ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


15日の米国株式市場

ダウ平均: 8612.13 ▼187.13
ナスダック: 1816.38 ▼42.42
為替 NY終値: 97.80-97.86

6月のニューヨーク連銀景気指数が前月から悪化し、市場予想も下回った。
米製造業底入れ期待がやや後退、ハイテクや一般産業等景気敏感株の売りを誘った。

世界的な景気底入れ期待などを背景に上昇基調にあった原油先物相場が
ドル安などを受けて下落。原油高などを手掛かりに足元で買われていた
素材や石油関連株などに売りが膨らみ、株式相場の重しとなった。

ダウ平均は一時約220ドル安まで下げる場面もあった。

午後に発表された6月米住宅建設業者指数も事前予想よりもやや弱い数字だったが
これによる追加的な反応は限定的で、ダウ平均は引けにかけてやや値を戻し
結局前日比190ドル近い大幅安で引けた。

業種別S&P500種株価指数では全10種が下落。
3%超下落した「素材」や「一般産業」の下げが目立った。
ダウ平均構成銘柄はマイクロソフトとアメックスを除く28銘柄が下げた。

個別では 非鉄大手アルコアが6.5%下落し、ダウ平均構成銘柄で下落率首位。
アナリストが投資判断を引き下げたウォルマート・ストアーズは2.8%下落。
2009年12月期通期の1株利益見通しの据え置きを発表した航空機・機械大手
ユナイテッド・テクノロジーズは2%安。航空機大手のボーイングも安い。
格付け会社が長期債務格付けを引き下げ方向で見直すと発表したUBSは大幅安。

ガイトナー米財務長官とサマーズ国家経済会議委員長が新しい金融システムに関する
規制の大枠を米紙上で明らかにした。バンカメやゴールドマン・サックスなど
米金融株は総じて軟調だった。アナリストが投資判断を引き上げたヤフーは横ばい。

ドルは対円以外では上昇、債券も上昇(イールドは低下)
クレジット市場はスプレッドがワイド化した。

 

日本株式市場

MSCIが、イスラエルをMSCI先進国指数に組入れ
注目されていた韓国については見送りとしたことは好材料。

5日線(10020)を下回って、転換線(9920)で寄り付いたが
+1σ(9885処)では下げ渋る動きを見せている。

また浅い押し目で、上昇トレンドを強化するのではとも見える。

仮にさらにここから下げたとしても・・・
25日線(9580処)は基準線(9590)とも被る水準で
ネックラインの9500レベルを割らなければ、上昇基調は続く。

やや気になるのは10%近い200日線との乖離。
上昇基調の25日線との乖離は問題ないとしても・・・
下落基調の200日線との乖離は気になる。
株価が横ばいでも、必然的に同線との乖離は拡大する。
下落する200日線に引っ張られる可能性はある。

横ばいと言えば、日足・一目均衡表でも転換線、基準線が横ばい。
遅行線のある時間帯は、高値から下落に転じるところでもある。

調整らしい調整として、9500レベルまでの押し目はあってもよさそうな気はする。

寄り付き前の大口注文:
売りが9160万株、買いが3780万株、差し引き5380万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2260万株、買い1470万株、差し引き790万株の売り越し。
売り越しは5営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:01

ダウの200ドル近い下げのワリに、慌てる買い方、鼻息の荒い売り方不在。
買い方としては9500レベルで買いたい。売り方としては9500割れを確認したい。
そんな意識もあるのか?

10:20
昨日のNY安、本日の東京下げはこれまでの反動安程度の見方でいいとしても・・・
ここから19日の米SQにかけての流れと、その後が気になる。

10:33
チャートも実体経済も底入れはしたが、実体経済が回復していない懸念なのか。
ベージュブックを見直すような声もチラホラと。。。

10:44
大幅安なんだが、ジリ安という、なんともな雰囲気。
買い方だけ動いている(利益確定売り&押し目買い)ような。。。

11:02
妙な位置で下げ渋り前引け。VIXは9.45%上昇も、東京市場にさほど警戒感はなく。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01908.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

Direction225!
現役ファンドマネージャーの売買手法!
投資顧問業・関東財務局長(金商)第634号と国から認可を受けています!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2990-305459ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2