ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


10月8日の米国株式市場

ダウ平均: 9786.87 △61.29
ナスダック: 2123.93 △13.60
為替 NY時間17時: 88.38-88.40

米非鉄大手アルコアが前日夕に発表した7~9月期決算が
市場予想を上回ったことが好感され、素材株などが買われた。

朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が52万1000件と
市場予想の54万件程度より少なく、前週から3万3000件減少したことも買い材料に。

米主要小売大手30社が発表した9月の既存店売上高が
前年同月比0.6%増と、市場予想(1.1%減)に反して増加。

8月の卸売売上高が前月比1.0%増加し5カ月連続のプラスとなる一方で
卸売在庫は同1.3%減と、予想(1.0%減)を上回るマイナス。
在庫減の中で、売上が増える好環境が示されたこともプラス材料に。
小売株への買いが目立った。

ダウ平均は一時、前日比111ドル高の9836ドルを付け
9月22日の年初来高値9829ドルを上回る場面も。

S&P500とナスダックは、4日続伸となり年初来高値の目前まで上昇した。

一方、高値圏では利益確定売りが出て、買い一巡後は伸び悩んだ。
債券市場で長期債利回りが大幅に上昇したことが警戒感を誘ったとの指摘も。

業種別S&P500種指数では「エネルギー」や「素材」、「消費循環」など
全10業種中8業種が上昇した。下落は「通信」と「ヘルスケア」。

売買高はニューヨーク証券取引所が約12億7000万株(速報値)
ナスダック市場は約23億株(同)。

個別では、アナリストが目標株価を引き上げたアルコアが1%超上昇。
ディスカウントストア大手ターゲットや百貨店大手メーシーズなど小売株の一部も
買われた。ダウ平均採用銘柄ではアメックスやホームセンター大手ホーム・デポの
上げが目立った。一方、朝方発表の7~9月期決算で売上高が市場予想を下回った
飲料大手のペプシコが安い。アナリストが投資判断を引き下げたウェルズ・ファーゴ
など、銀行株の一部も売られた。ダウ平均採用銘柄では。通信大手AT&Tが続落。

 

日本株式市場

どこか3月中旬~6月中旬の金融相場と似ていて気持ち悪い。

低金利は続く。ドル安は続く。
出口戦略は、景気回復の兆し(象徴)として好感されている。
オバマが、追加財政出動と減税を詠い出した。

過剰期待による金融相場第二章が始まるように見えないでもない。
とち狂った上昇もあるのかもしれない。。。

ただ、超低金利が続くことと、出口戦略(景気回復の兆し)は矛盾する。
オバマが、追加財政出動と減税を詠い出したが・・・
火達磨財政、大統領支持率低下で、追加経済対策なんぞできるのかの疑念も。

疑念はあるが... なんじゃこりゃぁぁ!!!の上昇も一応念のため考えておきたい。

7-9月期の米決算発表が始まるが、これまでの経済指標が
偽装・粉飾でなければ、企業の決算内容が悪いはずがないのだ。
(8月までの経済統計は、多くがサプライズ的上ブレなのだ。)

普通に考えれば、経済統計で分かっていた→既に上昇している→出尽くしなのだが
スーパー・ポジティブヤンキーらしいセンチメントでの上昇もありか。


SQ概算値は市場推計で9913.18円。前日比+80.71。

225型は売り約70万株に対し、買い約75~80万株、差し引き5~10万株程度の買い越し。
(指値注文もあり、銘柄によってばらつきあり)

TOPIXのSQ概算値は892.56p。前日比+4.97(あと53銘柄)


8月機械受注統計で、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」は
前月比0.5%増の6681億円。市場予想の中央値は同2.1%増。

下ブレたものの、「設備投資の回復は年明け以降との見方が大勢を占め
もともとの『期待値』が低かった」等、市場では冷静な受け止めが目立つ。
 

寄り付き前の大口成り行き注文:
買い8850万株、売りが1億6070万万株、7220万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1890万株、買い3230万株、差し引き1340万株の大幅買い越し。
金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:59
SQ値が意識され、SQで反転が直近のお約束と化しているが・・・本日はどうなるのか。
雲下限9875、転換線9890、SQ値9913、短期筋には重要なレベル。
終値重視で見ていきたい。

10:08
三菱重工業、¥339にてロットの1/3利益確定売り。リバランス。

10:32
上海市場再開!現在+2.30%。
んっ?ここ一週間の世界市場の堅調さを考えれば、渋い!?

10:45
日経225先物mini、¥9925にてショート。

11:02
売り難く、買い上がり難く、久しぶりに強弱感拮抗って感じで前引け。
ただ、相変わらず相対的に妙に強い225、裁定中心の商いは、旧来通りか。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02250.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
相場を行うタイミング、相場を続けるための資金管理術、ロジックの単純化が学べます
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3288-72c65f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2