ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


2月18日の米国株式市場

ダウ平均: 10392.90 △83.66
ナスダック: 2241.71 △15.42
為替 NY時間17時: 91.76-91.78

ダウの終値は1月20日以来ほぼ1カ月ぶりの高値水準。
ナスダックの5日続伸は、2009年12月18~28日(6日続伸)以来、ほぼ1カ月半ぶり。

昨日フィラデルフィア連銀が発表した製造業景況指数は17.6と
前月(15.2)から2.4ポイント上昇し、6カ月連続でプラス圏となった。
同指数の内訳(個別の指数)の「雇用者数」は、前月比1.3p上昇。
2007年10月以来の高水準となった。

前日夕に市場予想を上回る09年11~10年1月期決算を発表した
HPが買われるなど、市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われた。

一方、朝方に発表した四半期決算で米国事業の既存店売上高が3四半期連続で
前年同期を下回ったウォルマートが売られ、ダウ平均の上昇幅を抑える要因になった。

週間の新規失業保険申請件数が予想以上に増加し、積極的な買いを手控える動きも。

業種別S&P500種指数では、取引終了にかけて原油先物など商品先物相場が
上昇幅を拡大したことから「素材」が上昇率首位。「一般産業」と「IT」が続き
下落は「通信サービス」だけだった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億6000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億9000万株(同)。

個別では、HPが買われ上昇率は1%を超えた。四半期決算で純利益が大幅に増加し
収益見通しが市場予想を上回った半導体大手アナログ・デバイセズは4%上昇した。
EUの欧州委員会と米司法省から、ネット検索・広告事業の提携で
承認を得たと発表したマイクロソフトやヤフーなどが買われた。
四半期決算で最終損益が黒字に転じたグッドイヤータイヤアンドラバーも買われた。
一方、ウォルマートが1%安となり、ダウ採用銘柄で下落率が首位になった。
アナリストが目標株価を引き下げた半導体製造装置大手アプライド・マテリアルズも
売られた。通信大手AT&Tや製薬大手メルクにも売りが優勢だった。

 

日本株式市場

米国市場の取引終了後
FRBが公定歩合を0.25%引き上げて0.75%にすると発表した。

春節前に中国人民銀行から、二カ月連続で預金準備率の引き上げが発表された。
かなり意外感のある発表だったが、市場がこれを冷静に受け止めたことで
FRBも「これならいける」と判断したのかもしれない。

昨日も書いたが、中国の米国債売却の動きを警戒し「財政立て直さんとヤバイ」
「南欧のような騒ぎになる前に...」との思惑もあったのかも。

素直に嫌気されるのか?
政策バブル終了。引き締めか!?との見方は出るのか?

経済の確かな回復を受けての、金融正常化に向けての第一歩
引き締めではなく正常化だ!と好意的に受け止められるのか?

09:25
日経225先物mini、¥10345にてショート。弱め。
切り下がる25日線にTouch。

09:28
伊藤忠、¥723にて薄利利益確定売り。

正常化なのか、引き締めなのか、市場の判断に任せるしかないが・・・
ジャブジャブが止まろうとしていることだけは確か。

多少警戒すべきところか。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1050万株、買い1390万株、差し引き340万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:04

ネガティブサプライズかと思われた、米公定歩合引き上げだが
市場の見方は、冷静(楽観?)のようだ。

米国での最重要の政策金利はFF金利。
今回の公定歩合の引き上げは、FF金利との差を通常時に戻すための技術的なもの。
との見方が優勢のようで、現時点で売り込まれるような動きは見られない。

10:19
これまでのバーナンキの証言や、FOMC議事録で示唆されていたこともあり
この米公定歩合引き上げもサプライズではないとの見方も。

投資家にとってはむしろポジティブ。でも、やっぱり投機家にとってはネガティブ。
見方が分かれるところですな。ヤンキーの判断は、さぁどっちw

10:35
米国財務省は、来週過去最高となる総額1260億ドルの国債入札を実施する。

いろんなことが重なっての、このタイミングでの米公定歩合引き上げなのか。
株価へのネガティブインパクトよりも、国家とのしての信用を優先したんでしょうな。

11:02
米公定歩合引き上げでもたついたようにも見えたが
ただ単にチャートテクニカル、25日線でもたついたようにも見えた前場。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02666.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在11位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
折り込むまでには日柄が必要か
唐突とも言えない公定歩合の引き上げ。米国の要人が金融政策の変更ではないと
発言しても唇寒し。
今にになれば複線があったような、ないような。あったなら昨夜は上昇しないと思うが
それとも折込済なのか。
リーマンショツクから始めての出口戦略、この事は今夜のマーケツトに敏感に反応すると思うが。
週明けは中国マーケツトも開く
Heywaerdさんが日柄からの変化日で掲載していた日、22日
小心者の私は寄り付きで利食い清算
薄利ですが週末思い気分で過ごすのは体によくない。
後場どこまで下がるかを注視しています
2010/02/19(金) 12:01:08 | URL | ボルボ #-[ 編集]
金融政策の変更ではないが・・・
ボルボ 様♪

これまでの非伝統的手法は打ち止め、正常化に向けた足場ならし。
確かに金融政策の変更ではありませんが、仰る通りげ出口戦略へむけての動きではありますね。

まぁ、ポジティブヤンキーのことですから、「わぁぃ!正常化だ♪」と好感することも一応考えておきましょうw
なんっても、ジャブジャブのシャブ中ですから...どう反応するのかワカランのでw
2010/02/21(日) 18:01:39 | URL | to ボルボ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3631-d54e65db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2