ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


特筆すべきものが、なにもないと思えるほどの超薄商いの本日の相場だが・・・

この超薄商いに、値動きの意義を見いだせるとも思えないが・・・

ここまで特筆すべきものが何もないことは、逆に特筆すべきかと(^^ゞ

以下、記録的な超薄商いに関し。

日経225先物の日中値幅は30円。本年最低!
現物指数の値幅は32.02円。
1985年4月12日(32.04円)以来、24年ぶりの狭さ(゜o゜)

日経225先物(Large)の値幅が30円と言うことは・・・
成り行きで日計りすれば、100%負けるということ。
指値でも、殆ど約定しなかった(精々1回転)ということ。

売買高は然るべくして、本年最低の25086枚。

そして、TOPIX先物の売買高が日経225先物を上回るという珍事\(゜ロ\)(/ロ゜)/

因みに、225先物の売買高は、昨年のクリスマスに17665枚を記録...
ということは、まだ細るという可能性はあるとも見られる。

現物の売買高を見てみると・・・

東証1部の売買高は15億6011万株、売買代金は9835億円。
半場の1月5日大発会を除けば、売買高は今年4番目の低水準。
売買代金は今年最低。

見る価値のない相場とも言える。

しかし、クリスマスシーズン~大納会は、為替相場が予想外に変動することも少なくない。

薄商い故に、株式相場も、動きだしたら「まさか」「やはり」の展開もあり得る。

見る価値がなさそうな相場だが・・・
見ないわけにもいかないというのが、目先・短期筋の常識。

【しょうがない】

この一言で、今週の相場は締めくくられそうな気がする。
そんな本日の相場だった。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3484-952e90d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2