ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


6日の米国株式市場

ダウ平均: 8512.28 △101.63
ナスダック: 1759.10 △4.98
為替 NY終値: 98.28-98.34

朝方発表されたADP雇用調査によると、4月の民間雇用削減数は
エコノミストの事前予想より大幅に少ない結果となった。

前日、金融監督当局から各行がストレス・テストの結果通知を受けたが
米政府のストレステストの結果が懸念したほど厳しいものにならないと受け止められ
金融株中心に買いが広がり、ダウ平均は前日比100ドル近い上昇で始まった。

その後は利益確定の売りに押されて、一旦前日終値近傍まで値を下げたが
午後半ばには100ドル以上の上昇となり、一旦上げ渋った後
引けにかけて再び上昇。結局本日の高値圏での引けとなった。

ダウ平均が終値で8500ドル台を回復するのは1月以来。
S&P500種株価指数の終値も、1月以来の高値で終えている。

業種別S&P500種指数では、金融やエネルギー、一般産業など八業種が上昇。
ヘルスケアと公益が下落。

個別では、米政府がバンカメに対し、約340億ドルの資本不足を指摘と米紙が報じたが
公的資金と引き換えに米政府が受け入れた優先株の普通株への転換や
資産売却等で対応可能な金額と受け止められ、バンカメが17%高と急伸。
シティグループやウェルズ・ファーゴなど資本不足が報じられた
大手金融機関は軒並み二ケタの上昇率となった(゜o゜)

金融株では資本増強の必要がない見通しと報じられたアメックスがしっかり。
前日夕に発表した四半期決算で特別項目を除く一株利益が市場予想を上回った
映画・娯楽大手ウォルト・ディズニーが11%高と堅調。
一方、前日夕発表の四半期決算で一株損失が予想より多かった住宅建設の
パルト・ホームズがさえない。7日に四半期決算発表を控えるGMが大きく下げた。

短期金融市場をみると、3ヶ月ドルLiborは史上最低の水準まで低下している。

 

日本株式市場

5月SQ前日に4月SQ値9140越え(^_-)-☆

一ヶ月間抜くに抜けなかったこのレベルを、GW明けGUでアッサリ上抜いた。
このレベルには、1月8日に空けた窓の埋め残し(9100-9110円)もあったため
今後、サポートとして期待されそう。

日経平均9325(1月7日現物高値)↑には、さしたる上値目途もなく
先ずはボリバン+3σ(現物9475処)とバンドの拡大を意識する展開か。

ファンダメンタルズも糞もない展開だが、一応、これまでの決算を見てみると

5月1日までに決算発表を終えた3月期決算企業で、連続比較が可能な397社
(金融、新興3市場を含む、一部は日経予想)を集計すると・・・

無配転落を含めて減配は、全体の41%を占める。
増配or復配が9%、無配継続が4%、残りの46%は配当を据え置く見通し。

これでは、機関投資家としては、買い難いところと思われるが・・・
買い戻しが未だ続いており、下値には天文学的と言っていいほどの
公的資金が控え、崩れるような展開も想定し難い。

かといって、個人投資家以外に上値を買う主体も見当たらず
このまま一気の上昇も想定し難い。
4月SQ値→本日(明日SQ)と見れば、一ヶ月で350円程度しか上昇していないのだ。

上への流れに乗った方がいいのか、見送った方がいいのか・・・
なんとも悩ましいところですな(-_-;)

09:08
日経225先物mini、¥9390にてショート。
売るべきではなさそうと思いつつも、当初のプランに従い売ってみた。
これで、第二弾目のショート終了。。。

寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが3760万株、買いが1億610万株で6850万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2200万株、買い5140万株、差し引き2940万株の大幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:55

上値目途としては、昨年11月高値の9521円ってのもあるんですな。
この数字と現在の水準をどう見るか・・・
半年かけて戻し切れずと見れるし、半年かけて底を確認したとも見れますな。

10:15
5月1日に剥げ落ちなかった御化粧、未だしっかり。粉吹いているようで気持ち悪い。
一方、売り方は泡吹いて踏んでいて、これまた気持ち悪い。どっちもどっちか(^^ゞ

10:25
勢いと流れに乗る買いは出来ても、売りは完全に手掛かり不足って感じが。
敢えて(強引に)売りの手掛かりを探せば、ドル円がミニ三尊気味ってことぐらいか。

10:43
節目とされる9300-9500レベル。
この上だと、12000レベルまで、これという節目も見当たらぬ真空地帯。
劇的に景気回復すれば、ありなのかもしれんが。。。

11:02
日経225先物は、前場値幅60円で引け、3.2万枚と積極的な商いは見えず。
一方、現物は活況。本日も現物主導といった印象。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01772.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
日米 乖離率比較
米国は連続、日本は連休明けの非連続ですので、整合性にやや難がありますが、比較です:

 NYダウ       5/6終値 $8512
 日経225現物   5/7前場 ¥9379


          ダウ%      225%
5MA       1.99      5.61
25MA      5.67      7.15
50MA     11.39     14.35

100MA     7.05     13.89
200MA    ▼5.79     ▼2.67


短期も中長期も225がだいぶリードしています 
単独で見て気になるのは、ダウの50MA、225の200MA・・・スピード出し過ぎの感 

前場でのダウ/225現物のさやは870、ドル円を踏まえるとやや開きすぎの感
→今晩のダウは上昇と見ているのでしょうが     
2009/05/07(木) 12:18:26 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
先行逃げ切りを図る225
チャチャ 様♪

好位につけ、虎視眈眈と仕掛けどころを計り、直線一気を狙うNYダウ。
んな感じでしょうか^^;

御指摘の200MAがチャート上の最後のハードルでしょうか。
よほど上げない限り下向き継続ですし、過去数年レジスタンス機能してますし。
200MAは気になりますね。
2009/05/07(木) 22:47:46 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2885-cf547261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2