ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


10月12日の米国株式市場

ダウ平均: 9885.80 △20.86
ナスダック: 2139.14 ▼0.14
為替 NY時間17時: 89.80-89.85

ダウは、一時は年初来高値の9931ドル(前週末比66ドル高)まで上昇したが
午後には利益確定売りに押されて前日比15ドル安となる場面も。

その後、押し目買いが入って、ダウは3日続伸。
昨年10月6日以来、約1年ぶりの高値で終えた。

昨日はS&P500も年初来高値を更新。
欧州市場の英FT100、独DAXも年初来高値を更新し、世界的な株高が続いている。

アルコアの好決算をきっかけに、今週から本格化する
米主要企業の7‐9月期決算発表への期待が高まっているようだ。

また、原油先物相場の上昇を受けてエネルギー株が買われたことも相場を押し上げた。
原油相場が一時8月下旬以来の高値を付け、業績期待からシェブロンなど
石油株が買われた。家電メーカーのブラック・アンド・デッカーが7-9月期の
1株利益見通しの引き上げを発表。アナリストによるAMDやグーグルなどの
投資判断や目標株価の引き上げが相次いだことも、企業の業績期待を強めた。

業種別S&P500種株価指数では、「エネルギー」や「金融」など8種が上昇。
半面、「通信サービス」と「一般産業」が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億5000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約17億5000万株。
コロンバス・デーの祝日で休暇を取る市場参加者が多く、売買高が少なかった。

個別では、ブラック・アンド・デッカーは7%の急伸。AMDは4%上昇。
同業のインテルも1%上げた。グーグルは1.5%高。前週末に買われたIBMは1%高。
バンカメが3%上昇し、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。
一方、ボーイングやユナイテッド・テクノロジーズの下げが目立った。
シスコシステムズは買いが先行し一時過去1年(52週)の高値を付けたが
次第に利益確定売りに押された。ヒューレット・パッカードも安い。

 

日本株式市場

裁定買い残から見るに、かなり需給は改善されたようだが・・・
信用需給では、未だに投げられた感はない。

ネックラインの10080-10140↑は、ある程度シコっていると見るのが無難。

基準線、10080円。25日線10130円処。
直近高値10530~直近安値9630の半値戻し10080円。
6月限のメジャーSQ値10147.65円。窓(10150円-10230円)。

シコっていると言っても、これまでの閑散相場を考えれば、大したガサではないが・・・
現在も閑散なのだ。それなりの手掛かり、買いの主体がなければ、上抜けそうもない。

米国の7-9月期決算には期待できそうだが・・・
本邦の決算は、経済統計から察するに、やや怪しげだ。

米国の7-9月期決算には期待できそうだが・・・
これまでの上昇、ポジティブサプライズとなったアルコアのその後の株価推移を見ると
出尽くしとなるかは別として、ある程度は織り込まれている可能性も。

ネックラインの10080-10140↑を上抜けられなければ
テクニカルリバウンド終了とみなされてもオカシクはない処でもある。

弱気にも強気にもならずに見たい処に来た気がする。

09:15
住友ベークライト、¥474にて利益確定売り。

09:32
シマノ、3620にて打診買い。

寄り付き前の大口注文:
売りが3350万株、買いが4560万株、差し引き1210万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2630万株、買い2200万株、差し引き430万株の売り越し。
売り越しは4営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:11

大方の想定通りとはいえ、重い。
本日のインテルの決算も上ぶれるのだろうが、国内の2Q決算への警戒もあるのか。

10:22
日米共に、決算発表後は良くも悪くも、巻き戻されるような気がしてならない。
リターン・リバーサル的な動きのような感じで。
3か月サイクルから見ても、ファンド・マネジャーが組入れ銘柄の入替えはするのかなと。
だとすると、その一環として、NT倍率もそろそろ修正されてもいい頃合い?

10:23
日経225先物mini、¥10065にてショート。

10:51
米株高値更新とは言っても、目に見えて商いを減少させながらの上値追い。
この辺りにも警戒感があるのか。。。

11:02
寂しさ漂う秋相場。。。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02254.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
相場を行うタイミング、相場を続けるための資金管理術、ロジックの単純化が学べます
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
米株高更新vsNYSE52週高値銘柄数
10月12日のNYSE52週高値銘柄数は薄商いながら519銘柄になりました。

1.04年10月の初押し局面(03年3月の2番底@7524-04年2月@10737-04年10月
@9749)以降では3番目の高値銘柄数になります。

2.400を超える高値銘柄数を最後に記録したのが07年4月25日、その後約2年5ヶ月の
空白期間を経て、先月9月16日に436を記録しました。

04年10月以降で高値銘柄数400超の頻度を整理しておきます:

04年    11営業日  12.2/524銘柄
05年     6営業日
06年     3営業日  12.5/547
07年     4営業日  4.25/400  ダウピーク10月@14164
08年     なし
09年     3営業日  9.16/436  10.8/496  10.12/519 

短期は別にして、中(長?)期の時間軸で、この久しぶりの52週高値銘柄数の400超3連発
が安定上昇局面の入り口なのか、過熱局面の終わりなのか、注目しています。                    
2009/10/13(火) 11:49:04 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
ナイスタイミングのデータに多謝○| ̄|_
チャチャ 様♪

米株の高値更新銘柄や、騰落レシオ気になっていたんですよ。
ただ漠然とNYの騰落レシオ見ていましたが、ナイスタイミングで纏めていただきありがとうございます!
というか、いつも纏めてもらっちゃって、申し訳ない○| ̄|_

>10月12日のNYSE52週高値銘柄数は薄商いながら519銘柄になりました。

米国の場合、ETFとアルゴ取引の指数インパクトがバカでかい所為か、行くところまで行ってしまう習性あるようで^^;
2009/10/13(火) 23:40:31 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3295-5e9132b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2