ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


18日の米国株式市場

ダウ平均: 8504.08 △235.44
ナスダック: 1732.36 △52.22
為替 NY終値: 96.28-96.34

週末、インドで与党が圧勝したことを受け、同国の株式市場は上限一杯の17%の
大幅上昇。朝方発表されたホームセンター大手ロウズの四半期決算はアナリスト
予想を大幅に上回った。ゴールドマンサックスがバンカメを「買い推奨リスト」に
加え、バンカメ株が急伸。足元で軟調だった金融株全般に買い戻しが広がり
相場を押し上げた。この間、ロンドンでは、ドルLiborが本日も市場最低を更新。

こうしたなか、ダウ平均は先週末比100ドル余り上昇して取引を開始し
幅広く景気循環株が買われてジリジリと値を上げた。

この間、CNBCが「ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが公的資金返済に
ついて仮承認を受けた」と報じた。米5月NAHB住宅建設業者指数も16となり、4月の
14から上昇し、昨年9月のリーマン・ショック以来の水準に戻した。
住宅市場底入れ
期待を裏付ける内容として、相場の支援材料になったとの声があり、ダウ平均は
前日比190ドル高まで上昇。しばらく揉み合った後、引けにかけては再び一段上昇
となり、結局ダウは先週末比235ドルの大幅反発で引けた。

業種別S&P500種株価指数は全十種のうち、横ばいとなった公益を除く九種が上昇。
「金融」が7%高、「消費循環」が4%高となった。
ダウ平均構成銘柄では通信大手のAT&T以外の29銘柄が上昇。

個別では、バンカメは約10%急伸し、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。
ウォーレン・バフェットが率いる投資会社が投資比率を引き上げたと伝わった
同業のウェルズ・ファーゴは8%上昇。JPモルガンチェースやシティグループも高い。
ロウズは8%上昇。19日に決算発表を予定する同業のホーム・デポは6%超上げた。
アナリストが投資判断を引き上げた住宅大手レナーが14%急伸。
半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイスやブロードコムも高い。
アナリストが半導体業界の投資判断を引き上げたと伝わった。

 

日本株式市場

ダウ平均、日経平均共に綺麗に25日線で反発。
特にダウ平均は先々週・先週・今週でいってこいを繰り返している。

経済指標では昨年9月のリーマン・ショック以来の水準に戻したものも散見される状況。

これにより株価も昨年9月の水準が意識されるとすれば
上値余地は大きいということから、センチメントも高まっているのか。

16日付け日本経済新聞では、「内閣府が20日発表する2009年1-3月期のGDPが戦後
最大の下落率になるとの観測が広がっている。民間調査機関27社による予測平均は
前期比年率で16.0%減。予測通りなら、第一次石油危機時の1974年1-3月期の
13.1%減を超え、35年ぶりに「戦後最悪」を更新する。ただ、4-6月期は生産の持ち直し
などでプラスに転じるとの見方も出ている」と報じられていたこともあり
悪化は既に織り込み済みとして、実体経済のV字反転に期待が膨らんでいるのか。

現物出来高は5月7-11日をピークに減少傾向にあり
先物市場は日に日に閑散の度を増しているが・・・

だからこそ需給がロングに傾かず、積極的に上値を買うムキもなく
下げはスピード調整にとどまり、綺麗な上昇トレンドを維持している。
この綺麗な上昇トレンドも良好なセンチメントの一因なんでしょうな。

寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが7850万株、売りが3360万株、4490万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1400万株、買い1340万株、差し引き60万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

09:21
日経225先物mini、¥9335にてショート。

 
*** 追記 ***
09:49

大幅高も昨日より商いが細い。慎重派が多いのでしょうな(-_-;)

10:14
昨日は静かに急落、本日は静かに急騰。そんな印象。
散発的に大口のデカイ玉は出るが、追随する向きも限定的。

10:19
切り上がる転換線(9250)を一度試した方が、押し目買いも入り易いような。。。
大幅GUで、日中の値幅50円じゃどうにもならんだろ^^;

10:41
どうにもならんまま前引けしそう^^;
為替が動意つかんと、手掛かりなさそうな一日。

11:02
寄り付き以外は参加意欲を削ぐような渋い動きで前引け。
後場はまた早い時間に安値確認、引けにかけて買い戻されるパターンとなるのか。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01813.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
米 お金の回り具合 デフォルト率と投資資金流入
ネガティブ・キャンペーンのつもりは無いのですが、金回りがどうにも引っかかる。

15日発ロイター電・・・クレジット・ローンのデフォルト率
              4月      3月
シティーグループ     10.21%   9.66%  マスターカード
ウェルス・ファーゴ     10.03%   9.68%
JPモルガン・チェース    8.07%   7.13%  ビザカード
ディスカバー・フィナンシャル  8.26%   7.39%

 FRBアナリスト スコット・バレンティン氏コメント・・・4月は、消費者への税還付によるプラス効果が
  まだ一部残っていたと見られるため、比較的良い月になるはずだった。

18日発ロイター電・・・米ジャンク債デフォルト率

               4月     3月
米ジャンク債       6.75%  5.41%   2002年以来の高水準
世界ジャンク債      6.18%  4.92%

 米ジャンク債のデフォルト率上昇は17ヶ月連続、
 S&Pでは今後1年間で14.3%まで上昇すると見ている。

15日米財務省発表・・・3月証券投資
1.3月の証券投資は差し引きで558.40億ドルの流入超。
2ヶ月連続の資金流入超で、金額は2月の220.47億ドルから増加。
2.証券投資+貿易赤字では、3月は282.63尾億ドルの資金流入超となり、6ヶ月ぶりの
流入超に転換。

 いつか来た道にもどりつつあるようです・・・継続するならドル高ですが


金回り、どう解釈すべきか?

2009/05/19(火) 10:13:34 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
金回り
チャチャ 様♪

>4月は、消費者への税還付によるプラス効果が

4-6月期は「いよいよ」景気対策「効果」がと言われていた処で、消費(浪費)意欲UP!?

>米ジャンク債のデフォルト率上昇は17ヶ月連続

ジャンク債ですから^^;
地銀、中小企業は今もってバタバタ逝っていますし。
逝かざるを得ないところはまだまだありそうです。
とはいえ、逝かせてはならないところは、維持でも潰さない政府の方針。
中央だけよくなる、ロシア・モスクワパターンになりそうな気も^^;
2009/05/19(火) 21:52:51 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2916-5bf21d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2