ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


日銀は追加金融緩和策の検討に入り
資金供給手段の拡充等を議論する方向と報じられ・・・

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の円金利3ヵ月物は
0.25063%となり、ドル金利の0.25219%を下回った。
(円金利がドル金利を下回るのは昨年8月24日以来半年ぶり)

日米金利差は再逆転!
円安・ドル高となり、東京株式市場は全面高となった。

昨年12月1日の臨時・金融政策決定会合で導入した新型オペ
(3ヵ月物資金を0.1%の固定金利で10兆円供給)の枠組みの中で
資金供給期間を3ヵ月から6ヵ月に延長する、資金供給規模を
10兆円から更に拡大するといった措置が検討される見通し。

尚、「議論」「検討」「見通し」であり、各紙で観測内容は異なる。

日経新聞では、追加緩和の決定は4月の金融政策決定会合にずれ込む見通しと
読売新聞では、年度末を控えた資金供給の強化から
3月16日~17日の金融政策決定会合で議論すると報じていた。
 

この報に対する各社の見方要約を、参考として、記録として、ここに残す。

 
シティグループ証券

昨年12月に導入された新型オペは、円高ドル安が急速に進行する中
長めの円短期金利の低下を促すことで、日米短期金利差(円-ドル)を縮小
あるいは逆転させ、円高圧力を緩和することに政策の主眼があったが・・・

今回は円ドル相場が比較的安定しているので、政府からの緩和要求に対する
苦肉の回答という面が強いのだろう。追加緩和が決定されたとしても、景気や物価に
働きかける効果は極めて限定的で、政府と日銀がデフレの原因について共通の理解を
形成した上で何か出来るのか、出来ないのかを、きちんと議論すべき時が来ている。

みずほ証券

昨年12月に導入した3ヵ月物の新型オペの残高はすでに10兆円規模に達している。
デフレ脱却に向けた実際の効果はほとんど期待できないと見ているが
日銀は追加緩和の実施のついての「外堀を埋められた」感が漂う。

一方、国債買い切りオペ増額については「副作用」が大きいだけに、政府がよほど
しっかりした財政健全化プランを策定し、債券市場で財政規律についての不安心理や
不信感が払拭されるようなことでもない限り、日銀としては取りにくい選択肢だろう。

野村証券

日銀は昨年12月1日の臨時・金融政策決定会合で新型オペ(3ヵ月物資金を0.1%の
固定金利で10兆円供給)を導入したが、現在残高が9兆6千億円になっている。

日経新聞や読売新聞で、追加の緩和策を検討していると報じられたので
市場の失望を招かないためにも、量の追加に加え、6ヵ月への期間延長を
やらざるをえないのではないか。

ただ、これは残り少ない緩和カードを切ることにもつながるので、円高や株安が
進んでしまった場合、12ヵ月への延長や国債買い切りオペ増額で望む必要が出てくる。

政府から6月に財政再建策が出てくるまでに、政治圧力に抗する意味から
国債の買い切りオペ増額は特に行いづらく、日銀は苦況に立たされるので
その際は財務省が為替介入に踏み切ることも想定される。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在8位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
もう手が出ないかな?
何時もながら、適切な解説ありがとうございます。円安に成ってますし、月曜寄付は10500円以上でしょうが、その後の予想がサッパリ。SQ迄1週間あり、売り方さんがギブアップとも思えず---。ボリューム見て、恐る恐る指値出そうかと。
2010/03/07(日) 15:14:51 | URL | 保険屋 #-[ 編集]
日銀相場第2幕
またGU(怒><)で、2/22=10450の戻り高値を否定されそうです。
短期的には2/9=9860を起点とすれば、2/25=10080を第2波動として、3波動構成の変化日は3/10と3/16でE=11040,V=10820,N=10670となります。

最重要変化日は、3/26日です。2/9より32日の対等数値(11/27--1/15)でこの日は日足雲のネジレもあります。
また黄金比率なら3/31まで考えてもよいかな?

10600以上は1月のシコリがあります。週足遅行スパンは好転、ただし10800に雲上限の抵抗、月足基準線は同じく10800まで下降しています。
10980もあり簡単には上にはいけませんが、中期的には4月中旬まで波動の寿命はあり、12000台の計算値があります。

さてまず明日、61.8%戻し=10552=日足雲突破を終値で達成出来るかが問われます。
日銀相場第2幕ですね。お客(出来高)が多いかがポイントですが、上演内容は変わってないけど・・??
2010/03/07(日) 16:52:06 | URL | 曹操 #FDDq9IZE[ 編集]
主要指数の週間騰落
主要指数、就中、株価指数に変化が見られますので、週間騰落をまとめてみました。

#経済指標 週間星取り表 (結果vs予想の勝敗です、前月比は無視してあります)

   日本    1勝0敗
   米国    4勝4敗
   英国    3勝1敗
   ドイツ    4勝0敗

      米国を除いては良い結果だったようです

#主要指数 週間騰落

          週間騰落率%
日経平均     2.40
ダウ        2.33
ナス        3.94
FT         4.58
DAX        4.98
ハンセン       0.87
上海       ▼0.68
ムンバイ       3.44
ボベスパ      3.52
韓国        2.51
台湾        3.10
豪州        2.63

WTI        2.61
金         2.22
CRB        0.79

米10年債金利 1.77

     株価指数が強い
     特に欧米系(含むムンバイ、ボベスパ、豪州)
     意外感ある上昇は ①英国FT←ギリシアよりひどい財政赤字(対GDP比)なのだが・・・
                 ②米ナス→終値で年初来高値を抜けているが・・・

主要指標の週末終値と年初来高値を比較してみると:
(年初来高値はいずれの指数も1.6-19につけている)

             週末終値と年初来高値の乖離率%
    日経平均      ▼5.58
    ダウ         ▼1.53
    ナス         +0.003  終値でも新高値
    FT          ▼0.018  週末ザラバ高値は新高値
    DAX         ▼3.56
    ハンセン        ▼8.31
    上海         ▼8.34
    ムンバイ        ▼4.47
    ボベスパ       ▼3.13
    韓国         ▼5.14
    台湾         ▼8.40
    豪州         ▼4.23

    WTI          ▼3.51
    金           ▼1.76
    CRB         ▼5.73

       アングロサクソン系が強く、チャイニーズ系が足踏み、でしょうか?
       (ファンダメンタルズだけで株価が決まるのではないが)米株、FTはやや焦げ臭いような・・・

今週もよろしくお願いします。

  
2010/03/07(日) 18:13:15 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
チャート的には著しく懸念後退も
保険屋 様♪

月曜からが...私もさっぱり^^;
分からない時に、ポジで頑張ってもしょうがないので、ポジバランス変えずに様子見るか、一部両方落とすか、そんな感じで考えてます。

>売り方さんがギブアップとも思えず---

頑張って売ってた向きも限定的でしょうし、ギブアップになるようなポジ建てているような向きもいないような^^御指摘の通り、ボリューム注視がよさそうですね。
2010/03/08(月) 01:06:00 | URL | to 保険屋 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
日銀相場第2幕!リサイタル?リサイクル?^^
曹操 様♪

2月22日高値、私も注視していたのですが、あっさり上回りそうですね。
その後は、10400-10450がサポ化するのか注視でしょうか。

即行で割ってダマシとしない限り、ご指摘の価格へ上向きとなりそうですね。

>10600以上は1月のシコリがあります。

シコってそうですが、現物(信用)で高値から6カ月ってのも多く、先物は3月SQで一掃されそうでもあり、さほど重くなさそうな気も。10550レベル上抜ければ、雲抜けでもありますし。

気掛かりなのは、欧米、アジアで三尊ネックライン到達ってのが多いことでしょうか...
2010/03/08(月) 01:14:18 | URL | to 曹操 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
短期上向き、中期も上向きに転じるところ
チャチャ 様♪

経済指標 週間星取り表

米国、まさにイーブン、強弱入り乱れるといった感じですね。
日本、11日発表の10-12月期GDP改定値下方修正ほぼ確定?ですが
どうなるんでしょ。織り込み済みとなるのでしょうか。

主要指数

週間騰落率は好調、週末終値と年初来高値の乖離率はマイナス
上向きですが、形状としては、まだ(これから)三尊懸念も...
そんな指数が見受けられます。テクニカルもやや熱い感じでしょうか。
2010/03/08(月) 01:30:59 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3673-7705b809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2