ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


9月8日に発表された、8月景気ウオッチャー調査は
景気の現状判断DIが41.7(前月比-0.7pt)と8か月ぶりの悪化。
2-3ヵ月先を見る先行き判断DIは44.0(前月比-0.9p)と2ヵ月連続低下。

それが発表された14時から、株価上昇は上昇し、引けピン。
 

昨日10日寄り付き前に発表された7月の機械受注は前月比-9.3%。

事前予想平均の-3.5%を大幅に下回り、受注額は5月につけた過去最低額を更新。
6月に前月比9.7%増と大きく伸びた反動にしても、下ブレ過ぎ?

8月の企業物価指数は、前年同月比で8.5%下落。
これは、7月と並び1960年の統計開始以来最大の下落率。

しかし、この日の日経平均は200円超の大幅高で10500円回復。
 

そして本日、寄り付き前に発表された4-6月期の実質GDP改定値
(年率換算2.3%増)は、速報値(3.7%増)から下方修正された。

それなりに材料視はされ、上値抑制要因とはなったが、特段売りの材料とはならず。
日経平均は、直近1ヶ月半の中心価格帯10400-10500で揉み合いに終始した。
 

遅行指標とされる雇用統計を無視。
先行指標とされる景気ウオッチャー、機械受注も無視。
もっとも根幹に当たる、GDPも無視。

典型的な強気相場なのだが・・・ センチメントが上がらない。
しかし、株価は上がっていくという、摩訶不思議な相場展開の一週間となった。

「それが相場というもの」の一言で片づけられそうだが・・・
売るべきだとは言えないが、買うべきなのかという疑問は湧く相場だ。
 

最も悲観的な市場観測だった4-6月期ですら下振れの、この状況。

最も楽観的な市場観測の10-12月期は、どうなるのか気掛かりだ。

OECDの良好な世界経済見通しの中で、日本だけが第4四半期
マイ転見通しに下方修正されたのは、「アタリ」の確度が高い気がする。。。
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
映像3時間52分、音声3時間52分、パワーポイント200ページ!
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。朝ポチしました。
今週は、5連勝でした。
2009/09/12(土) 13:59:44 | URL | handt #cdmDJMMk[ 編集]
ドル円の業績影響
今週はドル円が材料視される可能性があるかもしれません。
ソニーを例に、業績影響へのシミュレーションをしてみます。

#Whyソニー?
1.代表的な輸出企業 → 国内17% 海外83%
2.3月期決算企業
3.時価総額

#シミュレーション
1.数字はQ1決算短信&決算説明会資料から抜粋
2.ベース数字
 通期連結売上予想  7300000(百万円)
 地域別売上構成   米国 25%  欧州 24%
 想定為替レート  1ドル=93円  1ユーロ=130円
 米国・欧州向け売上予想

        通期       Q1実績    バランス
   米国 1825000   371317  1453700  
   欧州 1752000   323195  1428800

3.為替差損益シミュレーションA
 Q2以降の為替レートを 1ドル=91円 1ユーロ=132円 とした場合

        現在予定  為替影響後の予想   為替差損益
   米国 1453700    1422440      ▲31260
   欧州 1428800    1450780      +21980
   差引                         ▲ 9280(約93億円の差損)・・・A

4.為替差損益シミュレーションB
 Q2以降の為替レートをドルのみ 1ドル=90円 (1ユーロ=132円は不変)
  
   米国 1453700    1406800      ▲46900
   差引                         ▲24920(約249億円の差損)・・・B

売上高に対する影響は A 0.127%  B 0.341%となる。
赤字予想なので利益影響は絶対額A,Bのみで率の算出は不能。
一般論ですが、この程度の為替影響であれば数量効果(伸びればだが)の方が大きい。

上記シミュレーションでは海外その他地域(アジア主)は無視してあるが、実際にはドル取引が含まれている。
公表取引条件がないので計算外としてある。

ちなみに、米国偏重型の代表例トヨタの想定為替レートは 1ドル=92円 1ユーロ=131円
ソニーとやや似ているキヤノン(12月決算)は 1ドル=95円 1ユーロ=130円

各企業のQ2中間決算にむけての編成作業はもう動き出しているので、想定為替レートは
6月日銀短観の$1=¥94.85からは大幅に円高に修正されるでしょう。

株式市場はドル円90円割れにオーバーフォーカスするでしょうが、ユーロ円も注視したいと考えます。


2009/09/13(日) 14:11:12 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
全勝ですね。
handt 様♪

おめでとうございます。
2009/09/13(日) 22:37:42 | URL | to handt 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
為替
チャチャ 様♪

車だと、1円の円高でマイナスなんぼという業績への概算があるので掴みやすいのですが、ソニーやキャノン等電気機器は、円高のメリット、デメリットが掴み難いというか、コンセンサスが計りがたいですね。
特に、対ユーロはかなり遅れて株価が反応する傾向もあるようで。

>想定為替レートは 6月日銀短観の$1=¥94.85からは大幅に円高に修正される

下半期の、日銀短観、GDP・・・ちと微妙かもしれませんね。
4-6月期ですら下振れってのは、ネガティブバイアス掛っている私ですらプチサプライズでした;;
2009/09/13(日) 22:53:48 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3226-61e57570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2