ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


27日の米国株式市場

ダウ平均: 9580.63 △37.11
ナスダック: 2027.73 △3.30
為替 NY時間17時: 93.51-93.53

利益確定売り先行で始まり一時84ドル安まで下げたが
押し目買いからジリジリと値を戻し、一時、前日比66ドル高まで上昇した。

朝方発表された4‐6月期GDPの修正値は前期比年率1.0%減と、速報値と変わらず。
事前予想では速報値から下方修正され1.5%の減少になるとの見方もあったため
ややポジティブか。しかし、この発表を受けても株式市場は売り先行で始まった。

好材料に関してはある程度織り込み済みということなのだろう。
一方、日中、材料もない中、切り返したことは相場の強さとも言えそう。

結局、ダウ平均は8日続伸、5日連続で年初来高値更新。
ボーイングが急伸し、軟調だった原油先物相場が上昇に転じ
石油株が下げ幅を縮める展開になったことがプラス要因だった。

延期していた最新鋭中型機「787」の納入時期を発表した
ボーイングが8%超上昇し、ダウ平均を1銘柄で約30ドル押し上げた。

ダウ平均の8日続伸は、2007年3-4月以来、約2年5カ月ぶり。
ナスダックの終値は、昨年10月1日以来の高値
S&P500種株価指数は、昨年10月6日以来の高値で終えた。

業種別S&P500種指数は「金融」や「一般産業」、「素材」など6業種が上昇。
「通信サービス」など4業種が下落。

売買高はニューヨーク証券取引所が約12億9000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億2000万株(同)。

個別では、著名投資家による株式取得が伝わったシティグループが9%上昇
対立していた元幹部との和解の可能性が報じられたAIGが2割超上昇。
金融株が総じて堅調に推移し、相場を支えた。
通常取引の終了間際に発表した5-7月期決算で、売上高が予想を上回ったデルが6%超
上げて終えた。5-7月期決算で売上高が速報値とほぼ一致したトール・ブラザーズは
利益確定売りに押されさえない。ダウ平均構成銘柄では通信大手のベライゾン・
コミュニケーションズやウォルマート・ストアーズの下げが目立った。

 

日本株式市場

東証が、27日発表した8月第3週の株式投資部門別売買動向は
外国人が6週ぶりに売り越し。売越額は1033億円。(前週は2449億円の買い越し)

8月第3週というと、8月17日の大陰線(10520-10240)から8月21日の今月安値10130だ。

一方、個人は、ここで6週ぶりに買い越し。
買越額は3049億円。(前週は1403億円の売り越し)

単日で見てもしょうがないが・・・
昨日の寄り前主要外国証券経由の注文動向は差し引き1060万株の売り越し。
売り越しは5営業日ぶり。本日も120万株の小幅売り越し。

数日、数週間と、継続的に見んとなんとも言えんが・・・
順張りの外国人が売り越してきているようにみえる。

(21日時点の)裁定買い残が1兆4109億円と、6週ぶりに減少へ転じたことも気になる。
前週比の減少幅は2046億円で、これは昨年10月24日以来約10カ月ぶりの急減。

これまでの「買い」が、外国人と裁定買いであったことは周知の事実で
これらが、売りに回ったかもしれないのは、多少気にしておくべきか。

国内機関投資家は相変わらず売り中心。

だからといって、株価が下落するとは言い切れんが
少なくとも買いの主体が見え難くなってきているとは言える状況。


尚、寄り付き前に発表された7月の完全失業率は、前月比0.3ポイント悪化の5.7%と
過去最悪更新。7月有効求人倍率も3カ月連続で過去最低。どちらも市場予想より悪化。
 

寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが3190万株、売りが2430万株、760万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1900万株、買い1780万株、差し引き120万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:35

ツクイ、¥1269にて利益確定売り。流動性低くてどうにもならんので切った;;

10:11
週末らしい、そして選挙前最終立会日らしい相場。
よほどのことがない限り、SQ値(10609)~転換線(10405)に落ち着きそう。

10:29
上海気配値、マイナス0.27%。またかの振り回される展開となるのか。。。

10:43
買い気は見えるが、買い手が見えないという、なんともな状況。
まぁ、売り気は見えず、売り手も見えないことを考えると、相対的には下がり難いかw

10:48
上海、-0.79%。上海への感応度低下?人がいないだけか。

11:02
非常に静かに前引け。いかにも選挙前?

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02127.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

日経225先物 完全自動売買システム ワンショット
トレイダーズ証券 の無料ツール(トレードスタジアム)を使った
ストレスとリスクを限定した、完全自動売買システムトレード!

コメント
この記事へのコメント
場中に音楽ネタで申し訳ない
最近ハマているのがLiveSoup(ライブ・スープ)
最近あまり聴く事が少なくなってきた克也さんのナレーションが心地良いです。
http://live-soup.com/index.asp

ここに松尾一彦(元オフコース)のイクスピアリ(多分、舞浜駅そば)でのLive映像が上がっています。
http://live-soup.com/livedetails.asp?id=11741

昨夜Heywardさんのコメントを見てから”そう言えば有ったな”と思い出して観てみました。
昔、オフコースは得意とするジャンルじゃなかったものですが、LiveSoup見たら”イイじゃないのコレ”。
私もトシをとったもんだ・・苦笑
2009/08/28(金) 11:39:34 | URL | t #fqd3JXEE[ 編集]
オフコース
t 様♪

ライブスープ、知りませんでした。いいサイトですね!私も観させてもらいます♪

オフコース・・・
才能あり過ぎ、我が強過ぎの小田さんを、鈴木さんと松尾さんでいい感じでブレーキ掛けていたのがオフコース^^ ソロの小田さんより、オフコースの方が好きでした。

>私もトシをとったもんだ・・苦笑

私、小学生のころからのオフコースファンです・・・苦笑
なぜかトシと共に、チャラい系の音楽聴くようになってきてます^^;
2009/08/28(金) 14:33:05 | URL | to t 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3187-d85349f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2