ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


11月24日の米国株式市場

ダウ平均: 10433.71 ▼17.24
ナスダック: 2169.18 ▼6.83
為替 NY時間17時: 88.47-88.49

朝方発表された7‐9月期のGDP改定値は前期比年率で+2.8%。

10月末に発表した速報値(+3.5%)から0.7p下方修正されたが、市場予測とほぼ同じ。
市場の反応は限定的だったが、前日に大幅高・年初来高値更新していたことから
とりあえずの利益確定売りが先行し、一時前日比91ドル安まで下げる場面も。

米連邦預金保険公社(FDIC)が四半期報告で経営に問題がある機関が
6月末より増えたと発表し、一部金融機関の財務懸念を誘った。

四半期決算が予想を上回ったヒューレット・パッカードに
利益確定売りが出たことも相場の重荷となった。

しかし、その後は、徐々に下値を切り上げ、引け1時間ほど前には
前日比3ドルまで浮上。結局17ドル安でダウ平均は終えた。

3-4日開催分のFOMC議事要旨で、FRBが来年の実質GDP成長率見通しを
上方修正したことが、買い戻しのきっかけになったとの声もあった。

尚、コンファレンス・ボードが発表した11月の米消費者信頼感指数は49.5。
前月の48.7(改定値)から0.8ポイント上昇し、市場予想(47.7程度)を上回った。
先行きの景況感を示す期待指数も68.5と、前月の67.0から1.5ポイント上昇。

9月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は、主要10都市平均で前月比0.4%の上昇。
前年同月比ではマイナスだが、これで5カ月連続の上昇。
9月は8.5%の下落と21カ月ぶりに下落率が1ケタとなった。

7‐9月期のFHFA住宅価格指数も前期比0.2%の上昇。
前期比プラスとなるのは2007年4‐6月期以来、9四半期ぶり。

総じて、発表された経済指標は良好だったが・・・
景気認識や見通しを変える内容ではないとして、材料視されなかった模様。

業種別S&P500種株価指数では全10種のうち、「金融」や「IT」など5種が下落。
「通信サービス」や「ヘルスケア」などが上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億5000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約18億株。

個別では、JPモルガン・チェースは2%弱下落し、ダウ平均構成銘柄で下落率首位。
地銀のザイオンズ・バンコーポレーションは5%超下げた。HPは1.6%安。
決算と併せて利益見通しの引き下げを発表した米書店チェーン大手バーンズ・アンド・
ノーブルが5%の大幅安。
一方、前日夕に発表した四半期決算や業績見通しが予想を上回った半導体大手アナログ
デバイセズは6%の大幅高。決算が大幅増益の衣料大手となったアメリカン・イーグル・
アウトフィッターズは3%高。

 

日本株式市場

拡大傾向にあるボリバン-2σに沿った調整が続いており
下げ達成感も感じられず、下落トレンドは更に継続する余地あり。

移動平均は全てマイナス乖離であり、13週線・26週線のDC発生。
下目線の声が大きくなるのも已む無しの状況。
トレンドフォロワーなら、ショートが基本に間違いなし。

3月からの大相場が終わるかもしれない38.2%押しの9300円レベル到達。
注目の、というか意識せざるを得ない200日線にもほぼ到達。

かといって、今さら下目線を強めるのもどうかという株価位置まで来ている。

短期的には売り過熱感すらあるところ。

ファンダメンタルズがもっともらしい売り材料になっているが
8月31日の高値から既に三か月も上値を追えていない状況。

チャート形状・テクニカル通りの下げで、特に驚きもない。
(8月末まではブロードニング・フォーメーション。8月末日からは
ディセンディング・トライアングル・パターン。10月からは下降ウェッジ)

3月からの大相場が終わるかもしれない38.2%【押し】
3800円近く上昇して、たかが1400円下げただけとも見られる。

短期的には完全に崩れているが・・・
騰落レシオ64.5は、短期的には【突っ込み過ぎ】とも見られる。

十分に警戒すべき位置まで来たことは確かで、迂闊に買えない処だが
ここから調子に乗って今更売るのも難しい処。

ツマラン選択肢だが「見極め」が最も無難な処か(-_-メ)

寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが6360万株、買いが4330万株、差し引き2030万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2200万株、買い1220万株、差し引き980万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースは売り買い均衡。

 
*** 追記 ***
10:08

久しぶりに買いに1000枚板がズラリ。
買おうという気概は見えないが、9300レベルを守ろうという意識は見られる。

ここを割ればプチパニックなのかもしれんけど・・・
この位置から、この時間帯で腰を入れた売りも想定し難く、短期にとどまりそうな気が。

10:31
短期ではこの位置からは売り難く、中期は不透明で、長期では買い難い。
見極めたいというよりも、見極めるしかないってところですな。

11:02
見方も手法も人それぞれではあるが、売るならば、普通に考えれば・・・

ここから売るよりも、ここからのリバを叩くか、下抜け確認してから
戻りを叩いた方が効率がいい気がするのだが。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02393.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

大口ファンドが実際に使っている売買手法 Direction225!
相場を行うタイミング、相場を続けるための資金管理術、ロジックの単純化が学べます
1年間メール相談、電話サポート、セミナー参加券、全部込み込み19800円!

コメント
この記事へのコメント
教科書の35ページ
10:30
先輩、おはようございます。
普通の相場なら、200日で一旦は反発なのがじん君の教科書のP35に書いてあるとおり≧(´▽`)≦
ズルズルといくと、早期ターゲットは9050円、じん君教科書のP52参照(/ω\)

一旦はとまりそうですね。
2009/11/25(水) 10:38:40 | URL | じん君 #a2H6GHBU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 11:19:24 | | #[ 編集]
日本人
H 様♪

そしてドイツ人。
勤勉家が多いイメージはありますね^^

確かに、新しいお客様...新規...新規建て待ち、そんな感じですね。
辛抱も特異な日本人。待ちましょうw
2009/11/25(水) 20:36:35 | URL | to H 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3410-5ca1dfb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2