ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

不安定な相場を金先物から探る!【ドットコモディティ】
商品先物会社No.1のサービス!圧倒的な情報量 年間2500本以上のレポート配信!
プロにも好評なチャート分析専用ソフト【フューチャーズアナリスト】無料!


株式投資の売買が得意な投資家は多いが
「いつ休めばいいのか」を知る者は少ない
】を、マネージンにUPしました♪

3月底値→6月SQの上昇は、金融相場のお手本として後世に残りそうな気がするし・・・
(3月SQ→9月SQを金融相場とも見られますが... 6月SQ→9月SQは、惰性、慣性の感も。)

8月からの相場は、頑張っても報われない相場
休むべき相場を示唆するチャートシグナル連発
徐々に難易度が上がっていくチャート形状として
チャートの教科書があるとすれば、後世に残りそうな気がする。

ということで、8月から、このブログで書いてきたことを、マネージンの方で纏めてみました。
(マネージンの方には、「後出し」のようになってしまいましたが○| ̄|_)

この記事を書いたのが、9月のシルバーウィーク前なので、旬な内容ではありませんが
(因って、参考に上げているチャートも、9月のシルバーウィーク前までのもの)
ある程度の普遍性を持たせて書いたつもりなので、後学のためにはなるかと。

誤解があるといけないので、(本文中でも書きましたが)一応念のため・・・
8月-9月に「売るべきである(であった)」という意は、一切ありません。

ただ、「休んでも、頑張らないでもよかったのではないか?」という疑問を
「8月は(特に8月中旬以降は)チャートから感じられたのでは?」と。

若しくは、ポジションを落としてもよかったのではないか?
頑張り過ぎて無理なポジションを持つべきではなかったのでは?
サヤ抜きに徹した方が良かったのではないか?
BOX上限・下限が明確で、指し値&放置でもよかったのでは?

単なる基本的なチャートの見方と疑問の提起
そのような意図で書いてみました(^^ゞ

投資初心者様の一助となれば幸いです。

 

*** お知らせ ***

以前にマネージンで連載をしていた、岩崎かおるさんの事業(携帯サービス)
タクシー相乗りワリカンサービス【タクトモ】が、テレビで紹介されます!
(岩崎さんのブログ「ひよっこ女社長物語」は、こちら。)

知人の事業がテレビ紹介され、嬉しいので、ご紹介してみます♪

10月11日(日)朝7時30分~ TBSの「がっちりマンデー」で登場です。

連休中日の早朝という厳しい時間ですが、お時間、ご興味のある方はどうぞ(^^ゞ  

尚、岩崎さんの運営されている、携帯サービスはこちら↓

仕事で終電を逃しちゃうことのある方・・・
ついつい飲み過ぎて帰りの遅くなりがちな方・・・
携帯に登録しておいても損はないですよ!無料です!

タクトモを見てみる

 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
仕掛けるタイミング、リスク管理・資金管理術、ロジックの単純化が学べます!
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
フィスコ来週の展望は上値が重いらしいです。きっと爆上げだな。
2009/10/10(土) 19:50:59 | URL | 保険屋 #-[ 編集]
円高懸念=業績下押しは誤謬の加速?
円高(ドル円)によって企業業績は本当に大きく下ぶれするのでしょうか?

円高による為替差損と数量増による利益率改善効果をシミュレーションしてみます。

  海外売上比率が高い加工組立製造業で3月期決算企業をモデルとします
  シミュレーションはマンガチックに多少のデフォルメを加えてあります
  為替はドル円に限定し、データはすべて日銀統計を使用します
  
    3-9月実勢レート(スポット、月中平均) 95.44
    9月日銀短観想定レート
          通年   94.50
          上期   94.98   
          下期   94.08

#シミュレーション結果のレジュメ
為替差損シミュレーション
    上期   0.484%の為替差益(95.44-94.98=+0.46円)
    下期   A. 下期実勢レートが90円とすると ▲4.337%の為替差損
            (90-94.08=▲4.08円)
          B. 下期実勢レートが88円とすると ▲6.463%の為替差損
                  
                 ↓  上期と下期を合計します 
    
    通期   A. ▲3.853%の為替差損
          B. ▲5.979%の為替差損

                 ↓  ドル決済の売上比率を30%と35%で全体影響を計算します
                    (キヤノン、ソニー、トヨタを想定しています、やや高めか?)

              ドル決済比率30%  ドル決済比率35%
          A.   ▲1.1559%     ▲1.34855%
          B.   ▲1.7937%     ▲2.09265%
     
  *まとめると、下期ドル円レートが90円~88円で推移すると、売上&利益への影響は*

              最大で2.093%   最小で1.156%

数量増=利益率改善シミュレーション

    数量増%   利益率改善効果
      5      + 1.49%
      8      + 2.26%
     10      + 2.78%
     20      + 5.17%

2つのシミュレーションの合算

    最小為替差損(1.156%の場合)・・・数量増が5-6%でクリアー可能
    最大為替差損(2.093%の場合)・・・数量増が7-8%でクリアー可能

   
 *ここまでをまとめると、ドル円=円高(88-90円)の克服は数量増+5-8%達成で可能となる
  但し、ドル円で80円台前半または円全面高になると、企業業績は大きく下ぶれする*


補足説明=数量増効果のシミュレーション
計算式はどの%でも同じですので、数量増+10%を例示します。
1.加工組立業の原価構成と売上単価を:

     変動費(材料費等)           80(%)
     固定費(人件費、機械工数等)    20
     全部原価                100

     連結売上単価             150

2.10台の予算に対し+10%の11台の結果に生産・販売ともに増量したとすると:

           数量     総原価    総売上高    売上総利益率
     予算   10      1000     1500       50%
     結果   11     *1080     1650      52.78%
     差異   +1     + 80     +150      +2.78%

*総原価の追加説明=何故+10%(=+1台)で1000→1100にならないか?
1.上記原価構成のうち変動費は比例的に増加します(←部品等のコストダウンが無いとする)
2.一方、固定費(人件費、機械工数等)は {稼働率が100%超になっていない場合に限り}
変化しませんので、こんな感じになります:

              予算    結果
     変動費     80     88(=80×1.1)
     固定費     20     20
     全部原価   100    108(→110までは増加しない)

   厳密には時間外で増産すれば人件費や光熱費が増加しますし、
   設備増強をすれば実質的な機械工数が増えますので、固定費も若干増加します。
   冒頭書いた通り、この投稿はマンガチックにしていますので省略します。 

   以上は教科書に書いてあることを当てはめただけですので、実際の企業活動はもっと複雑
   なんだと思います。

最後に私見ですが、数量増の見込める企業、事業(電子部品関連等)については、増産も
あるのかと思います。
何せ、今期の本予算の編成は最悪期に行われていますので。
     
   


   


2009/10/12(月) 12:32:56 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
保険屋 様♪

また、武者氏の強気リポートが・・・
フィスコの弱気と相殺されてもみ合いでしょうか^^;
2009/10/12(月) 22:25:51 | URL | to 保険屋 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
足元
チャチャ 様♪

上期と下期=過去と未来。
下期は未来だが、株価の先行性を考えると、既に下期は相当分織り込み済み。
現在の株価は、(ざっくりと)来季の4-6月期の業績を表しているのかなと。

>数量増=利益率改善シミュレーション

そうなんですよね。景気回復、二番底なしシナリオだと、この数量増でカバーできるのですが、市場では、この数量増に過度の期待がのっかっているような。。。
(外資系(特にモルガン、クレディ)でも、「数量増により円高を相殺し、尚且つ上方修正...」とか多いような...)

>何せ、今期の本予算の編成は最悪期に行われていますので。

全ての企業業績予測にまで目が届きませんが、私の見た感じだと・・・
企業とアナリスト、市場のコンセンサスは、悲観の上期、楽観の下期。
本予算の編成は最悪期に行われていましたが、それでも下期に黒転、劇的改善、V字回復でした。
8月以降の本邦の経済統計からみると、足元の2Q、3Q、少々微妙な気が。

一方、米国は足元上ぶれてますね。
2009/10/12(月) 22:27:58 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/13(火) 10:45:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3291-73e44d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
タクトモ.comの岩崎かおるさんが明日、TBSのがっちりマンデーに登場するそうです。 要チェックですね! いよいよ明日は、がっちりマンデー。...
2009/10/10(土) 18:25:58 | 我が子のために株式投資 「負けない投資」
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2