ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


1月8日の米国株式市場

ダウ平均: 10618.19 △11.33
ナスダック: 2317.17 △17.12

ダウ平均は小幅に3日続伸。2008年10月1日以来、1年3カ月ぶりの高値を連日で更新。
ナスダックは営業日ぶりに反発。08年9月3日以来1年4カ月ぶりの高値を更新。
S&P500種株価指数は3.29ポイント高の1144.98と、08年10月1日以来の高値で終了。

12月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数は前月比8万5000人減と
減少幅が市場予想より大きかった。米雇用情勢の厳しさが改めて意識された。

一方、11月の改定値が前月比4000人増に上方修正されたことで
米雇用の回復基調に変化はないとの声も聞かれ、ダウの下げ幅は限られた。

米労働市場の持続的な改善が一服したことで、米国の超低金利政策が
長期化するとの見方が一段と強まり、買いを誘ったとの指摘もあった。

米雇用統計発表で売りが先行したが、翌週から本格的に始まる米主要企業の
四半期決算発表を前に企業業績への期待が強まり、引けにかけて買いが優勢になった。

業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「一般産業」や「素材」など5業種が上げ
「金融」や「消費安定」が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億9000万株(速報値)
ナスダック市場は約20億8000万株(同)。

個別では、商品先物相場の上昇で素材株が買われ、非鉄大手アルコアが2%高と
ダウ平均の構成銘柄で上昇率首位。同社は週明け11日に主要企業の先陣を切って
四半期決算を発表する。
ゼネラル・エレクトリックは前日から引き続き買われた。
アナリストが目標株価を引き上げた鉄鋼大手USスチールが7%高。
09年10~12月期の1株利益見通しを引き上げた貨物大手UPSが上昇した。
一方、アナリストが投資判断を引き下げたコカ・コーラが売られた。
シティのアナリストが、10年以降に米銀行の収益力が低下するとのリポートを
発表したことを受け、バンカメやJPモルガン・チェースが下落した。
アナリストの投資判断引き下げが伝わった航空機大手ボーイングも下げた。

 
雇用統計発表後の市場の反応

米国の年内利上げはない、出来ない。

おそらく大方がそう思っているであろうにも拘わらず・・・
債先や為替相場はそう動いてはいない。

雇用統計の悪化で、ようやく利上げ観測が後退したが
それでも「やや」後退したに過ぎない。

悪化した雇用統計発表後のFF金利を見てみると・・・

米FF金利先物が8日朝、12月の米雇用統計が予想よりも弱かったことを受け
上昇に転じた。12月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が予想外に減少。

米FRBが実質的なゼロ金利政策を長期間にわたり維持するとの見方を裏付ける
結果となった。FF金利先物 FFN0 7月限は0.025ティック上昇の99.6950。
雇用統計発表直前は99.6500で推移していた。これはFRBが2010年半ばまでに
利上げする確率を22%織り込んでいることを示す。(雇用統計発表前は40%)

雇用統計悪化を受けて、「2010年半ばまでの」利上げ確率が
40%から22%に低下って...ありえねぇだろ。ゼロ%だよ(-_-;)

こんなだからドルキャリートレードが巻き戻されてドル高になってたんでしょうな。

OIS先物を見ても、今年の6月に利上げで、0.5%ってことになっていた。

バーナンキがあれだけ否定していたのに。。。なんなんでしょ(-_-;)

 
1月11日の米国株式市場

ダウ平均: 10663.99 △45.80
ナスダック: 2312.41 ▼4.76
為替 NY時間17時: 92.07-92.09

引け後に非鉄大手アルコアが主要企業の先陣を切って
10-12月期決算を発表する予定で、前年同期に大幅に落ち込んだ反動もあって
収益の改善期待が強く主要銘柄を中心に買いが優勢になった。

中国の09年12月の輸出額が増えたことを受け
キャタピラーなどが買われたこともダウ平均の支えになった。

アナリストの投資判断引き上げなど
個別に買い材料の出た銘柄を物色する動きも指数を支えた。

一方、ナスダックは4.76ポイント安の2312.41で終えた。

業種別S&P500種指数では「一般産業」「公益」など6業種が上昇。
「IT(情報技術)」「素材」などが下げた。

売買高はニューヨーク証券取引所が約9億7000万株(速報値)
ナスダック市場が約20億2000万株(同)。

個別では、アナリストの投資判断引き上げが相次いだ光ファイバー・高性能ガラス基板
大手コーニングが約3%上昇。アナリストが投資判断を上げた石油大手シェブロンも
買われた。ダウ平均採用銘柄ではキャタピラーが6%超上げ、上昇率首位となった。
決算発表を控えたアルコアが買われ、ユナイテッド・テクノロジーも高い。
一方、アナリストが投資判断を引き下げた日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル
が下げた。ニューヨーク州のクオモ司法長官が大手金融機関に09年度の報酬などに
関する情報の提供を要請したと伝わった。ゴールドマン・サックスやバンク・オブ・
ニューヨーク・メロン、ステート・ストリートが2%前後下げ、モルガン・スタンレー
ウェルズ・ファーゴ、JPモルガン・チェースも小安い。バンカメとシティは上昇。

尚、取引終了後に決算を発表したアルコアは
アナリスト予想を大幅に下回り、時間外で下落している。
 

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1730万株、買い2960万株、差し引き1230万株の大幅買い越し。
買い越しは11営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:59

1月8日のFリテの大引け。目先最後の打ち上げ花火だったのか。本日大幅安。
まぁ、NT修正としては好感できる。

10:17
日経平均のSQ値 10798.75よりも、TOPIXのSQ値 938.92に注目か。
中長期チャート的にも重要な処だし。

10:44
オカシイと思って逆張りで売れば、踏まされそうだし・・・
当然と思ってここから順張りで買えば、高値掴みになりそう・・・
そんな時間と位置(-_-;)

11:02
雇用統計を受け、為替、債先は動いたが、株はさほど動かず。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02535.JPG
  

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3529-686d6a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2