ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


1月25日の米国株式市場

ダウ平均: 10196.86 △23.88
ナスダック: 2210.80 △5.51
為替 NY時間17時: 90.27-90.29

ダウ平均は前週末までの3日続落で552ドル(5.15%)も下落しただけに
自律反発狙いの買いも入り、ダウ平均は一時、前週末比83ドル高まで上昇した。

1月末で任期が終了するバーナンキ議長の再任について、金融危機を防げなかった
バーナンキへの批判などから前週末には議会での承認が難航するとの懸念があったが

前日に上院共和党のマコネル院内総務が「再任は超党派の支持を得られる」と
発言したことなどを受け再任に対する懸念が後退し、買いにつながったようだ。
(ただ、引き続き再任に対する不透明感も意識されているという。)

しかし、昨年12月の米中古住宅販売件数は545万戸(年率換算)と
前月比で16.7%減少。前月比でのマイナスは4カ月ぶりで
市場予想平均(590万戸)を下回ったことが反発の足を引っ張った。

業種別S&P500種株価指数は「通信サービス」「素材」など9業種が上昇。
一方、「ヘルスケア」のみが小幅に下落した。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約20億7000万株(同)。

個別では、朝方発表の09年10~12月期決算が市場予想を上回った鉄鋼大手
AKスチールが大幅高。インテルが2%高とダウ平均の構成銘柄で上昇率首位。
投資週刊紙バロンズがインテル株は今後数年間で25%程度上昇する可能性を指摘した。
会員制量販店部門で大幅な人員削減を実施すると伝わったウォルマートが小幅安。
油田サービス大手ハリバートンが小安い。

 

日本株式市場

上昇トレンド継続中、調整中の日経平均は置いておいて・・・
気になる米株式市場を見てみる。

先週末の3日間を振り返ると・・・
S&P500の3日間の下げ幅は過去10か月で最大。

ダウ平均は、7月半ば以降、調整幅は終始4%以下だったが
先週末の3日間での下げ幅は5.15%とこれを大きく上回った。

これは「あの」2009年3月末(2日で5.1%下落)以来の出来事。
ダウ平均は09年6月半ばに7.4%下落したこともあったが
その時は約1ヶ月かけての下落だった。

短期的な下げがオーバーシュートというオチであれば問題はないが・・・

ダウ平均の3日で552ドル(5.15%)下落、23ドルの反発というのは
もっと戻してもいいとも見られるが・・・
「変化」なのかもしれないと、念のため見ておいた方がいいのかも。

米中古住宅販売件数があれだけ下ブレたワリには
前日終値ではビッタリ下げ渋りった印象はあるが・・・

昨日のダウの日中高値は10256。
前日(22日)の大陰線の仲値に一度も届かず
75日線(10279)にも一度も触れず。弱い印象が残った。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1510万株、買い1780万株、差し引き270万株の買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:09

裁定買いがかなり高い水準になってきている。
巻き戻されたら、それなりに値幅出ちゃいそうなのだが、全く気にされる様子もなく。
いけるところまでいく、積めるだけ積むってことか...

10:35
昨日の後場高値を10円切り上げ、安値を10円切り上げ。続きって感じ。

10:44
本日に限らんが、売りが極端に細い状況が続いている。
利食い売りという言葉は死語なのか。上昇トレンドにあるうちは利食わんのがガイ人か。

11:02
米株離れ、日本株最強がコンセンサスのためか
米株の動きはあまり気にされていないような前引け。
昨日の反動出るかと思ったのだが(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02589.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/26(火) 11:09:15 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます!
M 様♪

そういえば、丁度2年前の今頃も、ノックインでノックアウトの相場でしたね^^;
今回は完全に見逃していました。
ご教授ありがとうございます!
2010/01/26(火) 23:59:40 | URL | to M 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3567-78d47e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2