ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


10日の米国株式市場

ダウ平均: 8146.52 ▼36.65
ナスダック: 1756.03 △3.48
為替 NY時間17時: 92.50-92.60

午前に発表された7月の消費者態度指数(ミシガン大学調べ、速報値)は、前月の
確報値から低下し、市場予想も下回った。個人消費の回復は予想したほど早くない
と受け止められ、景気改善への期待が薄れたことが売りのきっかけとなったようだ。

10日の原油先物相場では、一時1バレル58ドル台と5月中旬以来の安値を付けた。

原油先物相場の下落に加え、前日夕に石油大手シェブロンが慎重な業績見通しを
発表し、株価が軟調だったこともダウ平均の重しとなり、一時、約90ドル下げた。

ダウ平均は3営業日ぶりに小反落。
4月28日以来の安値で終え、週間では4週連続で下落。

米個人消費や景気の先行き不透明感が強まり、売りが出た。

一方、ナスダックは小幅に3営業日続伸。
アナリストが目標株価を引き上げたアップルなどが買われ、指数を押し上げた。

来週から本格化する企業の4-6月期決算の発表を控え、様子見ムードも強かった。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「エネルギー」など8業種が下落。
一方、「IT」など2業種が上昇した。

個別では、シェブロンは2%超下落。アナリストが投資判断を引き下げたIBMが下げ。
ダウ平均構成銘柄では前日に上昇していたJPモルガン・チェースなどが安い。
一方、アップルは1%超上昇。アナリストが投資判断を引き上げたデルも高い。
GMは10日、優良ブランドや資産を新会社に譲渡する手続きを完了し、「新生GM」が
発足したと発表。自動車大手フォード・モーターは上昇した。

 

日本株式市場

日経平均はほぼ1年ぶりの8営業日続落となっており
短期的な下降トレンドは鮮明になっている。

週足でも、3月後半以来の13週線割れ。雲下限割れ。
中期的にも強気になり難いところでもある。

どの節目で下げ止まるかよりも・・・
先ずは、「続落がいつ止まるのかを確認したい処」。

先週、数々のサポートラインを割り込んでおり
辛うじて75日線(9290処)で踏みとどまった格好だが
首の皮一枚ともいえ、この75日線がどの程度の信頼性があるサポートか不明。

この75日線は、目先筋が手掛ける目途の一つ程度の認識が無難か。
もう一つの目途としては、1月の戻り高値9220円レベルか。

目先的には、この9220-9300レベルの↑↓での強弱判断?

09:08
日経225先物mini、¥9295にてショート。

09:31
豊通、¥1294にて信用空売り。


寄り付き前の大口注文:
売りが5280万株、買いが2770万株、差し引き2510万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2240万株、買い2690万株で、差し引き450万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:02

10日安値の9250円を切り下げ、10日高値の9380円に届かず。
現時点では、単なる自律反発、小リバの認識でよさそう。

10:33
日経225先物mini、¥9255にて9295ショート決済・利確。(¥40抜き)
本日崩れるほどの手掛かりもなさそうで、一旦決済。

10:45
目先筋のチマチマした商いしか見えず、日中方向感もなく・・・
しかし、上値下値を連日微妙に切り下げ中。
やはり、先ずは続落ストップを確認したいところ。

10:57
豊通、¥1256にて日計り分利益確定買い戻し。

11:02
マザーズ、ヘラクレス急落。
IPO(クックパッド)セカンダリー参戦を控えた換金売りとの観測があるが・・・
もしそうならば、どれだけカツカツの資金でやってんだって話(T_T)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01989.JPG
  

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
大型ファイナンスの影響はどうなんでしょ?
          公募増資(億円)   値決め    払い込み
オリックス      1000       7/13      7/21
全日空        1800       7/13      7/21
みずほFG      6000       7/15      7/23

6月のファイナンス銘柄(三井住友、東芝)は払い込み後も、相場反転とはならなかったようですが、
今回はどうなんでしょ。
2ヶ月連続の大型ファイナンスで、アク抜け的な心理に転換するのでしょうか?
これからも続く大型ファイナンスに腰が引けてしまうのでしょうか?         
2009/07/13(月) 10:32:15 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
先月以降の大型公募増資
チャチャ 様♪

東芝2987億円、三井住友フィナンシャルグループ8629億円
大和証券グループ本社約2400億円、みずほフィナンシャルグループ約6000億円
全日空約1500億円、オリックス約1000億円等々で、約半分が海外募集。

ポジティブに見れば、自前で調達できるだけマシ♪
(税金投入されたところよりはマシと言うだけですが○| ̄|_)

これによるアク抜けが期待できるのかどうか分かりませんが・・・

増資に応じた外国人の円買いが、今週から一服するかもしれない
と、これを好感(指数の追い風と)することは出来るかも。。。
2009/07/13(月) 13:29:28 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3066-24b5988d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2