ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 

6月の相場を振り返ると、日経平均は昨年10月~今年4月のレンジ
7000円~9500円を上放れ、9500円~10000円での推移となっていた。
(10000円↑は6月SQ絡みで、滞留時間も短いので、ここでは除外する。)

この昨年10月~今年4月の8ヵ月間のレンジ幅(2500円)を、9500円に加算すると
価格で12000円、日柄では本年11月~来年2月に達成の可能性があったが・・・

7月7日の変化日明けに、そのネックライン9500円レベルを割り込んだ。
そして昨日、一段下の9300円に。
これは、レンジが切り下がったと見るのが妥当だろう。

9500円割れから、まだ3日しかたっていないことから、ダマシの可能性もあるが・・・
もう2日間、一段下の週足・雲下限(9375)、日足・雲上限(9342)を割っており
ネックライン9500割れが、ダマシとなる可能性は低いと見るのも無難か。

9500円を上回れれば、需給とチャートの節目9800処までの自律反発は考えられるが・・・

9300円割れなら、次の節目はフィボ押し(38.2%)の9000レベル、半値押しの8600。
(因みに【9000】は、6月12日高値~23日安値の下げ幅を、更に下に延長した水準。)
(【8600】は、週足・基準線レベルでもある。)

現在、移動平均は垂れ下り、雲上限はハードルを上げる様に切り上がり
先月までと違って、横ばい、日柄調整は売り方有利な状況。

上昇のためには早めの切り返しが必要となるが・・・

ドル円相場は、91円台をつけたことで、95円レベルへの自律反発はありそうだが
チャートポイントの95円を割っており、これも今後は抵抗線となることが見込まれる。

為替相場が株式市場の大きな支援材料となる期待感は薄い。
 

本日の異様なSQ値の高さも、新たなレジスタンスとして意識されそう。
本日のSQ値9386円は、昨日空けた9390-9410のギャップとも被る。
しかも、週足・雲下限(9375)とも被り、トリプル・レジスタンスにも見える。

この状況で買うのであれば、SQ値・週足雲下限・マド埋め確認後が定石か。

7月1日の直近高値(10090)から、それなりの下への値幅は出したが
商いは日々先細り、慌てた売りも投げも、現在まで見受けられない。

それなりの出来高を伴った売り・投げが出るまで、見送るのも定石かもしれない。

日柄で見ると、7月7日の変化日で、下に抜けた(加速した)格好。
次の注目される変化日は、7月22日となる。

商いを伴わなければ、来週はダラダラの週となる可能性が高そう。
ただ、6月までで疲弊した売り方も多いようで、売り叩く主体も見えず。

来週は、崩れもせず、買われもせずの週になりそうな気がする。(妄想ベース○| ̄|_)

 
*** 追記 ***
13:04

7月3日時点で信用評価損益率がやや悪化(-9.19%、前週比-0.99%)
信用買い残は8週連続増加中。
発表後の7月6日以降、日経平均は5営業日続落中。(本日含む)

と見ると、個人の手の内は、微妙な気がするのだが、投げも出ず、大人しい展開。
無理したポジションではなく、痛くないということなのだろうか。。。

後場寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが860万株、売りが1450万株、590万株の売り越し。

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約245億円が成立。市場では、投資家の注文は売り買いほぼ同額との声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算8532億円、売買高は同12億1098万株。

東証1部の値上がり銘柄数は829、値下がりは746。

13:29
後場寄りで、さりげなく昨日安値を1TICK切り下げたが、商い出ず。
良くも悪くも、大人の相場になっている気がする。

13:59
来週ダラダラどころか、既にダラダラですな(-_-;)
普通なら幻のSQ意識で、引けにかけて買いポジ縮小の動き出そうなもんだが。。。

14:15
今週、9500処と9300処は、重要な節目と思っていたのだが・・・
割っても全く慌てた様子もなく、押し目も入らず、投げも出ず、商いも膨らまず・・・

重要な節目は思い込みだったのか?大した節目じゃなかったのか?
と思えてきたんだが、ドウナンデショ;;
来週から、ガイジンどもはバカンス意識ともなってくる。余計閑散としそうなんだが。

14:34
↑ 端折り過ぎて、語弊がありそうなので、追記○| ̄|_

来週から、ガイジンどもはバカンス意識となり、ポジション調整、見送りとなり易い。
再来週からは、よほどのことがない限り大きな商いはせず、余計閑散としそう。

あくまで一般的な見方(季節要因)。
そうなるのかどうかは不明も、そのような思惑は働き易いということで。

14:50
3月以降、SQ値次第のような値動きを見せてきたことから
もう少し本日のSQ値も意識されるかと思ったが、こんなもんなのかといった印象。

特に4月以降は、SQ値に上値が押さえられると
短期、小幅(平均で9日、5.13%下落)調整となっているのだが・・・

15:04
日経225先物mini、9265にて9365ショート・ロットの1/2決済・利確。(¥100抜き)
持ち越すには怖い位置とロットなので、半分カットした。

15:13
先物、決済ベース勝ち、含みベース前日比勝ち。(9845、9915、9365ショート持ち越し)
現物&信用、含みベース前日比負け。
トータル、勝ち。

止まってもおかしくないところで、下値切り下げ、安値引け。イヤ~ン度UPの一日(;_;

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01986.JPG
(豊通、信用空売り中。)

バカンス意識なのか、手掛けるべき位置ではないのか、手掛ける価値がないのか・・・
それなりの値幅を出したワリに、落ち着いた商い(閑散)だった一週間(=_=)

皆様、今週もお疲れ様でした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
ガイジンどもはバカンス意識・・・
その気配はあるようです、怪しげな?先物建て玉ポジションの推移。
ヘッジファンド系(と言われている?)は除いてあります・

225先物       7月3日     7月9日

BNPパリバ     ○14937     ○14541
G.サックス     ×11760     ×7691
JPモルガン     ○ 5430     ○ 737
クレディ・スイス   ×10148     ×6124

     ○はロング、×はショートです。
     各社とも枚数が減少しています。
     TOPIXは省略しますが、ポジションは減少。
2009/07/10(金) 14:44:02 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
なるほど!
チャチャ 様♪

この減少が、そしてこの既に減少していることが
閑散と、慌てない相場の一因なのかもしれませんね^^;

いつも適時適切データに感謝○| ̄|_
2009/07/10(金) 14:49:26 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
勝手なシナリオ、最悪編
今後のトレードは下値は慎重に確認していきたいと思っている。
窓の事を以前投稿したが、埋めない窓はない(教科書から)と書かれているが、下げに転じ今後目安の一つになることは間違いなのではないか。
日足、週足も前の高値を抜けず週明けを迎えるが、昨日のESでの安値はマークしたいと考えている。自立反発があってもいいかとは思うが売り目線継続になると思う。
気になる点で引け近くに動きがある事だ、4、5、6月には引け間際に買い戻す動きが続き高値更新し、先週は逆の動きとも想われる動きも。
投資家心理は下げが続けば不安心理が出始め何れ投げに出ることが多々ある。
大口さんは狙う、自分達の利益になるなら平気で操作するとも聞く。
株価一万円回復時にはマスコミが東証に中継車を出し、証券会社や投資顧問は買いを奨めていた。ところがGSが某銘柄のレート引き下げ後にマインドの変化なのか株価は一気に下げ始めマーケット全体への影響を及ぼしたとも言われている。
また何時も事の繰り返しなのか、まさかGSは買っていないだろうが。
六月までの上昇には冷や汗をかいた、また寝れない日もあった。仕掛ける方からすれば相手が一番嫌なトレードをすれば良いのだ。
やったらやりかえす、まさか大人げないとは思うが。昨日のSQ値はポイントになる、かりに八月SQが下にあるなら最悪のシナリオも想定すべきではないか。一旦動き始めると簡単には止まらないのものだ?~
NYダウだが三日持ち合い、週明けに注目している。仮に崩れたら大きな下げになるのではないかと心配するからだ。
この局面は慎重に行きたい、臆病と言われても、ただし押し目買いのポイントに来たら買いたいと考えている。
さて9日連続下げるのか
2009/07/11(土) 16:15:25 | URL | ボルボ #-[ 編集]
米NYSEの薄商いは何なのだろうか?
7月に入ってからのNYSEの出来高は3日間が10億株割れ、ジャブジャブ(だった?)のはずのマネーはどこに流れているのだろうか?

            2008年(百万株)  2009年   減少率
 7月第一週       5699       4076   ▼28.5%
 7月第二週       7993       5614   ▼29.8%

出来高が連続で10億株割れは夏休み(?)の08年8月21-28日とXmas休暇の08年12月24-30日しかない。

 08年08月21日   912百万株     08年12月24日   404百万株
 08年08月22日   889          08年12月26日   517
 08年08月25日   865          08年12月29日   877
 08年08月26日   856          08年12月30日   954
 08年08月27日   821
 08年08月28日   956

 09年07月01日   951百万株
 09年07月02日   734
 09年07月10日   922

1.不景気で夏休みの前倒し?そんな馬鹿な!
2.商品市場にマネーは流れているのだろうか?
 ? WTI原油先物の6/30時点のポジションは40777枚の買い越し、確かに一年前の約2倍、
   しかし最盛期の50000枚超には及ばない。
 ? COMEX金はほぼ前年並み、CBOTコーンは前年比ほぼ半減、ともに買い越しではあるが。
3.債券市場、毎週の米国債入札倍率は3倍をはさんでの好調、マネーは流れているのでしょうね。
 T-Bond先物は10万枚超の売り越し。

          いずれにしても、資金は株式から逃げ出しているようだ

08年9月15日以降のダウ株価指数の波動と出来高の相関関係を整理してみる:
(文中の用語は正確ではありません)

           週平均出来高(百万株)    コメント
09ー15週      2308             始値@10917 終値@11388
                              金曜日9/19はメジャーSQ
10-06週      2157             10/10@7882が一番底=2948百万株
11-03週      1285             11/04@9653が戻り高値=1309百万株
11-17週      1830             11/21@7449が二番底=2374百万株
01-05週      1250             01/06@9088が戻り高値=1335百万株
03-02週      1866             03/06@6469が三番底=1771百万株

06-08週      1088             06/11@8877が戻り高値?=1223百万株

          ピンポイントだけを抽出してみると

           天      底    当日出来高  天ー底値幅   日柄  VIX指数
(09-15    10917           1799                   31.7)

10-10           7882      2157    ▼3035    20日  69.9
11-04     9653            1309    +1771    18   47.7
11-21           7449      1830    ▼2204    14   72.6
01-06     9088            1335    +1639    30   38.5
03-06           6469      1771    ▼2619    42   49.3

(06-11     8877            1223    +2361    68   28.1)

1.天ー底間の日柄は長くなっている → 市場心理は落ち着いてきたが・・・
2.下げ値幅>上げ値幅 はまだ解消されていない。
3.下落地点(=上記の底)の出来高>上昇地点(天)の出来高 がまだ継続している。
 → 下げはエネルギー大、上げは省エネ・・・

          シミュレーション(=上記パターンが継続すると仮定)をしてみると

1.次の到達点までの日柄は60-80日。
2.順序からは次は下落地点=底と仮定する。

      日柄   8月末~10月初
      値幅   ???感覚的にはボックス7900-8900、根拠ないが

7月14日の小売売上高(予想は甘目)、7月16日のフィラレルディア連銀景況感指数(予想は辛目)、
大団円で7月31日のQ2GDPで今後の流れの輪郭が見えてくるのでは?
         
2009/07/12(日) 15:11:36 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
メディアなんて^^
ボルボ 様♪

>投資家心理は下げが続けば不安心理が出始め何れ投げに出ることが多々ある。

逆に、投資家心理は、下げが続けば、鼻息荒く、調子にのってショートが乗ることも多々あります。

>株価一万円回復時にはマスコミが東証に中継車を出し、証券会社や投資顧問は買いを奨めていた

大底(とされる)三月安値から40%超上昇した後の、6月高値からたったの10%弱下げただけで危機感が叫ばれる現状・・・

メディアなんてそんなもん。キャンキャン騒いでるだけですな^^;

この辺のバランスを、感じながら、無理せずやっていきたいところです。

>この局面は慎重に行きたい、臆病と言われても、ただし押し目買いのポイントに来たら買いたいと考えている。

ボルボさんと同じく、私も、段階的に見ていきたいと思っています♪
2009/07/12(日) 20:26:19 | URL | to ボルボ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
ジャブジャブ終了!?
チャチャ 様♪

金融相場、過剰流動性相場の副作用が出ているのか・・・
一度剥げた頭には毛が生えないのか・・・
ジャブジャブマネーは、バカンス代としてキャッシュになっているのか・・・

薄いですね;;

>WTI原油先物の6/30時点のポジションは40777枚の買い越し、確かに一年前の約2倍、しかし最盛期の50000枚超には及ばない。

↑ これが、ものすごい象徴的なのかも。

期待感からの金融相場が一巡(終了?)し・・・
期待感を冷やすような「米国の追加経済対策期待(要求)」。
(↑これ、今までのすべてを否定する側面もありますね;;)

それでもさほど下がらない金利。。。

「何を欲しているのか、よう分からん相場」が現在?
(景気回復の角度なのか、金利低下なのか、追加景気対策なのか、なんなのか。。。)

金融相場が仮に終了しているとすると・・・
ここからは経済指標よりも、企業業績に目が向きそうな気がしてます。
2009/07/12(日) 20:36:58 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3062-61a98817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
投資顧問が相場の状況から分析し、厳選した銘柄情報を“半年間”手に入れる チャンスがあるとしたら…    あなたは興味がありますか?
2009/07/20(月) 02:00:17 | ネット副業(起業)で稼ぐ初めての1歩! 儲けの方程式!
もし、これから商品先物取引を、やるのなら始められるのであれば、やはりオンライントレード がおススメです。電話での対面取引きの場合は、担当の営業の方によって得られる情報は 異なりますし、人間なので、相性というものがどうしてもあります。 相性が良い方...
2009/07/10(金) 13:38:20 | 商品トレードが分る商品先物取引入門
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2