ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


イソップ物語: 猫に鈴をつける

昔々、世界中のねずみが集まって、猫の攻撃から身を守る
最善の方法を巡って会議を行いました。いくつかの提案に議論が
戦わされたあと、地位と経験のあるねずみが立ち上がりました。

「君達が賛同して実現してくれれば、今後必ずや我々を守ってくれる
妙案を思いついた。我々の敵である猫の首に鈴をつけるんだ。
奴らが近づけば、その鈴の音で危険がわかるという寸法だ!」

この提案は、皆から大いに賛同され、採用が決定されました。
その時、古参のねずみが立ち上がって言いました。

「わしは君の意見に賛成だし、この提案はとてもすばらしいと思う。
しかしちょっと訊くが、誰が猫の首に鈴を付けるんだ?」

--------------------------------------------------------
ダイヤリックス株式会社中部支社「現代イソップ物語」より引用

 

【猫に鈴をつける】
出来もしないことを言う
自分がしたくないことを、人に提案する

 

このようなことは、競馬(ジョッキー)でも起こり得ます。

逃げ馬の勝負の命運を分けるのは、道中、どれだけ他馬に邪魔されずに
惑わされずに、気持ちよく自分のペースで逃げられるかです。

道中気持ちよく走れた逃げ馬は、4角を回って直線で足を残すことが出来
ゴールまで逃げ切り、優勝の栄誉を勝ち取る確率が上がります。

一方、先行、差し、追い込みの脚質の馬は
逃げ馬を気持ちよく走らせては、自身が勝てる確立が低下します。

だから、逃げ馬が気持ちよく逃げているとき
後続のジョッキーは「誰か鈴をつけにいけ!」と吠えるのです。
(「逃げ馬に競りかけろ!気持ちよく逃げさせるな!」の意。)

しかし、そう吠えるジョッキーは、大抵の場合、鈴をつけにいきません。
自身の馬に余計な足を使わせることになるからです。
 

相場においても似たような状況はよく見られます。

典型的なのは、本日のような相場でしょう。

どうみてもガイ人系の買い戻し。
誰もその買い戻しに、指値はしてもニューショートをぶつけてこない。

しかも、週初から売りが極端に細かった。
そして、本日の前場の段階でも、売りが細かった
(これは、ある程度の相場経験があれば、感じることが出来ます。)

このような状況では・・・

売り方は、上昇する株価に、更に買い戻しの必要に迫られます。
買い方(ロングホルーダ)は、売りが出ず
株価が上昇しているため、利益確定売りの必要性を感じません。

こんな日は、日計りで売っても大抵報われません。
 

本日の相場は、売り方が誰も「鈴をつけにいかなかった」
若しくは、いけなかった、売り方が不在だったように見えます。

その結果が、この上げ幅、引けピンだった。

そんな見方もできる一日でした。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

すべらない約定力!FX10年の経験と実績 サービス満足度NO.1
日本初の外国為替証拠金取引である【ひまわりFX】もスタートから10年
期間限定で実施している各種キャンペーンもお見逃しなく!

コメント
この記事へのコメント
Heywardさん こんばんは
鷹さんも書かれる時があったのですが、「買い戻し」と何でわかるんだろー?といつも不思議でした。「ある程度の相場経験があれば、感じることが出来ます」←これなんですね。僕は感じれないので上級者さんの解説を読ませて貰うしかないです(笑)相場以外の話も面白いですね~ 毎日読ませて貰っています。応援していますよ(^^;)
2010/02/17(水) 23:39:16 | URL | kou #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/17(水) 23:49:39 | | #[ 編集]
それなんです^^;
kou 様♪

>感じることが出来ます」←これなんですね。

それなんですw 感じるだけで、確かなものではないのです(^^ゞ

これは私に限らず、鷹さんも、情報ベンダーも同じ。
どうみても、おそらく、買い戻し「だろう」というもの。
指数先物のTime&Salesや、個別、セクター等々、複合的に見ていると
なんとなく分かる(分かった様な気になる)ものです^^;
2010/02/18(木) 13:46:43 | URL | to kou 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
12番
T 様♪

アメーバからの各人マイページからのアクセスがこれになります。
http://www.ameba.jp/

なので敢えて名称ふっておりません○| ̄|_
2010/02/18(木) 13:49:44 | URL | to T 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3627-5b58da3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2