ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


以下、一応念のための蒸し返し。森羅万象織り込む相場で、蒸し返しは愚かな行為も...
忘れられているのなら、蒸し返すことに意味があるのかもしれない、ということで○| ̄|_
(私も忘れかけていたので、ここにサラッと纏めてみる。)
 

2月12日に、中国人民銀行は2ヶ月連続で預金準備率の引き上げを発表し
翌日から正月休みに入り、本日、1週間ぶりに上海株式市場は再開した。

この間に、FRBは公定歩合を引き上げるなどのイベントはあったが
手前の預金準備率の引き上げも既に忘れ、先週のダウの上げ幅計293ドルを
好感するように、上海総合指数は波乱なく、落ち着いたスタートとなった。

振り返って(蒸し返して)みる。

2月11日に発表された中国の1月の銀行新規融資融資額は
1兆3900億元\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 金融当局が想定する
1ヵ月当たりの新規融資額の上限9000億元を大幅に上回った。

特に1月は、新規長期融資が1兆1000億元と、単月としては過去最大の伸び。
(景気が力強い回復を見せた2009年の後半でさえ、毎月の
長期融資の増加ペースは4000億元~5000億元程度だった。)

これ以外にも(これも先週ネタだが)中国人民銀行は、2009年第4四半期の
金融政策執行報告で、2009年の金融機関新規融資の9.59兆元の中
約2兆元が不動産貸出に流れ、全体の21.9%を占めたと発表している。

中国の1月の住宅価格は前年比9.5%増。
昨年供給された流動性は、不動産買いへ回った格好だ。

急騰した資産価格を抑制するために、中国人民銀行は2009年末から過剰
流動性を吸収し始め、2月12日には、2ヶ月連続で預金準備率を引き上げ。

中国は、資産価格を見ても、中国人民銀行の対応を見ても
バブルと言っていい状況。

 
そして米国は、18日の引け後に公定歩合引き上げ。
年内の利上げはないにしても、出口戦略へ向けての舵を切ったと言っていい状況。

チャートテクニカルで短期で買える状況ではあるが・・・
確かな景気回復を根拠に長期で買える状況でもあるが・・・

中期で腰を据えて買うには、少々躊躇われるところのような気がする。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

すべらない約定力!FX10年の経験と実績 サービス満足度NO.1
日本初の外国為替証拠金取引である【ひまわりFX】もスタートから10年
期間限定で実施している各種キャンペーンもお見逃しなく!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3639-11f0cecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2