ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


21日の米国株式市場

NYダウ: 7969.56 △127.83
ナスダック: 1643.85 △35.64
為替 NY終値: 98.69-98.75

IMFが、「2010年末までに世界の金融機関の損失は4.1兆ドルに達する可能性がある」
とのレポートを発表。

キャタピラーが四半期業績は16年ぶりの赤字となり収益見通しの引き下げを
発表したことなどが先行きの企業業績への懸念を誘い、メルクも本年収益見通しを
下方修正し、USバンコープやリージョンズ・フィナンシャル等の地銀の決算も
大方が大幅減益ないし赤字転落となり、朝方は売り優勢だった。

しかし、ガイトナー財務長官の発言をきっかけに
前日に大幅安となった金融株を中心に買い戻しが優勢に。

ガイトナー長官は議会証言で「大部分の銀行は必要以上の資本を備えている」と述べ
米銀大手の四半期決算の内容などを受けて、足元で強まっていた
ストレステストの結果に対する警戒感がやや後退し金融株が買われた。
前日に下げが目立った素材や一般産業株などにも買い戻しが広がった。

ガイトナー発言前は、バンカメやシティグループなど金融株への売りが続いていた。

業種別S&P500種株価指数では全十種のうち、「ヘルスケア」を除く九種が上昇。
8%高となった「金融」の上げが目立った。

個別では、シティは10%、バンカメとJPモルガン・チェースは9%超上昇。
公的資金返済の意向を示した地銀大手USバンコープが21%高。
キャタピラーは朝安後、相場上昇につれ買われ3%高で終えた。
一株利益が市場予想を上回った化学大手デュポンは約5%上昇。
決算と併せて業績見通しの据え置きを発表したユナイテッド・テクノロジーズも高い。
前日夕に発表した決算で売上高が市場予想を下回ったIBMは1.8%高で終えた。
一方、決算で一株利益が市場予想を下回った製薬大手のメルクは6%超下落。
売上高が市場予想を下回ったコカ・コーラも安い。

尚、引け後に発表されたクレジットカード中堅キャピタルワンの決算は
市場予想を上回る赤字を計上、時間外取引で株価は本日終値比7%程度下落。

また、ガイトナーが、ストレステスト後の資本増強の方法について
各金融機関に多くのオプションがある(公的資金注入、民間調達
既存の優先株の普通株への転換等)と述べたと報じられている。

 

日本株式市場

昨日は日中、終始危なげない底堅さを見せ、引けピン。
しかし、日中高値(終値)の8770円は、大引けラスト2秒で2600枚超の商いをこなして
強引につけた格好で、このラストの成行き買いはアルゴリズムによる注文との観測も。

NYダウ127ドル高を受けて日経225先物が安めで寄り付いたのは、この反動か。

21日の米株はガイトナー発言を受けて反発を見せたが・・・

バンクオブアメリカ、シティグループ、JPモルガンチェース、の米大手3銀行が
計上した損失を合計すると352億ドルで、前期(10-12月)の440億ドルから縮小。

これは、損失計上のピークが過ぎたという意味では明るい動きで
金融機関全体でみても損失計上が1-3月から減少する可能性があると好感できる。

しかし、440億ドルから352億ドルの損失へ減少ということは・・・
時価会計基準緩和の恩恵(と言われている)20%減と、ほぼビタビタの数字。
そう見ると、金融機関の損失計上は1-3月から、なんら改善していないとも見られる。
(それ以前に、損失額自体が不透明で、「正しいのか?」との疑念も...)

こういう慎重な見方が、また上値を重くし
こういう穿った見方が、空売りを誘い、需給が良化し底堅いという
今月の毎度の「重い・堅い」という展開に繋がるんでしょうな(-_-;)

それにしても、昨日はどこぞのブログのガセ?ネタで急落。
本日はガイトナーの口先で急反発。
なんだかなぁですな(-_-;)
 

寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが3940万株、買いが4070万株、130万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1980万株、買い1470万株、差し引き510万株の売り越し。
売り越しは8営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:49

5日線(8840処)と25日線(8600処)に挟まれ、方向感喪失気味。

09:58
イブ並みの閑散。。。これでは手の打ちようがない(^^ゞ

10:26
現物が主導している所為か分からんが・・・
指数先物が上も下も節目も試さず、マーケットプロファイルも機能せず
手掛け難くなってきている気がする。

10:45
商いは腐り気味、上昇は鈍化傾向。でも軟化しないんだよなぁ。。。
これが循環物色、日柄調整というものなんでしょうな。

11:02
買い方にとっては不安のない下げ、売り方にとっては期待のない下げ。
んな感じで、前引け段階での日経225先物3万枚、ド閑散なのか。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01726.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
米 民間調査統計4/21
連休意識もあるのでしょうか?買いは大きく背中を押してもらわないと金縛り、売りはチョットだけでも走ってしまうかもしれません。

昨晩の米国は経済指標の発表はなし、ダウ銘柄の減益決算が続々発表されています。
きちんとは把握していませんが、SP500のPERは60倍を超えてきたと思います。

1.ABCニュース 消費者信頼感指数(週ベース)・・・上昇

       指数   米経済  家計  購買環境
4-19  -47     7    48    25
4-11  -51     5    46    22
4-05  -50     7    45    23
3-29  -49    46    46    24

2.レッドブック大規模小売店売上高指数(週ベース)・・・上昇

4月第1週+第2週
  前月比   +1.5%
  前年比   +0.5%

    *4月の個人消費は強い可能性が出てきたようです*
2009/04/22(水) 10:59:54 | URL | チャチャ #-[ 編集]
個人消費
チャチャ 様♪

強過ぎ^^
株価の上昇ですっかり安心感、浪費癖復活!って感じなんでしょうか。

普通に考えると、雇用が悪化している状況で、購買意欲が刺激されるとは考え難いのですが・・・・
4-6月期は経済対策が実施(実行)されますし、更に消費改善するんでしょうね。。。
2009/04/22(水) 21:25:44 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2857-4139f72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2