ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


20日の米国株式市場

ダウ平均: 8422.04 ▼52.81
ナスダック: 1727.84 ▼6.70
為替 NY終値: 94.90-94.96

前日夕発表の売上高見通しが慎重と受けとめられたヒューレット・パッカードが
下落し、相場の重しとなった。金融株が下げに転じたことも足かせだった。

一方、バンカメが過去2週間で135億ドルの資本調達を行ったことを発表した。

ダウ平均はしっかりとした取引開始。午前中半ばには前日比120ドル近い上昇に。
しかし、アメックスのCEOが「クレジットカード業界への規制強化によって
必要な消費者への貸付が減少する恐れがある」と発言すると、徐々に上げ幅縮小。
昼過ぎには小幅マイナスに転じた。

その後、先月のFOMC議事録が公開され、景気見通しを下方修正したうえ
資産の買取増額を検討されたことが判明した。
更に、議会下院がクレジットカード規制強化法案を可決すると、引けにかけて
金融が主導する形で急速に値を消し。結局ダウは前日比50ドル余り下落して引けた。
(バンカメ以外は軒並み下落。主力の金融株は利益確定売りに押された。)

一方、原油をはじめ商品先物相場が堅調で素材株の一角が買われ、相場を支えた。

業種別S&P500種指数は、「金融」や「公益」など六業種が下落。
「素材」や「消費安定」など四業種が上昇した。

個別では、JPモルガン・チェースやシティグループが下落。
資本調達を発表した地銀大手のリージョンズ・フィナンシャルが6%超下げた。
クレジットカードの規制強化の動きが重しとなり、アメリカン・エキスプレスや
キャピタル・ワン・ファイナンシャルがさえない。ホーム・デポの下げも目立った。
一方、朝方発表の四半期決算が市場予想を上回ったディスカウントストア大手
ターゲットがしっかり。アナリストが投資判断を引き上げたマクドナルドが上昇。
鉄鋼大手のUSスチールや金鉱大手のニューモント・マイニングが買われた。
GMは二ケタの上昇率。

 

日本株式市場

9300円レベルの+1σを下回り、5日線(9240処)を試す展開。

上昇トレンド継続中に疑いの余地はないが・・・
当面の上値抵抗として注目の200日線は9500レベルを割り込み、現在9470処に下降。
当面の下値支持として注目の25日線は9000レベルを上回り、現在9025処に上昇。

日に日に煮詰まってきている。

昨日発表された先月のFOMC議事録では・・・
米国経済の見通しは、GDPは2009年が▲1.3%-2.0%、2010年は2-3%、失業率は
2009年が9.2-9.6%、2010年9.0-9.5%、と下方修正され、「経済は著しい下方リスクに
直面、指標は経済安定化が依然暫定的であることを示す。2009年の景気後退は
より深く、2010年の景気回復は一層緩やかになる」と悲観的な見方が示された。

日本のGDPは戦後最大の減少率。
東京市場では、ほぼ予想通りとして昨日は特に嫌気されず織り込み済みムードも
G7最悪級の日本のGDPに対して欧米勢がどう反応するか、一応注意する必要はある。

需給から見れば・・・

信用の評価損益率は11週連続で改善し-11.3%、約一年ぶりの好水準。
信用の買い残は1兆1020億円と前週比789億円増加したが、相変わらずの好需給。
個人の投げで大きく崩れるような展開は想定し難い。

ただ、裁定買い残は過去半年間で最高水準。
三月初旬の最低水準から約3.6倍と急増しており、一応注意してみたい。
(絶対的な水準としては、さほどではなく過度の警戒は不要とは思うが。。。)

寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2940万株、買いが2820万株、120万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1610万株、買い2090万株、差し引き480万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースは売り買い均衡。

 
*** 追記 ***
10:09

それなりの下げ幅が出たが、またも前日比では商い減少の激痩せ相場。
これまで通りロングに傾かない展開だが、直近はショートにも傾かないのが顕著ですな。

10:28
9200という価格を堅守しなければいけない意義を見出し難いが・・・
オーダー入ってるんだからしょうがないんでしょうな。

10:43
売り方不在の様相。
ドル円94円台でこの動きなら、むしろ強いといっていいのかも。買う気しないけど(=_=)

11:02
日経225先物は昨日より活況となったが
現物は日に日に閑散となって来た昨日よりも、更に閑散。
反対売買ばかりで、デイ以外の新規建て殆ど見えないような気が。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01825.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2923-b6250660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2