ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


9月8日の米国株式市場

ダウ平均: 9497.34 △56.07
ナスダック: 2037.77 △18.99
為替 NY時間17時: 92.32-92.34

3連休明け8日の米株式相場は、寄り付きから買い先行で始まり
一貫して前週末終値を上回って推移。ダウ平均は3日続伸。
8月27日につけた年初来高値9580ドルが見える位置まできた。

上海株式市場の6日続伸も買い安心感につながったようだ。

金先物や原油先物など商品価格の上昇で業績が改善するとの見方から
素材・エネルギー株が上昇し相場を牽引した。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、金先物が一時1トロイオンス1009.7ドルまで上昇。
中心限月としては2008年3月以来の高値!史上最高値(1033.9ドル)に迫った。

商品相場の上昇は、投資家のリスク許容度UPと好感もできるが・・・

「金」価格の上昇は、リスク回避姿勢(ヘッジ)の側面もある。
全面的に好感するのはどうかという気もする。

業種別S&P500種指数では「エネルギー」や「素材」、「一般産業」など9業種が上昇。
「ヘルスケア」は下げた。

売買高はニューヨーク証券取引所が約14億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億5000万株(同)。

個別では、アナリストが投資判断を引き上げたゼネラルエレクトリックが4%超の大幅高。非鉄大手アルコアは3%高。石油大手のシェブロンは2%上昇。
アナリストが投資判断を引き上げた通信系半導体大手アルテラが上昇。
アナリストが目標株価を見直した化学大手のスリーエムも小高い。
一方、7日に英食品大手キャドバリーへの買収提案が拒否されたと発表した
米同業大手のクラフト・フーズが6%近い下落。資産運用部門の一部を香港の
投資会社に売却すると発表し、アナリストが投資判断を引き下げたAIGは10%超の急落。

 

日本株式市場

埋めそうで埋められない上方の窓。
(日経225先物:10310-10430、現物:10438.51-10378.08)
割れそうで割れない8月21日安値10130。

5日線、25日線、ほぼ全てのボリバンが密集し水平飛行。
トレンドレスだが、ボラ上昇という、如何ともしがたい状況。

基本的には、昨日高値10410-10200-10130のBOXと見ておけばよさそう。

上値は、上記の窓上限、25日線、基準線、転換線と密集している
10400円レベルはそれなりに重たそう。
逆にいえば、このレベルを上抜けるなら、短期の波動は右肩上がりとなる。

一方、日経平均は8月21日に付けた安値を割り込むと
短期の波動が右肩下がりとなり、9770円~9550円も視界に入る。

トレンドレスだが、上にも下にもいつ抜け出してもおかしくない状態。

寄り付き前の外資系証券10社経由の注文状況は、本日で5営業日連続で売り越し。
日中の閑散度合いは相変わらずだが、寄り付き前の外資系証券注文は膨らみつつある。

8日のNT倍率は10.98倍と、11倍台を記録した2000年9月以来、9年ぶりの高水準。

極まってきている。


寄り付き前の大口成り行き注文:
売りは3180万株、買いは2940万株、240万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3100万株、買い2670万株、差し引き430万株の売り越し。
売り越しは5営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:55

ドル安、金高、原油高、株高。。。なんとも妙な感じの組み合わせ。
このままこの方向、組み合わせで動くとは思えず。どれが先に失速するか注目か。

10:14
弱いTOPIX、コア、大型。強い小型。問答無用の日経平均。
この組み合わせもなんとも。まぁ、既にお約束と化しているが(^^ゞ

10:28
上海気配値、プラス0.47%。決め手欠く数値?

10:37
下げているというよりは、昨日の14時からの妙な上げ分修正してるって感じ?

11:02
個別を見ていると弱いという印象だが、指数をみていると強く見える、不思議な前引け。
単に、私の見ている個別が適切でないだけか○| ̄|_

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02162.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
映像3時間52分、音声3時間52分、パワーポイント200ページ!
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
外部環境への感応度・・・ダウー225連動性の推移
だから何なの?は横において:

            ○     ×    連動率         ○連動 ×非連動
3月         14     7     67%          基準日は米国ベース
4月         18     2     90           米国休場日は除外
5月         13     4     76
6月         15     7     68
7月         13     8     62

8.3-7       2     3
8.10-14     4     1
8.17-21     2     3
8.24-28     3     2
8.31-9.4    3     2
8月計        14    11     56

米国離れ、ドル円離れ なのですが、どうなるか?     
2009/09/09(水) 09:54:56 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
よくいえば米国離れ
チャチャ 様♪

悪く言えば、米国から見捨てられた。若しくは単なる市場間リバランス。

よく言えば、円高耐久力UP!
悪く言えば、ファンダも糞もない株価推移。

どうなんでしょ^^;

いつも分かりやすい、興味深いデータに多謝○| ̄|_
2009/09/09(水) 13:31:26 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3215-f2a5e2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2