ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


2月12日の米国株式市場

ダウ平均: 10099.14 ▼45.05
ナスダック: 2183.53 △6.12
為替 NY時間17時: 89.92-89.94

中国人民銀行が1月12日に続き2カ月連続で預金準備率の引き上げを発表。

景気回復の勢いが鈍るとの懸念から、原油先物相場など
商品相場が下げエネルギー株を中心に売りが優勢になった。

2月のミシガン大学消費者信頼感指数や昨年10‐12月期のユーロ圏のGDP伸び率が
市場予想を下回ったことも嫌気され、朝方のダウは前日比160ドル安の場面もあった。

しかし、1月の米小売売上高が前月比0.5%増と、市場予想平均(0.3%増)を
上回って2カ月ぶりにプラスとなり、安値圏では好業績のハイテク株に
値ごろ感からの押し目買いが入り、相場全体を下支えした。

業種別S&P500種指数では「一般産業」や「公益」「エネルギー」など9業種が下落。
上昇は「IT(情報技術)」のみ。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約13億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億6000万株(同)。

個別では、商品先物相場の下落を受けて非鉄大手アルコアが2%超下落し、ダウ採用
銘柄で下落率首位。アナリストが投資判断を引き下げたと伝わった化学大手スリーエム
も1%超下げた。ボーイングやユナイテッド・テクノロジーズへの売りも目立った。
一方、前日夕に11年をめどに携帯・家庭用機器分野と業務用機器・サービス分野の
2社に会社を分割すると発表した通信機器大手モトローラが7%の急伸。前日に建設
機械の価格を引き上げる計画を発表したキャタピラーは朝安後、小幅高で終えた。
インテルが2%近く上げ、ダウ採用銘柄で上昇率首位。保険大手トラベラーズも上昇。

 

日本株式市場

8:50まで、SGXはやや弱含んで推移していたが・・・

8:50に発表された10-12月の実質GDP(1次速報)は、前期比1.1%。
事前予想平均の+0.9%を上回った。

これを受けて、日経平均は、先週幻として残し
抜くに抜けずに終わった2月限SQ値(10099.59円)を回復。

しかし、その後は9:16の10120を高値に、40円の小さい値幅で小動き。

なんともスッキリしない、動かない相場となっている。

既に市場の関心は、ギリシャではなく
中国の預金準備率引き上げといった感じだが・・・

その中国は、先週末に預金準備率を引き上げを発表して一週間の(正月)休場入り。
市場にネガティブインパクトを残して、逃げやがった。
流石中国。ムカツクが、羨ましい見事なタイミング、見事な政策(-_-メ)

一方、ギリシャ関連は、ギリシャ支援策は具体策待ち。
(15-16日にユーロ圏、EU財務相会合で決定)

これを待つのか、見切り発車になるのかワカランが・・・
仮に見切り発車になるとしても、ポルトガル・スペイン問題は続く。
懸念は燻ぶるのだろう。

今週もスッキリしない一週間となりそうだ。

無理せず見て、手掛け(見送って)いきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1470万株、買い1230万株、差し引き240万株の売り越し。
売り越しは4営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:01

マーケットスケジュール的には17日意識、変化日としては22日意識。そんな感じか。

10:18
そういえば、燻ぶり続けていたドバイネタも再燃してますな。
ドバイCDS、昨年11月27日以来の最高水準に上昇(-_-メ)

10:29
手掛け難いというよりも、手掛ける気にならない、そんな一日。

11:02
二日酔いの体にも優しい、そんな静かな前場が終了(-_-)zzz

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02649.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在13位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3616-b40bc8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2