ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


今週を振り返ると、ことごとくギャップアップ・スタート。
ザラ場は買い手が見えず、上値が重く、陰線引け。

やたらとこのパターンが多かった。

今週に関しては、日中売って、引け成りで買い戻し&ドテンロングオーバーナイト
翌日朝売って、ドテンショート、引け成りで... これで、ぼろ儲けという構図。
後付けすれば、相場とは、いとも容易い(^^ゞ

今週に限らず、7月を振り返っても・・・
昨日までの12営業日で、日足陽線は僅かに3日。

日中は「売ればよかろうなのだ」状態であったことが分かる。

しかし、先月までの急騰イメージが未だ強い所為か
「売ればよかろうなのだ」で、鼻息の荒い売り方は目立たない。

一方、個人は信用買い残を増加させ、信用評価損益率を悪化させている。
ナンピン買いで相当攻めた結果だろう。

この状況では、ネックラインの9500円を明確に上回るまでは
基本的には戻り売り意識が強いと考えられる。

バカンスを控えた外国人、慎重運用が求められる国内機関投資家は
普通に考えれば、この時期に無理して方向を出してくるとは想定し難い。

一目で見ても、現在雲の中、転換線(9385)オンライン。方向感はない。
(この転換線は、SQ値9386とも被る。)

雲上限が本日から9750円処に切り上がり、上昇トレンドに転換するハードルは高まった。
仮に、雲上限まで上昇したとしても・・・
個人がシコリを作ったと思われる9800円レベルで、それなりの戻り売りもありそう。
上への方向は出難い様に見える。

一方、雲下限は7月24日には9300円レベルまで切り上がる。
あと4営業日、9300円レベルまでで下げ渋れば、9300円のサポートは強化される。
13日の下値9000レベル確認後、9300サポートが意識され下への方向も出難い感が。

とグダグダ書いて見たが、単純化すると・・・

日経平均9000-9500円を基本レンジ。
強気弱気の分岐点は、転換線と被る、7月SQ値9386。
日柄・価格意識は、あと4営業日9300円でサポートされるかどうか。

こんな感じか。


またも、やや売り方目線の記事になってしまった○| ̄|_

バランスとるために、みずほ証券のリポートだったと思うが・・・
買えそうなアノマリーがあったので、以下、ご紹介してみる。

過去12回の総選挙時の日経平均の動きは、衆議院の解散日から
投票前営業日までの日経平均騰落率は、過去12回中11回がプラス!

政治空白の懸念よりも、選挙戦を通じた各陣営のリップサービスや
今後への期待感が奏功しているので
今回も、8月30日の投票日まで値を保つ可能性も考えられる!

ただ、7月の解散、8月の選挙は、異例中の異例。アノマリーは通用するか!?
あぁぁ、また買い方目線になり切れず○| ̄|_ゴメンナサイ

 
*** 転政陣後 ***

自民党が両院総会とかガタガタぬかしていたが、これって

自分でロング(麻生)って決めたんだけど
スゴイ含み損になっちゃってるんだよね

もうすぐSQ(総選挙)か、ヤベェな・・・

ロングで含み損抱えてるやつの署名集めて、証券会社に
「あのロング間違いだった」って訴えて、取り消してもらおうぜ!

って、糞馬鹿野郎の行為に見えるんだが。言い過ぎか○| ̄|_

 
*** 追記 ***
12:58

買い方の期待、売り方の警戒は、三連休?
GW明けのなんじゃこりゃ寄り付きが思い出される。

後場寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが880万株、売りが890万株、差し引き10万株の売り越し。

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約419億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点で、東証1部の売買代金は概算で5378億円、売買高は同9億620万株。

値上がり銘柄数は998、値下がりは529、変わらずは166。

13:32
買い方としては、ダウの三尊否定で強気?
売り方としては、冷めた見方で、三尊否定だが、W・TOPになんだろ。

どちらも理解できるが、節目、形状、云々よりも・・・
直近の足の強烈さからして、ダウは上へ行きたがっているように見える。
この尋常じゃない足は、侮らない方がよさそう。

14:17
本日の相場のイメージソング。  I ' VE BEEN LOSING YOU by a-ha

Oh c'mon Please Now!
talk to me tell me, things I could find helpful
How can I stop now...
Is there nothing I can do
I have lost my way
I've been losing you...

まさに、「Is there nothing I can do」の一日。
物悲しくマイナー進行でシャウト系、こういうの好きなんです♪

14:38
SQ値にべったり張り付いたグダグダの一日。
猛暑でべったりと肌に張り付いたTシャツみたいな気持ち悪さ。

14:52
前場には、まだ見送るかどうかの悩ましさがあったが・・・
後場は、見送りを迷う価値すらない雰囲気でしたな。
指値・逆指値入れて、みんないなくなっちゃったような後場だった(-_-)zzz

15:13
先物、含みベース前日比負け。(9845、9915、9485ショート持ち越し)
現物&信用、含みベース前日比微勝ち。
トータル、微負け。

前引けかと思えるような、東1売買代金1兆円、日経225先物4.5万枚で大引け。

人がいないんじゃ、強いも弱いも判断不能、というか、判断しない方がよさそう。
先ずは、三連休明けに、どの程度人が、商いが戻ってくるのか確認したい。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02007.JPG
(豊通、信用空売り中。)

上値下値キッチリ確認の一週間だったが・・・
その一瞬以外はグダグダの一週間でもありましたな(-_-;)

皆様、今週もお疲れ様でした&お付き合いありがとうございました!よい連休を♪
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在14位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
夏休みだ
外から子供たちの歓声、明日から夏休みが始まるとか、相場も夏休みみたいに閑散、選挙、甲子園。こりゃだめですね。
暫くマーケツトとも夏休みか、まだ早いだろう。
2009/07/17(金) 14:39:01 | URL | ボルボ #-[ 編集]
転政陣後
政治家の滑稽さが強調された例えに爆笑しました。
2009/07/17(金) 21:19:18 | URL | f-hiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
成功体験は忘れよう
総裁の看板だけで代議士になった人達が、看板さえ変えればまた代議士になれると甘い夢を見ている現象がドタバタの根源ではないでしょうか。
これも成功体験からくる勘違いの一種かと。言える事は「成功体験は忘れよう」です。

小生の体験でも成功体験は後で色んな邪魔をしてくる場合が多かったように思います。
「強烈な下げを売りで取った。相当儲けた。後、売り癖がつき抜け出すのにしばらく損を重ねた。」こんなことはよくあることです。
上げ下げを当て物のように扱う場合に味わう体験です。

確立された売買の方法論を実践する中で現れる個々の損得は個々の成功失敗と考えるべきでなく、全体で評価すべきでそれが方法論の評価です。
損が多い方法論は採るべきでなく得の多いものを採るべきです。
全ての売買で得をする方法論は存在しません。明日上がるか下がるかを誰も100%当てることは出来ないのです。

だらだら書きましたが結論、当てもので成功した体験は忘れよう。
2009/07/17(金) 23:14:18 | URL | 下手の横好き #-[ 編集]
米経済統計vs米株価 整合性と非整合性
(景気に対する)株価の先行性、雇用(失業率)は遅行指標・・・本当なんでしょか?
検証してみます。

                  株価の                        消費者信用残
景気後退期      先行度     遅行度    失業率ピーク    前月比マイナス月の回数 
45-2~45-10           1年3ヶ月     不明     3/9(後退期9ヶ月のうち3回)
57-10~58-4  1年6ヶ月           58-7(7.5%)        3/7 
60-4~61-2            1年7ヶ月  61-5(7.1%)        1/11
69-12~70-11 1年ジャスト           70-12(6.1%)       1/12
73-12~75-3   11ヶ月            75-5(9.0%)        4/16
80-1~80-7              1ヶ月   80-7(7.8%)        3/7
81-7~82-11    8ヶ月            82-11(10.8%)      1/17
90-7~91-3         同時        92-6(7.8%)         0/9
01-3~01-11  1年ジャスト           03-3(6.3%)        0/10
07-12~???    1ヶ月            (6月は9.5%)   (5月までは8/18)

#補足データ
1.上表の2項目目・・・株価の先行・遅行は「景気の後退開始=株価の下落開始」を見たもの。
「景気の後退終焉=株価の上昇開始」を以下にまとめる。
2.併せて、景気後退期のGDPの落ち込み=下落率を記す。

景気後退期          株価の            GDP下落率%
              先行度     遅行度  
45-2~45-10            1年ジャスト     四半期ベースはN/A
57-10~58-4    6ヶ月                ▲2.81
60-4~61-2             1年4ヶ月     ▲1.64
69-12~70-11   6ヶ月                ▲0.64
73-12~75-3    5ヶ月                ▲3.10
80-1~80-7     4ヶ月                ▲2.18
81-7~82-11    3ヶ月                ▲2.71
90-7~91-3     5ヶ月                ▲1.26
01-3~01-11              11ヶ月     ▲0.35
07-12~???        ???        (1Qまでで▲3.13%)

#番外GDP下落率(但し年ベース)データ
1.1929-33   ▲26.55%
2.1937-38   ▲ 3.45%
3、1944-47   ▲12.84%

*株価の先見性*
先行する場合が多いが、遅れて下落/上昇する場合もある。
   
    景気後退終了=株価上昇は何となく3~6ヶ月先行の確率が高いようだ

*雇用(失業率)は遅行指標   
過去8回の景気後退期のうち6回が 失業率ピークは遅れてやって来 
                  2回が 同時 
直近2回(90年/01年)は失業率ピークが1年以上/2年以上遅れて到達している。

    雇用なき景気回復の可能性は十分あるようだ


今回リセッションの特徴の一つは消費者直撃で、消費者信用残の減少(回数)が際立っている。

1.直近の要人発言からは ?失業率は10%(以上)到達 ?景気は年末~来年初に緩やかに回復、
2.一方株式市場では 夏~秋にかけて調整→その後上昇へ、
 
        といったコンセンサス?の印象ですが  

仮に、景気後退終了=株価上昇の過去データ3~6ヶ月先行を無理やり当てはめると、

        今はもう株価上昇期に突入した という仮説もありかな??? 
                        ↓↓
                    こじつけですので無視を

   
2009/07/20(月) 16:37:43 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
夏休みらしく
ボルボ 様♪

商いは細ってきていますが、日本以外は値が軽くなってきてますね^^

明日は、GW明けのようにGU、上抜けで勢い付きそうな感じですね。
2009/07/21(火) 01:37:50 | URL | to ボルボ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
政治家
f-hiyoshi様♪

政治家に不満はあれど、その政治家を選んだのは国民。
今回の選挙は滑稽な結果にならないように投票したいと思います^^;
2009/07/21(火) 01:44:41 | URL | to f-hiyoshi 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
確かに
下手の横好き 様♪

成功体験が過信に繋がり、失敗体験が卑屈に繋がったりしますね。

体験は体験として、過去として、事実として、冷静に受けとめたいものですね。
2009/07/21(火) 01:51:11 | URL | to 下手の横好き 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
なるほど!
チャチャ 様♪

詳細なデータ、検証、ありがとうございます!

株価の先行性・・・
株価が上昇することで企業・金融機関の財務面が改善され、企業・金融機関の財務面が改善されることで、株価が上昇するという相乗効果。そして、それにより設備投資期待、増産・収益拡大期待も生まれ、株価が更に上昇するという好循環ってこともありますね。
それが概ね6ヶ月分(2Q分)の先行ってことでしょうか。

遅れる場合は、センチメントによる遅れもあるのでしょうか。先行すべき株価が先行しない。相乗効果も好循環も生まれないと。

>雇用なき景気回復の可能性は十分あるようだ

同感です!
2009/07/21(火) 02:02:56 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3082-b0567d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2