞘も、かなりの過熱感もあるんですが・・・
歴史的な危機からの、歴史的な切り返しで、なんとも判断が難しいと、日々唸るのみです><
2009/04/22(水) 21:16:20 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
負けている時は・・・
劇団ひとみ 様♪

負けている時=読みが悪い時。
そんな時に頻繁にポジション入れ替えても、ボコボコにされるだけ^^;(私がそうでしたw)
一度二度どころか、数十回だったりして。

そんなときは、大人しく見送るか、無理のない資金で一定方向に張り続け、相場と自身の相場感の回復を待ち、計る・・・
経験則から、そうなりました^^;
2009/04/22(水) 21:21:47 | URL | to 劇団ひとみ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2856-2bda00be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2