ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


27日の米国株式市場

ダウ平均: 9108.51 △15.27
ナスダック: 1967.89 △1.93
為替 NY時間17時: 95.10-95.20

一部の冴えない決算発表が嫌気され小幅に下落して始まった。
前週末までの上昇を受けた利益確定売りに押される場面が目立った。

6月の新築住宅販売が、前月比11%増の38万4000戸と市場予想を大幅に上回ったこと
などが好感され、一時プラスとなる場面もあったが、ダウは再びマイナスに転じ
一時60ドル近く下げた。その後、マイナス圏での推移を続けたが
底堅さが好感されると引けにかけて買い戻され、結局小幅高で引けた。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「一般産業」など7業種が上昇。
半面、「情報技術」など3業種が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億4000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億3000万株(同)。

個別では、朝方発表の4-6月期決算は市場予想を上回ったが、法人部門の売上高
減少が嫌気された通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが1.6%の下落。前週発表の
決算で売上高が予想以上に落ち込んだマイクロソフトが続落、2営業日で約1割下げた。
アナリストが投資判断を引き下げたボーイングが軟調。
四半期決算が市場予想を下回った医療保険エトナは軟調。

一方、住宅建設のレナーが約7%、パルト・ホームズは8%超上げた。バンカメも高い。
格付け見通し引き上げでフォードが急反発し過去1年(52週)高値を更新した。

 

日本株式市場

先週末時点で、4-6月の米主要企業500社のうち36%が決算が発表された。
500社ベースの純利益は前年比マイナス31.0%の見通し。
これは、1週間前時点の集計(同マイナス35.2%)よりも良好な結果だ。

業績に裏付けされた株価上昇と言えば、大げさ、過大評価かもしれないが・・・
事前予想が低すぎたことで下駄履いた状態になっている側面はあれど・・・
好調な業績とも言い難い数字、内容とはいえども・・・
マシになっている、回復基調にあることは確かで、売り難い状況にある。

東京市場を見ても、日経平均は三役好転。5-25日線でゴールデンクロス。
もたついた200日線の上昇転換が8月上旬にも見込まれる。

チャートから売らなければならない要因は、見出し難い状況。

昨日までに9営業日続伸で年初来高値を更新しており
弱気になるべきものはなにもない。

敢えて売り要因を考えるなら、ボリバンの幅がある程度拡大し
昨日+2σで上髭を引いたことで、上昇一服してもオカシクはない。
とはいえ、それも売り要因というより、利食い売り検討程度だろう。

それよりも、昨日時点で「持たざるリスク」が各社から連発された事の方が気掛かり。
これは、売りシグナルとまでは言えないが、経験則からして、天井圏シグナルだ。

各市場、各指数で、BOX上限のものも多い。
天井との決め打ちは危険だが・・・
天井「圏」「かもしれない」との見方は持ちたいところ。


東証寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2520万株、買いが3400万株、差し引き880万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2950万株、買い3020万株、差し引き70万株の小幅買い越し。
買い越しは11営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:52

相変わらず薄いが、久しぶりにコテコテの内需、ディフェンシブが支える相場展開。
このタイミングでそうくるか。。。

10:02
本日の見所、連騰が継続するのかどうかしかなさそうな感じ(=_=)

10:31
10090-10180上抜けには手掛かり不足。下押すにも参加者不足。
値が動かないもんだから、更に手控え、閑散に。。。早くも眠い(-_-)zzz

10:43
また武者氏の強気リポートが。アノマリー的には○げそうだ。
それにしても、毎度BOX上限で上ヒゲ引いたタイミングでリポート出ますな。
意図的なのか?偶然なのか?精神的なものなのか?

11:02
終値だけの確認でいいのかもしれないと思いつつ、見つめ続けて前引け><

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02032.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3103-afe66fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2