ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


4月30日のダウ平均は8168ドル。昨日5月6日は8512ドル。
日本のゴールデンウィーク中に4.2%の上昇を見せた。
そして本日の日経平均は4.55%の上昇。キッチリ計った様に上げた格好。

これで三月(仮定)底からの最大のターゲット9300-9400円到達!
(9300:1月7日高値水準、9400:昨年10月27日7162→11月5日9521の
上げ幅2359を、3月10日7054から同値幅上昇させた水準。)

一旦は戻り売りが増えるのかもしれんが・・・
日経平均はパラボリック、MACDが好転し、上昇トレンド入りを示唆。
先ずは、昨年11月高値の9521円を目指すと見るのが無難か。

そしてこの9521円を終値で上回ると、出来高の真空地帯に突入\(゜ロ\)(/ロ゜)/
この場合、昨年6月高値~10月安値の下落に対する38.2%戻りの9900円意識!?

というか、9521↑のレベルは、これぞというレジスタンスが12000レベルまで見当たらん。
売り方は、本日のレベルまでの上昇は想定の範囲内も、9521↑はかなり厳しそうだ。
(他人事のように書いているが、私としても9521↑はかなりグッとくる○| ̄|_)


ところで明日はオプションSQ。明日のSQも起点となるのか!?

これまでを振り返れば・・・

3月10日、日経225先物(6月モノ)は6960を付けた。

3月13日、SQ値は7491円。日経225先物終値は7510円で、これを上回り、上昇が加速。

4月10日高値9100円。終値8970円。SQ値は9140円。
幻のSQ値となってしまい、ここから約一ヶ月間上値を抑えられた。

5月7日、ゴールデンウィーク明け大幅ギャップアップで、4月の幻のSQ値を明確に上抜け。

そして明日が、5月オプションSQ。

こうしてみると、SQサイクル(1ヶ月サイクル)で
反転・上昇加速・レジスタンスと綺麗に回っている印象。

分解してザックリ値動きを見ても・・・
3月SQ~4月SQ: 指数先物は約30%の急騰。
4月SQ~5月SQ前々日: 停滞。上値追い無し、下値不安なし。
5月SQ前日(本日): 約350円ギャップアップし、上値抵抗ブレイク。
5月SQ(明日): ?

尚、今年は1月限から4月限まで4連続で前日比プラスのSQ値が付いている。
アノマリーとはいえ、気になるところ。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
気になるマイナー・テクニカル指標
日経225、残るは11月高値と200日MA、だが、気になるマイナー指標もいくつか見られる。

NYダウ&NYSE
1.52週高値銘柄数ー安値銘柄数
 08年9月19日を最後に高値銘柄数が安値銘柄数を上回っていない

          終値    高値銘柄数   安値銘柄数
   5-01  8212      18        57
   5-04  8427      33        84
   5-05  8410      21        65
   5-06  8512      35        90
   5-07  8410      27        79

 いかに株価位置が低いとはいえ、上昇相場で高値銘柄数>安値銘柄数が一日も
 実現しないのは不可解 → 裏返すとコレクションがあってもおかしくない

2.RCI13(日足)
 5月6日($8512)のRCI13は97.53で年初来高位置(多分、昨年来高位置)

 RCIと株価は必ずしもリアル・タイムでは連動しないが、確率論ではRCI頂点で株価下落、
 RCI大底で株価上昇になるが・・・

日経225&東証
1.年初来高値銘柄数ー安値銘柄数
 昨日5月7日は高値165/安値11で差が150超は新年度に入ってから2度目

          終値    高値銘柄数   安値銘柄数
   4-13  8924      183       18      株価は4/28@8494へ調整
   5-07  9386      165       11      どうなるか?

2.乖離率25
 日経225の昨日5月7日の乖離は7.22%、一方東証1部単純平均は3.09%
 解釈は二つ・・・一つは単純平均が出遅れておりこれから中低位株が上昇してくる
 もう一つは225銘柄が事情によりオーバーシュートしてしまった


景気回復を示す経済指標(&米国では予想よりは良い企業業績)に支えられての健全な株価上昇、といわれているが、金融と経済はまだ止血が成功したレベル、という見方も可能と思うがどうなるのでしょう?
             
2009/05/08(金) 08:24:31 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
なるほど!そういう見方も!
チャチャ 様♪

株価爆上げも、高値安値銘柄数やRCIは結構忠実に動いているんですね。

>金融と経済はまだ止血が成功したレベル、という見方も

複雑骨折を、財政出動という名の強固なギブスを付けて歩いているイメージが^^;
歩けるけど、痛みはあり、リハビリも必要で、走れるのはまだ先って感じでしょうか。
2009/05/08(金) 13:28:52 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2888-e56d343a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2