ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


今週は決算発表がピークを迎える。予定されている社数では
11日が217、12日が267、13日が298、14日が396、15日が802社。

4月30日の日銀金融政策決定会合では、政策金利は据え置きとなった。同日発表の
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)では2009年度実質GDP見通し(中央値)が
-3.1%に下方修正された(1月中間評価では-2.0%)。4月27日には政府経済見通しで
2009年度の実質GDP成長率見通しが、ゼロから-3.3%に大幅下方修正されている。

日本の1-3月期GDP1次速報が、5月20日に発表される。経済企画協会の民間
エコノミスト調査予想は前期比年率-12.76%、一部メディアが伝える予想では
前期比年率-16.6%であり、10-12月期2次速報-12.1%から一段と悪化する
との見方が、今週後半辺りから織り込まれてゆく可能性に注意が必要になる。

株価に上への勢いがついて、これまで全ての悪材料を織り込み済みとしてきたが・・・
今週はイベント的に、多少なりとも企業業績、実体経済(景気)に目が向くのでは。


11(月)

【国内】
4月新車販売台数
4月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
マルハニチロHD、日特建、住友電設、ミクシィ、NECフィール、ゲオ、ハウス食品
スタートトゥ、帝人、東レ、住友化、保土谷化、三井化、宇部興、電通、大日住薬
武田、日本ケミファ、沢井薬、ラウンドワン、サイバーCOM、洋ゴム、日製鋼、JBR
三菱マ、DOWA、フジクラ、洋シャッター、リンナイ、住友重機、アイホン、GMO
NECエレク、日無線、日電波、クラリオン、ウシオ電機、ローム、いすゞ、スズキ
大日スクリーン、エフピコ、クリナップ、ユニシス、稲畑産業、モスフード、ケーズHD
プロミス、ジャックス、オリコ、山九、住友倉、セコム、松屋フーズ、ホシザキ電機

【海外】
プーチン露首相訪日(~13日)
バーナンキFRB議長講演

BIS中央銀行総裁会議
中国4月消費者物価指数
中国4月工業品出荷価格指数
OECD3月景気先行指数(19:00)
《決算発表》
キング・ファーマシューティカルズ、フルアー


12(火)

【国内】
3月景気動向指数(14:00/先行:77.0、一致:85.8)
4月携帯電話純増数
《株式分割》(権利付最終売買日)
ダイヤD
《株主総会》
キリン堂、ファンタジー、MV西日本、イオンクレ
《決算発表》
きんでん、日揮、森永製菓、宝HD、アルフレッサHD、ニチレイ、三越伊勢丹HD
富士紡HD、旭化成、レンゴー、東ソー、トクヤマ、大日精化、三菱ケミHD、ヤマハ発動
アミューズ、科研薬、第一三共、USS、CCC、タカラバイオ、浜ゴム、大平金
リョービ、日東工器、ダイキン工業、キトー、日本精工、ユーシン、日立、エルピーダ
NEC、沖電気、NECトーキン、カシオ、日産自、日産車体、カヤバ工、マツダ
愛知機、タカタ、ワタミ、Uアローズ、島津製、オリンパス、シチズンHD、近ツーリスト
タカラトミー、凸版印刷、写真印刷、アイフル、三菱UFJリース、住友不、日本航空
NTTデータ、ドワンゴ、浜松ホトニクス、ケネディクス、トレンドマイクロ

【海外】
日露首脳会談
中国4月貿易統計
米3月貿易収支(21:30/-292億ドル)
米エネルギー省によれば、3月のWTI原油価格は前月比+23%ほどの上昇で、原油輸入の
増加を主因に赤字は拡大見込み。コンセンサス予想でも悪化(拡大)リスクがある。
また、今後「芽吹き」の動きが広がり米国内需が相対的に強く回復するなら
赤字の改善トレンドが止まってしまうリスクにも留意。
前回2月分は-259.7億ドル(予想-360億ドル、1月-362億ドル←-360億ドル)。

《決算発表》
BMCソフトウエア、MBIA、アプライド・マテリアルズ


13(水)

【国内】
3月国際収支(8:50/経常収支:1兆2084億円)
4月貸出・資金吸収動向(8:50)
4月マネーストック(8:50/M2前年比2.3%)
4月企業倒産件数(13:00)
4月景気ウォッチャー調査(14:00)
《イベント》
第18回ソフトウェア開発環境展(東京ビッグサイト~15日)
第14回データウェアハウス&CRMEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第12回組み込みシステム開発技術展(東京ビッグサイト~15日)
第11回データストレージEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第6回情報セキュリティEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第4回RFIDソリューションEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第3回ダイレクトマーケティングEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第3回Web2.0マーケティングEXPO(東京ビッグサイト~15日)
第1回グリーンITEXPO(東京ビッグサイト~15日)
《株主総会》
チェルト、鈴丹、イオンモール、セキチュー
《決算発表》
国際帝石、コムシスHD、前田建、大和ハウス、日空調、タケエイ、雪印乳業、NTT
ヤクルト本社、丸大食品、アイロムHD、ngi、ダイワボウ、三菱レ、セーレン
キーウェア、ダイセル、アステラス、テルモ、大日塗料、太陽インキ、もしもし
伊藤忠 テクノ、マンダム、鬼怒川ゴム、東邦亜鉛、日伸銅、クボタ、荏原、千代建
オルガノ、フジテック、SANKYO、サンデン、セガサミーHD、NTN、明電舎
ナナオ、パイオニア、ヒロセ電機、船井電機、日立船、NOK、ニコン、日本バルカー
紙パルプ商、岩谷産業、横浜銀、NIS、ゴールドクレスト、バンテック、東京放送HD
富士ソフト、朝日インテック、メディビック、アグロカネショウ、アサツーディケイ

【海外】
カンヌ国際映画祭(フランス~24日)

米4月月次財政収支(3:00/-630億ドル)
税収など歳入の趨勢的落ち込み、歳出の顕著な拡大傾向は当面不変とみられ
コンセンサス予想には悪化リスクがある。08年4月は+1592.8億ドル。
前回3月分は-1922.7億ドル(予想-1550億ドル、08年3月-482億ドル)3月で過去最大。

米5月ABC消費者信頼感指数(6:00)
米5月MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米4月輸入物価指数(21:30/前月比0.4%)

米4月小売売上高(21:30/-0.1%)
4月小売売上のうち、ICSC(国際チェーンストア協会)調べの既存店売上は、3月
前年比-2.1%→4月+0.7%へ顕著に回復(主因はイースター休暇のカレンダー上の配置
4月へのずれ込みとみられる)。一方、自動車販売は季調済み年率で前月比-5.5%もの
落ち込み。これらからは、全体は増加、上振れリスクがあり、コア(除く自動車)は
大幅な上振れが考えられる。ただし、当初の反応後はイースター要因として市場が
慎重にみていくリスクもある。前回3月分は前月比-1.1%
(予想+0.3%、2月+0.3%←-0.1%)、前年比-9.4%、「自動車除く」は前月比-0.9%
(予想+0.0%、2月+1.0%←+0.7%)、前年比-6.0%。

米3月企業在庫(23:00/-1.1%)
《決算発表》
DrPepperSnappleGroupInc、ホールフーズ・マーケット、メーシーズ


14(木)

【国内】
《イベント》
富士通フォーラム2009(東京国際フォーラム~15日)
《株主総会》
パレモ、ジンズメイト、オークワ、イオン、平和堂、乃村工、アークランド、マルヤ
《決算発表》
石油資源開発、住友林業、日清製粉、三井糖、カカクコム、博報堂DY、Jオイル
日清食品HD、マツモトキヨシ、王子紙、大陽日酸、チタン工、TAC、エーザイ
ツムラ、そーせい、フジメディアHD、コニカミノルタ、AOCHD、住阪セメント
黒崎播磨、住軽金、住友電工、アーレスティ、東理HD、不二サッシ、ユニプレス
ツガミ、アイダエンジ、TOWA、椿本チエイン、ダイコク電機、日東工業、GSユアサ
日本信号、ソニー、三洋電機、自動車部品、カルソカンセイ、パラマウント、サンリオ
武富士、アコム、ソニーFH、大京、日神不動産、日テレ、Eアクセス、コナミ、ひらまつ

【海外】
アジア欧州会議教育担当相会合(ベトナム~15日)

米4月生産者物価指数(21:30/前月比0.1%)
全体については、ガソリン価格の上昇が(季節調整前で)前月比+4.5%であるが
4月のPPIのガソリンの季節調整係数は10%内外もの押し下げに働き、ガソリンは
前月同様、生産者物価にはマイナス寄与。その他の財もこと最終財については
需要の弱さから下押しに働きやすいとみられる。したがってコンセンサス予想には
下振れリスクがある。前回3月分は前月比-1.2%(予想+0.0%、2月+0.1%)
前年比-3.5%(予想-2.2%、2月-1.3%)、コアは前月比0.0%(予想+0.1%
2月+0.2%)、前年比+3.8%(予想+4.0%、2月+4.0%)。

米5月新規失業保険申請件数(21:30)
《決算発表》
CA、コンピュウェア、コールズ、ウォルマート・ストアーズ


15(金)

【国内】
省エネ家電の購入に付与される「エコポイント」の適用開始

3月機械受注(8:50/前月比-4.8%)
3月は一部参考指標の前年比の下落は強弱混在であり、機械受注のコンセンサス予想の
リスクでは上下均等か。また、注目される内訳項目の海外受注は、3月以降、中国PMIの
拡大転換、米ISMの下げ止まりなどから、改善する可能性がある。
前回2月分は前月比+1.4%(予想-6.9%、1月-3.2%)
製造業からの機械受注:前月比-8.1%、非製造業からの機械受注:前月比+3.3%

4月企業物価指数(8:50/前月比0.1%)
《株主総会》
ツヴァイ、ダイユーエイト、モリシタ、瑞光、サンワドー、サンデー、ブルーグラ
ス、タカチュー、さが美、しまむら
《決算発表》
日水、中外鉱、省電舎、ミサワホーム、大林組、清水建、鹿島、高砂熱学、大気社
森永乳業、風力開発、アルコニックス、ユニチカ、ブックオフ、日産化学、日本曹達
セ硝子、エア・ウォーター、日本パーカライ、持田薬、ダスキン、WOWOW
太平洋セメ、日軽金、昭和電線、横河ブHD、ディスコ、化工機、シルバー精工
帝ピストン、富士電機HD、パナソニック、ミツミ電機、コロムビアME、横河電機
トピー工、フタバ産業、プレス工、メディセオパルタック、メガネトップ、安楽亭
ノーリツ鋼機、フランスベッド、エイベックス、大日印、ゴールドウイン、AOKIHD
丸井G、クレセゾン、りそなHD、三井住友、住友信託、みずほFG、レオパレス21
東急、トナミHD、セイノーHD、テレビ東京、学研、共立メンテ、吉本興業
帝国ホテル、CSKHD、オートバックス、ミスミG、サンドラッグ、ホソカワミクロン
LINK&M、東ゼネ、リサ・パートナーズ

【海外】
世界経済フォーラム中東会合(ヨルダン~17日)
ユーロ圏1-3月期GDP(18:00)

米5月NY連銀製造業景気指数(21:30/-15)
特定地域のものだが、5月の最初の製造業景況感であり、また「芽吹き」を正しく
捉えていただけに注目される。先行性のある内訳の新規受注DIは、3月にほぼ水面を
回復するほどの急伸しており、5月のNY連銀指数にも改善、上振れリスクを秘める。
前回4月分は-14.65(予想-35.00、3月-38.23)

米4月消費者物価指数(21:30/前月比0.0%)
全体は、ガソリンが前月比+4.5%のところ、CPIの季節調整係数は8%強の押し下げ。
ただ、CPIにおけるガソリンのウェイトはPPIほど大きくなく、押し下げ効果も小幅。
むしろ、その他の財やCPIの最大項目の住居関連費用がどう寄与してくるかが大きい。
その他の財は、今月はイースターの配置があり、やや波乱要因。住居関連は順当には
トレンド的な下押しが働きやすい。ならせば、コンセンサス予想程度か。
前回3月分は、前月比-0.1%(予想+0.1%、2月+0.4%)
前年比-0.4%(予想-0.1%、2月+0.2%)、コアが前月比+0.2%
(予想+0.1%、2月+0.2%)、前年比+1.8%(予想+1.7%、2月+1.8%)。

米4月鉱工業生産指数(22:15/-0.6%)
米4月設備稼働率(22:15/68.9%)

4月に生産圧縮幅が縮小したのはISM等から推測でき、コンセンサス並みと現時点では
見ておいてよいだろう。しかし、雇用統計次第でコンセンサス予想などは大きく変わる
可能性がある。前回3月分は鉱工業生産が前月比-1.5%(予想-0.9%、2月-1.5%)
前年比-12.8%、設備稼働率が69.3%(予想69.6%、2月70.3%)。

米5月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00/65)
ガソリンはまずは安定、株価堅調、4月の改定傾向からも5月速報には上振れリスクが。
但し、新型インフルエンザのマイナス・インパクトが出てくる可能性が多少はあること
に留意。前回4月分は速報値:61.9(予想58.5、3月57.3)、確報値65.1。

《決算発表》
アジレント・テクノロジー、アバークロンビーアンドフィッチ、JCペニー
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2892-8e574bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
スマート・ユビキタスネット社会の実現へ――ICT政策の現 ... ... (文中に述べた意見は筆者の個人的見解です) 日本はICT先進国か? 今年3月、「ダボス会議」で知られる世界経済フォーラム(WEF)はICT分野の国際競争力ランキング(The Global Information...
2009/07/10(金) 10:39:55 | ちょいヲタオヤジのニュース速報
<お買い得情報> 安く、カニをたらふく食べたいなら、カニ市場 『北国からの贈り物』へ 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!!
2009/05/10(日) 20:30:22 | デイリーニュースNO.1
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2