ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


24日の米国株式市場

ダウ平均: 9093.24 △23.95
ナスダック: 1965.96 ▼7.64
為替 NY時間17時: 94.78-94.88

ダウ平均は、9000ドルを回復したことで利益確定の売りが出やすいなか
前日の引け後に発表となったアメリカン・エキスプレスやマイクロソフトの
予想を下回わる決算が嫌気され小幅安で始まり、暫くマイナス圏での推移が続いた。

7月の消費者態度指数(確報値、ミシガン大調べ)は市場予想を小幅に上回った。
ただ、9月の確報値からは低下しており、株式相場の反応は限定的だった。

しかし、ダウ平均が9000ドル割り込むことなく底堅く推移すると
押し目買いが入ってプラスに転じ、ダウ平均は小幅続伸から年初来高値更新。

一方、ナスダックはマイクロソフトの下落などが重しとなり13営業日ぶりに反落。
前日夕に発表した四半期決算で売上高が予想を下回ったアマゾン・ドット・コムが
軟調だったほか、マイクロソフトの下落がハイテク株全般への売りを誘った。

業種別S&P500種指数は「ヘルスケア」や「公益」、「エネルギー」など5業種が上昇。
一方、「IT」や「金融」が下落。

売買高はニューヨーク証券取引所が約10億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億9000万株(同)。

個別では、前日夕発表の決算が予想を下回ったアメックスは売りが先行したが
下値で買いが入り小高く終えた。前日夕に決算とあわせて発表した売上高見通しが
予想を下回ったネットワーク機器大手ジュニパー・ネットワークスも上昇。
一部債務の買い取り価格の引き上げを示したCITグループが高い。
ダウ構成銘柄では製薬大手メルクが買われた。
原油先物相場の上昇を背景に石油大手エクソンモービルが上昇した。
一方、マイクロソフトは8%超、アマゾンも8%近く下落。
前日大幅に上げたフォードが安い。バンカメやシティグループがさえない。

 

日本株式市場

本日もギャップアップスタート。
日経平均は7月1日以来の一万円回復!

世界各国市場に比べ出遅れ感の強い日経平均だったが
これで各国並みの6月末の水準↑を回復した格好となった。

因みに、6月末水準は9930円。24日終値が9940円。
7月初から8日続落、7月13日を底に8日続伸。
値幅・日柄共に見事な一致♪

先週末の24日は、日柄では4月28日安値~6月12日高値の30日間に「対等」
また、7月13日安値から9日目「一節」でもあった。

ここまで綺麗に日柄と値幅が出るのも珍しい。
10090-10180円レベルが余計注目されることになりそう。

 

国内では、1Q決算発表が本格化する。
今週は1000社を超える企業が発表を予定している。

5月の本決算発表時には厳しいマクロ環境から
かなり保守的な見通しを示した企業や
期初予想の発表を見送った企業が多かった。

その反動から1Qは順当なら上ブレが見込まれる。
焦点は、ポジティブ・サプライズとなるほどの上ブレかどうかか。


寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが5030万株、売りが2740万株、2290万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1530万株、買い1870万株、差し引き340万株の買い越し。
買い越しは10営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:47

6月限SQ値10147円が意識されているような。

10:01
本日の上昇で、他市場に対しての露骨な出遅れ感は解消されたっぽい。
後は外部環境次第か。
10180上抜けるようなら、10500程度までの踏みがあってもおかしくはないが大勢の見方?

10:29
上げているワリに盛り上がらない、楽観論が広がらないが・・・
現在の位置は中期トレンドを決定する大切なところ。

10:49
成りが目立たないのはこれまで通りだが、指値も目立たない今日この頃(-_-メ)

11:02
続落が止まるのを待っていた7月13日までと、逆だが同じ雰囲気で前引け。
後場は海運株の反応がどう出るかが見所?

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02026.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3099-d8e72ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2