ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
  

10(月)

【国内】
日銀金融政策決定会合(~11日)
6月国際収支(8:50)

6月機械受注(8:50、前月比+3.0%)
6月の機械受注の予想は前月比+3.0%程度で、4ヶ月ぶりの増加が見込まれている。
しかしながら、調査開始以来の過去最低水準に落ち込んだ5月の反動増に過ぎず
4-6月期は前期比-7.0%程度で5四半期連続のマイナスが見込まれており
内閣府見通し(前期比-5.0%)の達成は困難な模様。
前回5月分は前月比-3.0%(前月比予想+2.0%、4月-5.4%)。
製造業からの機械受注:前月比+5.4%、非製造業からの機械受注:前月比-6.9%

7月マネーストック(8:50)
7月企業倒産件数(13:30)
7月景気ウォッチャー調査(14:00)
7月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
日揮、大氣社、森永乳、J-オイル、常和HD、カーバイド、日本触媒、ゼオン
電通、太陽インキ、板硝子、荏原、オルガノ、船井電機、ワタミ、モスフード
三住海上、東急電鉄、国際航業HD、ニチイ学館、スタアリス

【海外】
シンガポール市場休場
ポスト京都議定書に関する国連作業部会(ドイツ・ボン~14日)
中国7月消費者物価指数(11:00)
《決算発表》
ダイナジー、フルアー、シスコ


11(火)

【国内】
7月消費者態度指数(14:00)
白川日銀総裁定例記者会見(15:30)
8月月例経済報告
《株主総会》
KTK
《決算発表》
明治HD、本州化、アミューズ、大幸薬品、大日本塗料、太平洋セメント
黒崎播磨、大平金、横河電機、キョウデン、大日スクリーン、凸版印刷
セイコーHD、損保ジャパン、東京海上HD、アマナ、ケネディクス、住友ゴム

【海外】
中国1-7月都市部固定資産投資(11:00)
中国7月貿易収支
FOMC(~12日)
米4-6月非農業部門労働生産性(21:30/5.3%)
米6月卸売在庫(23:00/-1.0%)
米8月IBD/TIPP景気楽観視数(23:00)
《決算発表》
アプライド・マテリアルズ


12(水)

【国内】
麻生首相と鳩山民主党代表の党首討論
8月金融経済月報
7月企業物価指数(8:50)
6月鉱工業生産確報(13:30)
《株主総会》
ツルハHD、コーセル
《決算発表》
三井松島、日風開、マツモトキヨシ、ブックオフ、コープケミ、エア・ウォーター
大陽日酸、伊藤忠テクノ、栗本鉄工、昭和電線、月島機、シチズンHD、T&DHD
光通信、マブチモーター、トウアバルブ

【海外】
米10年国債入札
ABC消費者信頼感指数(6:00)
MBA住宅ローン申請指数(20:00)

米6月貿易収支(21:30/-285億ドル)
6月の米国貿易収支は、284.5億ドル程度の赤字が予想されており、5月の-259.6億ドル
から赤字幅が若干拡大する見込みとなっている。対日貿易赤字(-19.14億ドル)は
1984年2月以来の低水準になったため、大手米銀のエコノミストが1984年当時の
ドル・円相場(230円)と比較すると、現在の相場水準は円高過ぎると述べており
6月の対日貿易赤字が注目される。
前回5月分は-259.6億ドル(予想-300億ドル、4月-287.9億ドル←-292億ドル)
対中貿易赤字:-174.84億ドル、対日貿易赤字:-19.14億ドル(1984年2月以来の低水準)

米7月財政収支(-1660億ドル)
7月米国財政収支は、7月に実施された過去最大規模の米国債入札に象徴されるように
前年同月比で赤字幅が拡大することが予想されている。市場は、オバマ米政権が景気
刺激策、金融支援策のため約2兆ドル規模の国債発行を予定していることを織り込んで
いるため、影響は軽微だと予想される。2008年7月は-1027.7億ドル。
前回6月分は-943.2億ドル(予想-970億ドル、08年6月+335.5億ドル)
2009会計年度(08年10月-09年6月):-1兆0860億ドル。

《決算発表》
ハリス、メーシーズ、サラ・リー


13(木)

【国内】
7月首都圏マンション販売(13:00)
《決算発表》
中外炉、甜菜糖、SRAHD、関東電化、東理HD、フジマック
三城HD、IDU、セイノーHD、東映、吉本興業、三井海洋開発

【海外】
国際オリンピック委員会理事会(ドイツ・ベルリン~14日)
ユーロ圏4-6月GDP(18:00)
米7月財政収支(3:00/-1470億ドル)
米7月輸入物価指数(21:30/前月比-0.3%)

米7月小売売上高(21:30/0.4%)
米7月小売売上高は、米国の自動車販売が買い替え支援策を受けて増加したことから
前月比+0.3%程度の増加が予想されている。個人所得が減少傾向にあることで
自動車以外の消費は伸び悩んでいると予想されている。前回6月分は前月比+0.6%
前年比-9.0%(予想+0.4%、5月+0.5%)。「自動車除く」は前月比+0.3%
前年比-7.9%(予想+0.4%、5月+0.4%←+0.5%)。

米新規失業保険申請件数(21:30)
米企業在庫(23:00/-0.9%)
《決算発表》
ドクターペッパー・スナップ、ノードストロム、ウォルマート・ストアーズ
エスティローダー、コールズ、オートデスク、ディブライ


14(金)

【国内】
オプションSQ
6月第三次産業活動指数(8:50)
7月マネーストック(8:50)
《決算発表》
省電舎、
セントラル硝子、ソースネクスト、A&A、富士火災、CSKHD、アップル
東燃ゼネラル、リサ・パートナーズ、比較.com、マクロミル

【海外】
米7月消費者物価指数(21:30/前月比0.0%)
米7月の消費者物価指数は、総合指数は前月比+0.1%、前年比-1.8%と、6月の反動で
やや反落が予想されているものの、コア指数は6月同様に将来的なインフレ懸念を
示唆すると予想されている。ネガティブ・サプライズは、7月ISM非製造業価格指数の
急落を反映した場合となる。前回6月分は、前月比+0.7%(予想+0.6%、5月+0.1%)
前年比-1.4%(予想-1.5%、5月-1.3%)、コアが前月比+0.2%
(予想+0.1%、5月+0.1%)、前年比+1.7%(予想+1.7%、5月+1.8%)。

米7月鉱工業生産指数(22:15/0.1%)
米7月鉱工業生産、設備稼働率は、7月の製造業関連の指数(ISM製造業生産指数シカゴ
地区購買部協会生産指数)等が堅調だったことで、若干の改善が予想されている。
ネガティブ・サプライズは、自動車業界の悪影響を受けて悪化した場合となる。
前回6月分は鉱工業生産が前月比-0.4%(予想-0.6%、5月-1.2%←-1.1%)
設備稼働率が68.0%(予想67.9%、5月68.2%←68.3%)

米7設備稼働率(22:15/68.1%)

米8月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00/68.5)
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は、住宅市場での底打ち感が高まって
きたことで、7月から若干の反発が予想されているものの、労働市場での低迷が
足を引っ張るパターンが予想される。ポジティブ・サプライズは、6月のように
70台を回復した場合で、サマーラリー期待が高まることになる。
前回7月速報値は64.6(予想70.0、6月70.8)、確報66.0。

《決算発表》
アバークロンビーアンドフィッチ、JCペニー
ハーマンインターナショナル・インダストリーズ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3136-346faa7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2