ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


今世紀最も成功したバンドといえば、コールドプレイだろう。

2000年のデビュー・アルバム『パラシューツ』は全世界で約950万枚の売り上げ。
2ndアルバム『静寂の世界』は約1400万枚
3rdアルバム『X&Y』は約1000万枚のセールスを記録した。
デビューから3作で計3300万枚以上のアルバムを売り上げている。

2003年にはグラミー賞「最優秀レコード賞」を受賞。

そして4thアルバム『美しき生命』が2008年6月にリリースされ、これまたバカ売れ。

普通なら(?)、天狗になるか、ドラッグに走るものだが・・・

クリス・マーティン (ボーカル)がBBCのインタビューで
「コールドプレイがこれほどの成功を収めた理由は?」
「このサクセスストリーは、どこまで続くと思うか?」と問われ

「成功の理由はシンプルだ。U2が休んでいるから♪」
「どこまで続くか?来年U2が活動を再開するまでだw」と答えていた。

少しはにかみながら、でも、自信があるように答えた顔が印象的だった。
(↑私の記憶によるもので、一言一句正確ではないかも○| ̄|_)

己に自信があるからこそのジョークだとは思うが・・・
マーケットからの信認があるからこその余裕だとは思うが・・・
ジョークの根っこに謙虚さが見えることは好感できる。

神と呼ばれ、自信があり過ぎて、独善的になり、評論家以外理解できないような
アルバムを作り、出し、マーケットから消えていくアーティストは多いが・・・

アルバム一発当てただけで、神と呼ばれ、勘違いし
マーケットから消えていくアーティストは多いが・・・

コールドプレイの音と、クリス・マーティンの言葉を聞いていると
息の長い活躍が期待されるバンドに思える。U2が活動再開しても
彼らなら、なんの問題もなく、ファンの期待に応えてくれるだろう。

相場に全く関係ないような話を書いたが・・・

ビッグプレイヤー(U2、コールドプレイ)同士の相関。
マーケットの中の限られたパイを奪いあうこと。
相場のビッグプレイヤー間、市場間の相対的強弱。

自信があり過ぎて、独善的になり、マーケットから消えていく者
謙虚に、マーケットと対話し、生き残る者の違い。

ミュージックシーンも相場も、鼻息が荒いものは短命のジンクス。

相場に起こりがちな事象、相場に必要な思考のヒントが
このコールドプレイの活躍と、クリス・マーティンの言葉にあるような気がする。
 

懐かし(いにしえ)の洋楽に興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす、日経225先物パターントレード!
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
相場は相場に聞け
バブル前の10000頃からCBをはじめてから紆余曲折がありました。今はOP専業ですが常に心がけています。相場観も大事ですが相場感がもっと大切であると、独善的独悪的なこうなるああなる予想を頭から排除して相場を感じたいものです。
2009/12/08(火) 07:23:33 | URL | ロマネ #-[ 編集]
ですねぇ。。。
ロマネ 様♪

相場は相場に聞け、私もそれを意識しています。
でも、相場に聞いてみたら、答えてくれなかったり・・・
聞き違えたり、空耳だったり・・・
相場に聞くことの難しさも日々実感しています(^^ゞ
2009/12/08(火) 15:20:45 | URL | to ロマネ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3444-fca72ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2