ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


7月31日の米国株式市場

ダウ平均: 9171.61 △17.15
ナスダック: 1978.50 ▼5.80
為替 NY時間17時: 94.62-94.72

ダウ平均は4-6月期の米GDPが前期比年率で1.0%のマイナスと予想を上回り
1-3月期から大きく改善したことを好感し上昇して始まった。

また、7月のシカゴ購買部協会景気指数が前月から改善したことも相場を下支えた。

ただ、個人消費が2期ぶりにマイナスに転じたことや
1-3月期のGDPが大幅に下方修正されたことなどから
一部で景気先行きへの警戒感も意識され、上値は重かった。

4-6月期決算は市場予想を上回る業績を発表する企業が相次いでいるが
好材料に対する株価の織り込みは相当進んだとの見方も出始めているようだ。

業種別S&P500種株価指数は「素材」や「金融」、「エネルギー」など5業種が上げた。
半面、「公益」や「通信サービス」などが下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約15億8800万株(速報値)
ナスダック市場は約21億5000万株(同)。

個別では、原油などの商品相場の上昇を背景に、アルコアやスリーエムなど素材株が
買われた。キャタピラーも高い。バンカメや保険大手トラベラーズが堅調。
朝方発表の四半期決算は大幅な減益となったが、2009年の生産見通しを引き上げたと
伝わった石油大手シェブロンが2%超高。
一方、四半期決算で売上高が予想を下回ったウォルト・ディズニーが4%下落。
日用品大手プロクター&ギャンブルやジョンソン・エンド・ジョンソンが売られた。

 

日本株式市場

6月12日高値10170円を明確に抜き去り上昇新展開入り。
次のターゲットは10500円処と見るのが無難なところか。

10507円: 3月10日安値7054円~4月10日高値9068円の上げ幅(2014円)を
       4月28日安値8493円から同値幅上げた水準。

この10500円レベルは2004年5月の安値水準としても意識される。

そしてこれを抜ければ、10800円処(週足・雲上限、等)だが・・・

ダウ平均の7月の上昇率は8.6%と、2002年10月以来の大きさ。
日経平均は月足ベースで5ヵ月連続上昇で、約10ヵ月ぶりの高水準に到達。

現状から、10500円レベルまで一気に上昇となれば
テクニカル的には、極度に過熱した状態となる。

TOPIXが依然6月12日高値(954p)に届いていないで揉み合っていることも気になる。

一気に売られるような展開は想定し難いが・・・
相場全体に利益確定売り機運が高まってもおかしくはない頃合いではある。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1860万株、買い1650万株、差し引き210万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースは買い越し。

東証寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2690万株、買いが4110万株、差し引き1420万株の買い越し。

 
*** 追記 ***
10:06

頭は、上昇・拡大する+2σに合わせるような動き。
下は、5日線(10220処)割るまでは、買えばよかろうなのだ状態ですな。

10:27
最も代表的なテクニカル指標の一つとしてRSIがあるが
そのRSIが、かなり久しぶりに99を付けている。過熱と言っていい状況。
(注: 過熱は売りシグナルではない。単に過熱を表しているだけ。)

10:42
夏休み+閑散=高値形成
なんかこんな式になってるようなw

11:02
銀行、車が強く、下げそうな雰囲気はなく。
かといって、物色が広がり全体底上げとなるほどの参加者も見当たらず。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02048.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
日米過熱度比較
          7/31終値  乖離25%  乖離50%  騰落25  新高値(比率%)

東1 225    10357    6.63    6.70    104.2  126(7.4%)    
NYSE ダウ    9172    5.97    6.59    138.6  118(3.9%)
ナスダック     1978    5.82    7.75    113.0   71(2.5%)

1.東1は新高値銘柄数比率(=新高値銘柄数÷上場全銘柄数)が高いが、騰落Rは低い
2.NYSEは騰落Rが高い
3.ナスダックは新高値銘柄数比率がまだ低い

過熱とも勢いがあるともまだ余裕があるとも、何とでも云えそうです。

追記

RCIも100近辺に貼りついています。

225   99.73
ダウ    97.80
ナス    96.98   
2009/08/03(月) 10:40:48 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
マチマチ感
チャチャ 様♪

>過熱とも勢いがあるともまだ余裕があるとも

確かにw
仰る通り、何とでもいえるマチマチ感^^
あちらを建てれば、こっちが建たず・・・
帯に短し襷に長し・・・
丁度いいのは、見送り見極めといったところでしょうか。

>RCIも100近辺に貼りついています。

上限張り付いているうちは買える。
反落し、過熱ライン下抜けたら売れる。
単純に見ていいところ!?
2009/08/04(火) 01:58:39 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3118-2d4adcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2